SS

【名スレ】旅に出たら人生が180度変わった

eF

1: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:41:56 ID:6ut
人生って小さな事が積み重なって変わって行く。

嘘のような話ですが、先月大きな節目を迎えた記念に。

書き溜めてありますので淡々と投下して行きます。
2: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:42:58 ID:6ut
2002年夏

自分は三年連続となる自転車の旅の準備をしていた。今回の目的地は無く、期間も1週間から20日くらいと言う大雑把な感じ。テーマは

【風の吹くまま気の向くまま】

今日は昼過ぎ迄寝ていた。出発の初日からグダグダだが、前期試験が直後なので少し位だらけていても良いだろうと早速適当だった。
3: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:44:00 ID:6ut
曇天模様、しかし雨の降らなさそうな自転車旅行には最高の条件。荷物を載せ、柔軟体操をしてから自転車に跨り、ペダルを漕ぎ始める。

普段走り慣れている道は不安もワクワクも特になかったが、良いペースで新札幌駅を通過した。

その時パンクした自転車と、その横にガードレールに背中を預けたまま下を向いて地べたに座っているチャリダーを発見。
4: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:45:19 ID:6ut
ロン毛、金のような茶髪。極力関わりたくないギャル系。とはいえ自転車屋が近くに無いので声をかけてみた。

「パンクですか?」

ビクッΣ(゜o゜;)

あ、外国人だった。

引用元

5: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:46:59 ID:6ut
(´・ω・`)△?÷◯□あうったー□+※

ロシア人か?どこか怪我したのか?全くわからなかった。

( ;ω;)!ヘルプ!

英語は話せるみたいだ。

「Are you OK?」
( ;∀;)おけー

「I fix your cycle、please wait a little.」
( ;∀;)きーとす


なんだかよくわからないが、多分お礼かOKって意味だろう。多分。
6: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:48:14 ID:6ut
自転車を近くのコンビニ前に移動する。タイヤを外し、チューブを取り出し、空気を入れてボトルの水をかけながら穴をチェックして行く。あった。ヤスリをかけ、パンク修理ゴムを貼り、叩いて…

作業中に気になったので聞いてみた。

「where are you from?」

(*´∀`*)すおみ!

「すおみ?」

(*´∀`*)!ふぃんらんど!
7: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:49:27 ID:6ut
話を聞いてみると千歳空港から来たらしく、この近くでパンクしてしまい、あちこち自転車屋を探したが結局わからず、疲れて休んでいたところだった。

チューブを戻してタイヤをつけて空気を入れる。ついでに自転車につけた荷物のバランスがバラバラなので付け直してあげる。

(*´∀`*)きーとす!

きーとす、お礼の言葉みたいだ。

(*´?`*)ノもいもーい

彼女はそう言って自転車に嬉しそうに跨り走りだした。

小さなバックを置き忘れたまま。
8: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:50:41 ID:6ut
「Wait !!」

気づいてない…急いで修理道具を自分のバッグに突っ込み、自転車で追い掛ける。結構速い!

しばらく追いかけ、信号で追い付く。

「Wait.」
Σ(・д・ノ)ノビクッ

バッグに気付くと
(〃゜Д゜〃)きーとす!

この娘…なんか不安だ。飲み物も見当たらないし。
9: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:52:20 ID:6ut
近くのコンビニで聞いてみた。

「Where do you want to go?」

(*´∀`*)しれとこ

見事に逆走してる。ダメだ。物凄いダメな娘だ。

「知床 is over there…about 500km」

(´・ω・`)あいやー…

あ、ショック受けてる。アイヤーって…ここは中国じゃないです。
38: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)06:14:30 ID:Aq9
>>9
あいやーでワロタ
10: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:53:21 ID:6ut
どうせ暇つぶしの旅だし、思い切って俺も久々に知床チャレンジしてみるか。

「May I help you ?」
(*´∀`*)いえす!

ノリと勢いでフィンランド人の手伝いをしてみることにした。

地図を広げ、旭川、北見、網走、知床で泊まり、観光。同じルートを戻って来るのが時間的にも良い事を伝える。

(`・ω・´)…←多分わかっていない。絶対わかっていない。
11: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:53:35 ID:lJE
2002年ていつの話やねん
13: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:55:12 ID:6ut
>>11
まぁ昔話です。だいぶ長いですがね
12: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:54:19 ID:6ut
「OK.I’ll support your travel.OK?」

(´・ω・ `)りありー?さんきゅー!

