SS

人を騙せば騙すだけ儲かるバイトをみつけた。応募してみたら衝撃の事実が。その内容は

eF



1: 名無しさん 2014/04/20(日)23:05:32 ID:aJI58ibLS


高校二年の秋のときの話。

友達のせいでコンビニバイトをクビになって、
金に困ってたんだわ、俺。

そのときに、その『人を騙すと金がもらえるバイト』っていうのを
仲のいい先輩から教えてもらった。




7: 名無しさん 2014/04/20(日)23:08:30 ID:aJI58ibLS


まあ聞いてくれよ、諸君


もともとその先輩からは、高校入ったときからバイトを紹介してもらってたんだ。

あんまり詳しくは書けないけど四時間働いただけで、
一万以上の金くれたりするバイトとか。

一方で八時間働いても四千円しかもらえないバイトとか、
とにかく変なバイトを、ツレと一緒によく紹介してもらってた。

だけど、先輩の紹介するバイト先はいっしょに働く連中が、
コワイ連中ばかりだった。
俺はいつもバイトしながら密かにビビってたわけ。




8: 名無しさん 2014/04/20(日)23:10:37 ID:Od81YRj8k

どんなバイトだよ




11: 名無しさん 2014/04/20(日)23:12:47 ID:aJI58ibLS


>>8
八時間四千円は、ひたすら草抜きだった
四時間で一万円は、ペットボトルにラベルを貼る仕事。
だけどここでは関係ないので忘れてくれ。



だから高校二年になってからは、普通にコンビニでバイトをはじめたんだよ。

で、俺の友達も同じことを思ってたらしくて、
途中から俺の紹介でそのコンビニで一緒に働いた。

まあ最初に書いたとおり、紹介したヤツのせいでクビになったんだけどさ。

で、そのことを先輩に話したら、
「人を騙して金が手に入るバイトがあるらしいんだわ」って、俺に切り出してきた。

今までとちがったのは、先輩自身もそのバイトをうわさでしか知らないってこと。

「すげー興味あるし、ほんとは俺が行きたいんだけど時間がねえからさ」

この先輩は先輩で、バイト人間で放課後はほとんどバイトに費やしていた。





13: 名無しさん 2014/04/20(日)23:15:32 ID:aJI58ibLS


俺は部活もしてなくて暇だったし、先輩は珍しくしつこかった。
いちおうケータイでネット検索すると、店の名前だけは出てきた。

詳細についてはなんも載ってなかったけどな。

興味ある方は電話してくださいとだけ書いてあったから、休み時間に電話してみた。

電話をしたら、学校帰りでもいいから是非来てくれって、
優しいおっさんの声が答えてくれた。

もちろん完全に信じてたわけじゃない。
正直半分は冷やかしのつもりだったし。
まあ話のネタにでもなればいいか、ぐらいにしか思ってなかった。

高校時代の俺、頭の中が空っぽすぎる。




15: 名無しさん 2014/04/20(日)23:17:58 ID:aJI58ibLS


で、放課後にケータイホームページに書かれたビルに行った。
郵便局の隣にある小さなビル。

玄関に入ると、「電話をくれた子?」って、
背の低いおっさんが俺をむかえてくれた。

声の感じで、そのおっさんが電話の対応した人だっていうのはわかった。

すぐに三階の事務所に連れてかれて、面接がはじまった。

ただ当たり前の話なんだけど、急な話しすぎて履歴書も、
なんにも持ってなかったんだよな。




17: 名無しさん 2014/04/20(日)23:20:15 ID:aJI58ibLS


そのことを伝えると、

「大丈夫だよ、ちょっとしゃべって簡単なテストして、
合格だったらそのときに履歴書とか書いてもらうから」

おっさんはそう答えた。
でも、そう言ったくせにおっさんは全然話そうとしないわけ。




18: 名無しさん 2014/04/20(日)23:21:22 ID:aJI58ibLS


沈黙が気まずくて、俺から口を開いた。

「ここのバイトって人をだましたらお金がもらえるって聞いたんですけど」

