『十二人の死にたい子どもたち』、興収12億突破! 死にたい理由が鍵に

eF

映画『十二人の死にたい子どもたち』(公開中)が、興行収入12億円を超えたことが14日、明らかになった。 同作は、冲方丁による密室ゲーム・サスペンスを実写化。廃病院を舞台に、「死に方、タイミングが12人全員一致すること」という集団安楽死をするために集結した12人の未成年たちの前に、ルール違反の13人目の死体が現れ、ミッション達成が崩壊し出す。剥き出しになる12人の死にたい理由と、犯人捜しの追及が同

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

小倉優子 長男の乳歯抜け、涙「複雑な思い」

小倉優子

 タレントの小倉優子が7日、ブログを更新し、長男(6)の乳歯が抜け、涙が出たことを明かした。 小倉は「先週、長男の乳歯が一本抜けました」と報告。「乳歯が抜けた時、成長が嬉しい気持ちと大人になっていくのが少し寂しい気持ちと複雑な思いで涙が出ました」と母の思いを明かした。 そして「子育ては、今が一番楽しい時期とよく先輩ママさんから教えていただきます この可愛い時期を大切に過ごします」とかみ…

「キングコング:髑髏島の巨神」ソフト収録の特典映像がYouTubeで公開中

「キングコング:髑髏島の巨神」のソフトが本日7月19日にリリースされた。現在、YouTubeにて特典映像の一部が公開中だ。「キングコング:髑髏島の巨神」すべての写真を見る(全7枚)
「GODZILLA ゴジラ」のレジェンダリー・ピクチャーズが製作した本作は、巨大モンスター・キングコングが住む髑髏島を舞台としたアクションアドベンチャー。レジェンダリー・ピクチャーズによる怪獣映画3部作の企画「モンスタ

no image

【お宝画像】加藤綾子アナの母がいくらなんでも美人すぎるwwwwwwwwwwww

「仮面ライダーアマゾンズ」が読み切り漫画に!監修はもちろん小林靖子!

2016年から「Amazonプライム・ビデオ」初の日本オリジナル作品として配信を開始した、「仮面ライダーアマゾンズ」。本作の外伝として、読み切りマンガが「モーニング」(講談社)に掲載されることが発表となった。

■『仮面ライダーアマゾンズ』についての記事を読む
仮面ライダーシリーズ“元祖”異色作とされる1974年『仮面ライダーアマゾン』を基に、平成仮面ライダーシリーズを…

「嬉しすぎて泣きそう…」『テラフォーマーズ』約1年ぶりの連載再開にファン歓喜!

『テラフォーマーズ』20巻(著:貴家悠、画:橘賢一/集英社)
 2018年4月26日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』21・22合併号で、休載中だった人気作『テラフォーマーズ』が連載を再開した。待ちに待った再開に、ファンからは「おかえりなさい!」「待ってましたぁ! 嬉しすぎる!」と反響が相次いでいる。
 原作者・貴家悠の病気療養のため、『ヤングジャンプ』2017年15号から休載していた同作。…