時間も時間だし、今から出発しても微妙な場所に行く距離になりかねない為、一旦我が家に向かう事にする。
14: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:56:21 ID:6ut
道中

「Today, you have to stay my house.」

あ、黙った。そりゃそうだ。怪しいもん。

「Next day,We go to 旭川,about 120km.OK?」

暫く考えたらしく
(`・ω・´)おーけー。

そして我が家にフィンランドから来た旅人が泊まることになった。名前はスオミからとって一応スミーとしておく。

ǂ

-SS

MҁF


関連記事

桜井日奈子さん、顔が変わる・・・・・・

1: 以下、からお送りします 2018/11/03(土) 22:42:16.38 ID:YqdXDfIe0 2: 以下、からお送りします 2018/11/03(土) 22:42:50.70 ID:ZEuL6XWD0 太ったな 3: 以下、からお送りします 2018/11/03(土) 22:42:58.43 ID:eTAsc62N0 年取ったらどういう劣化するか予想付きやすい顔 23: 以下、からお送りします 2018/11/03(土) 22:45:25.44 ID:0A4SeQoJM >>3 森口博子っぽくなりそう 4: 以下、からお送りします 2018/11/03(土) 22:43:19.51 ID:fEalAWEd0 正面じゃないとアカン 引用元 5: 以下、からお送りします 2018/11/03(土) 22:43:31.04 ID:dAQnsQWb0 かわいい 6: 以下、からお送りします 2018/11/03(土) 22:43:32.11 ID:A1h75xTga JR SKISKIのポスター好き 30: 以下、からお送りします 2018/11/03(土) 22:46:38.19 ID:SHPHwabyp >>6 すこ 75: 以下、からお送りします 2018/11/03(土) 22:52:21.67 […]

【衝撃エピソード】新聞の定期購読を営業してくる女、断り続けていたけど、とんでもない最終手段でついに陥落www

1: 美女の凄いサービス内容 女「お願いします!」 男「新聞ですか…」 女「読んでいれば共通の話題がたくさん増えますし」 女「自分の関心がいろんな方向に広げられます!」 男「なるほど…」 女「今なら一ヵ月1000円です!」 男「……それは安いですね」 女「そう思いますよね!」 女「月1000円なのは三ヵ月限定なんです。それからは定価の販売になります!」 男「(1000円なら安いような…)」 男「(でもネットで見て済むような内容だろうし…)」 男「すみません。今回は遠慮しておきます」 女「……」 女「そ、そうですか…」グスッ    男「すみません」 女「いえいえ。お忙しい中ありがとうございました」ペコ バタン 男「(泣いてたな……)」 男「…………」 翌日 ピンポーン 女「すいませーん」 男「!」 女「すいませーん」 男「(……もしかして昨日の人?)」 女「すいませーん!」 男「(断った翌日に来るのかよ…)」    ガチャ 女「こんにちは。新聞一ヵ月の間でもどうですか?サービスしますよ!」 男「……」 男「昨日断りましたよね?」 女「今回は遠慮すると言われましたので!」 男「何を言ってるんですか」 女「そろそろ気持ちが変わったんじゃないかと思いまして」 男「……変わりませんよ」 女「そうとは限りません!」 女「是非この新聞の良さを分かっていただきたいんです!」 男「…………」 男「だから結構です」 バタン 女「……」 翌日 ピンポーン 女「すいませーん!!」 男「……」 男「いやいや…」 男「迷惑すぎるだろ……」 ガチャ 女「おはようございます!」 男「……もう3日連続じゃないですか。いい加減にしてください」 女「新聞取りませんか?他にはない情報がたくさん掲載されていますよ」 […]

俺のパンツが日に日になくなっていく。なんと犯人は同級生の女だった

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/23(金) 22:29:50.22男「何故だ….。何故こんなことをした?」女「……」男「…なんとか言えよ」女「……」男「言え!」女「….」男「答えろ!!」女「….」男「吐けぇぇぇぇぇぇぇぇーーーっ!!!」4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/23(金) 22:47:29.31–遡ること3週…

