星野源が自分史上「最も好きになれない役」とは? ドラマ『プラージュ』第1話を観た

eF

星野源がWOWOW連続ドラマW初主演を務める『プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~』の第1話が先日オンエアされた。このドラマの中で星野は、覚せい剤に手を出し「前科者」になってしまうという衝撃的な役柄を演じている。2013年の映画『地獄でなぜ悪い』では、ヤクザの映画製作に巻き込まれる「通りすがりの普通の青年」役を演じているが、今作でも限りなく「今時の青年」らしい役柄でありながら、たまたまアウト

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

西武5月は「青の三連星(ブルースリー)」ポスター

西武の5月の日程ポスター 西武は15日、5月の日程ポスターを発表した。外崎修汰、源田壮亮、金子侑司の3選手が、“超高速トリオ”の「青の三連星(ブルースリー)」として登場する。 4月18日より、メットライフドーム、西武鉄道各駅、西武グループ各施設や所沢市内の商店街などに計約3500枚を順次、掲出しする。 外崎は「話題の日程ポスターに登場できてすごく光栄です。『青の三連星(ブルースリー)』ってかっこい…

岡田准一、ホラー初挑戦「脚本を読むのが怖い」

V6の岡田准一(37)が来年公開の映画「来る」に主演し、ホラーに初挑戦する。2015年の日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智氏の「ぼぎわんが、来る」が原作。大ヒット映画「告白」などを手掛けた中島哲也監督がメガホンをとる。子どもを授かったばかりの夫婦の周囲で不可解な出来事が次々に起き、その夫に頼まれてえたいの知れない脅威に立ち向かうフリーライターを演じる。中島監督とは初タッグ。「中島監督のホラーとい…

「シグナル」主演の坂口健太郎に心配される病のシグナル

塩顔イケメン俳優としておなじみの坂口健太郎が4月11日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。坂口は4月10日にスタートした連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系)で連ドラ初主演を務めており、番宣を兼ねてのレアなバラエティー番組出演となった。ちなみにドラマは初回平均視聴率9.7%を記録。今後が期待される勢いを見せている。 番組では、坂口の大好物をベスト10形式で発表。…

古川雄大、研音に所属「日々精進していきたい」

ミュージカル界の次世代エース、古川雄大(ゆうた、30)が1日から唐沢寿明(54)、竹野内豊(47)らを擁する芸能事務所、研音に所属することが同日、分かった。
 古川は2007年に「テニスの王子様」で初舞台を踏み、12年「エリザベート」で初めて帝劇の舞台に。その後、「ロミオ&ジュリエット」や「黒執事」など近年大作で主演を務めるミュージカル界の期待の星だ。
 5月26日からは事務所の先輩、山崎育三郎(…

井上苑子が10代ラストアルバムリリース、特典DVDに「いのうえ夏祭り」収録

井上苑子が12月6日にニューアルバム「JUKE BOX」をリリースする。井上苑子井上にとって約1年9カ月ぶりのリリースとなるフルアルバムには、シングル曲「ナツコイ」「エール」「どんなときも。」「メッセージ」「なみだ」など全13曲を収録。「JUKE BOX」(”19″ボックス)というタイトルには、12月11日に20歳の誕生日を迎える彼女にとって10代ラストアルバムという意味が込められている。今作は受