明日「サワコの朝」で矢野顕子が阿川佐和子と語る

eF

明日9月30日(土)放送のMBS・TBS系「サワコの朝」に、矢野顕子がゲスト出演する。矢野顕子「サワコの朝」は阿川佐和子が各界の著名人と対談する番組で、ゲストが自身のキャリアや「記憶の中で今もきらめく曲」について語るのが特徴。矢野が同世代でもある阿川とどんな話をするのか楽しみにしておこう。

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

赤ちゃんの敵は子犬!?ムロツヨシもお気に入り「ボス・ベイビー」会議シーン

「ボス・ベイビー」日本語吹替版の新たな本編映像がYouTubeで公開された。「ボス・ベイビー」すべての写真を見る(全15枚)
本作は、見た目は赤ん坊だが知能は大人の“ボス・ベイビー”と、彼の兄となった少年・ティムが主人公のコメディ。日本語吹替版では、ボス・ベイビーにムロツヨシ、ティムに芳根京子が声を当てた。

映像にはボス・ベイビーが近所の赤ん坊を集め作戦会議を開くシーンを収録。子犬によって赤ちゃ…

【最新画像】ローラの美ボディがシコリティたけええええええええええええええええ

【画像】スピードスケート高木美帆の完全上位互換が見つかる!

【驚愕】キムタク母、工藤静香について衝撃告白!!!!

no image

童貞少年になりきって大江健三郎を読む――犬山紙子「むらむら読書」

1981年生まれの私が思春期の頃に読んでいた小説は、現代小説がメインだったこともあり性描写が普通にあることが結構多く、別段ありがたみを感じるわけではありませんでした。特に男性作家の描く性描写は痛そうで、読み飛ばしていた記憶があります。

©犬山紙子

 1966年生まれの男性編集者Wさんは、思春期に読んでいた芥川龍之介や夏目漱石などに性描写があることは少なかったそうで。そんな中、高校一年生の時「こ…