「されど罪人は竜と踊る」10月5日放送開始!ガユス&ギギナのキービジュアル2種完成

eF

浅井ラボ氏による人気小説シリーズをテレビアニメ化する「されど罪人は竜と踊る」が、10月5日から放送されることが決定した。さらに、主人公ガユスとギギナが配されたキービジュアル2種類と、原作者・浅井氏とイラスト担当のざいん氏による手描きコメントが披露された。  本作は、森羅万象を自在に操る「咒式(じゅしき)」と呼ばれる物理学を応用した技術が普及した世界を舞台に、賞金稼ぎを生業にする咒式士のコンビ、ガユ

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

志村けん、誕生日パーティの裏事情ーー女性タレントが「泣く泣く参加してる」ワケ

恒例となっている、志村けんの誕生日パーティが、今年も各メディアで取り上げられている。志村がブログにアップした写真には、珍しくすっぴんのマツコ・デラックスが写っており、ネット上で驚きの声が飛び交ったほか、2月22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)には、毎年本命が座るとされる志村の“隣の席”に、「今年は(多岐川)華子が座っていたのではないか」とする記事も掲載された。志村の“スペオキ”は、優香にはじまり、…

星組紅ゆずるにインド映画の監督「連れて帰りたい」

宝塚初のマサラ・ミュージカルに主演した星組トップ紅ゆずる(右)と相手娘役の綺咲愛里(撮影・村上久美子) 宝塚歌劇団の星組トップスター、紅(くれない)ゆずるが21日、大阪・梅田芸術劇場で、主演公演「オーム・シャンティ・オーム~恋する輪廻~」の公開通し稽古を行い、客席から見守った原作インド映画のファラー・カーン監督から「インドに連れて帰りたい」と絶賛された。
 同公演は宝塚初のマサラ・ミュージカルとし

【画像】このNHK女子アナ、トンガリお●ぱいですげええええええええええええええ

長寿漫画 浮浪雲が連載終了か

怒髪天、恒例の新春公演決定!対バンは人間椅子!!

怒髪天が東京・新木場Studio Coast公演にて10月9日に、恒例の新春公演『トーキョー・ブラッサム』を2012年以来5年ぶりに開催することを発表した。

怒髪天 写真提供:㈱テイチクエンタテインメント (okmusic)
怒髪天が東京・新木場Studio Coast公演にて10月9日に、恒例の新春公演『トーキョー・ブラッサム』を2012年以来5年ぶりに開催することを発表…