月々2万も取ろうとする鬼携帯会社がうちの母親に契約した内容がこちら

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/27(金) 09:08:29.128 ID:nv4JRMhN0 毎月20860円なり はー‥‥10時からドコモ行ってくるわ。 2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/27(金) 09:09:17.770 ID:gfq4aFox0 いい息子だな 4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/27(金) 09:09:47.531 ID:r6x0INYl0 どこのソフトバンクショップだよw 3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/27(金) 09:09:21.183 ID:S2//J1xj0 クソワロタ 5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/27(金) 09:10:24.618 ID:rVwYHSIKd どんな契約したらそんなにいくんだ 養分でもそんなにいかないけどな 6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/27(金) 09:10:25.451 ID:f4Skewxe0 限界までオプションつけたらそんななるのかな 7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/27(金) 09:10:28.753 ID:RHExxpM7p どうやったらそんな額になるんだww 引用元 8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/27(金) 09:10:33.187 ID:+Hoc2l1oM オプションすげえつけたのか? 9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/27(金) 09:10:39.947 […]

タラちゃんに殺人予告!?解決するのはあの伝説の探偵事務所

1: 以下、VIPがお送りします 2015/06/10(水) 02:11:57.089 ID:3oXSH8hd0小五郎「おら! そこだ行けえ!」 蘭「もう、お父さん! せっかくの日曜なのに競馬中継なんか見ないでどこか連れてってよ!」 蘭「ねえ、コナン君」 コナン「う、うん」 小五郎「うるせえ! いつ探偵の依頼が来るともわからんだろ!」 小五郎「こうして家でおとなしくしてるのが一番なんだよ!」 小五郎「あーっ! 負けちまったじゃねえかちくしょお!!」 小五郎「くそっ、今月も赤字だ!!」 サザエ「あの、毛利探偵事務所はこちらでしょうか?」ガチャ 小五郎「おっ! 探偵の依頼ですか?」 小五郎「ほら見ろ、仕事だ仕事! 蘭、お茶をお出ししろ!」 コナン(ったく調子いいんだから……) ―――― ――3: 以下、VIPがお送りします 2015/06/10(水) 02:17:21.328 ID:3oXSH8hd0小五郎「それでどのような依頼ですか?」 サザエ「はい、今朝家の壁に落書きされているのを見つけて……」 サザエ「それで落書きの犯人を捜して欲しいんです」 小五郎「落書き? うーん、この名探偵毛利小五郎、色々と忙しいですから落書き事件くらいではねえ……」 小五郎「落書きなんてどうせ近所の悪がきの仕業だと思いますよ。そんなに心配しなくてもいいのでは?」 コナン(おっちゃん、仕事選んでやがるな……) サザエ「た、ただの落書きじゃないんです!」 サザエ「とにかく、この落書きの写真を見てください!」スッ 壁に赤いペンキでこう書かれていた  タラヲ氏ね5: 以下、VIPがお送りします 2015/06/10(水) 02:20:26.386 ID:3oXSH8hd0小五郎「ほう、これは…………意味が解りませんな………怪文ですか?」 コナン(怪文? もしかして暗号か!? 探偵の血が騒ぐぜ!!) コナン「ねー、僕にも見せて……」 小五郎「うるせえ! ガキは引っ込んでろ!」 コナン「ちぇっ……」 サザエ「……」 小五郎「うーん……ここに書かれているタラヲ氏というのは誰かの名前か……」 蘭「あ、これって…………」7: 以下、VIPがお送りします 2015/06/10(水) 02:23:26.109 ID:3oXSH8hd0小五郎「なんだ蘭、お前この文字の意味が分かるのか?」 蘭「分かるってほどじゃないけど、これってネットで使われてる言葉じゃないかしら」 蘭「ほら、オタクをヲタクって書いたり、死ねを氏ねって書いたりするでしょ?」 蘭「これもヲと氏が使われてるからそうじゃないかなって」 小五郎「なるほど、つまりこの文章は『タラオ死ね』ということか」 サザエ「やっぱり、そうですよね……」 コナン(なんだ、暗号じゃなくてただの中傷かよ。期待して損した) 小五郎「じゃあ、あなたはただの落書き事件ではなく、この文章の意味を分かったうえで依頼に来たんですね」 サザエ「はい。もしかしたらと思って……死ねなんて物騒だったもので……」9: 以下、VIPがお送りします […]