俺がそう言うと、おっさんはいきなり、
「いいですね、キミ」って俺を人差し指でさした。

「は?」

「まずここで話せなかったら、帰ってもらってたよ」




23: 名無しさん 2014/04/20(日)23:25:08 ID:aJI58ibLS


おっさんは俺から口を開かなかったら、
この時点で本気で帰ってもらうつもりだったらしい。

それから、おっさんはバイトについて話しはじめた。


「このバイトはね、難しいことはなにもないんだよ」

「人をだます仕事って聞くと、ついつい構えちゃうでしょ?」

「だますって言うより、ウソをつくって考えたほうがいいなあ」

「誰でもいいから、その人にたいしてウソをつく」

「キミはそれだけで、お金がもらえる」

「いやあ、いいバイトだねえ! こんなのなかなかないよ!」




29: 名無しさん 2014/04/20(日)23:29:40 ID:aJI58ibLS


おっさんがニコやかに話せば話すほど、俺の表情はけわしくなってたね。

「ボク、頭悪いんで……ちょっと今の説明だとよくわかんないです」

おっさんは目を丸くした。
ちょっと西田敏行に似てるなって思った。

「むずかしく考えなくていいんだよ。僕が言ったとおりのことをする。
それだけで、キミはお金をもらえるんだよ」

「あー、じゃあたとえば。
ボクが実はゲイだとか、そういうテキトーなウソをつくだけでいいってことですか?」

「まあ、ようはそういうことだね」


なんだそれ。そう思った。も
ちろん口には出さなかったけど。




32: 名無しさん 2014/04/20(日)23:33:46 ID:aJI58ibLS


ただ、さすがにこの説明じゃあ、おっさんも足りないと思ったんだろうな。
そのあと、詳しい説明をつけたした。
おっさんの言ったことをまとめると、こんな感じになる。

・人をだますと金がもらえる。
・ただし、きちんと相手をだまさなければならない。
・だましの質によって、もらえる額が変動する。

そのほかの情報。

・ケータイ登録が必須で、バイト代はこの会社のサイトで常に確認できる。
・基本的にこのバイトは十代しかやらせてもらえない。
・やめても、再度、お誘いのメールが来る場合がある。




34: 名無しさん 2014/04/20(日)23:39:05 ID:aJI58ibLS


説明をくわえられても、いまいちピンと来なかったけど面倒だから、
それ以上俺はなにも聞かなかった。

おっさんは一通りの説明を終えると言った。


「じゃあ、最期に簡単なテストをしましょう」

「なにやるんですか?」

「簡単です。これから僕が呼ぶ女性社員と、二十分間話して。
そしてその会話の中で、彼女をだます……いえ、彼女にうそをついてください」

おっさんが「入って」と言うと、スーツを着た女が入ってきた。

やぼったいメガネをかけた地味な人だった。




36: 名無しさん 2014/04/20(日)23:42:02 ID:aJI58ibLS


その地味な社員さんと俺だけの会話がはじまった。

「どこの高校に通ってるんですか?」

俺は人と話すのは、きらいじゃなかった。いや、むしろ好きなほうだ。

さらにいうと、俺は年上の女の人に惹かれるんだよ。

さっそく調子にのってウソをついた。
自分の通ってる高校とは、ちがう学校の名前を言った。




41: 名無しさん 2014/04/20(日)23:46:50 ID:aJI58ibLS


よくよく考えると、俺の高校は私立で制服もブレザーだったから、
ここらへんに住んでる人だったら、一発でわかるウソだった。

言ったあとで「しまったな」と思ったけど、結果から言えば、
俺がつけたウソはこれだけ。

なにせ、このお姉さん。
めちゃくちゃおしゃべりだった。

俺にしゃべる隙を与えないんだよ。





44: 名無しさん 2014/04/20(日)23:50:59 ID:aJI58ibLS


このお姉さん、ほぼ二十分間俺に向かって、
俺の通っている高校のことについてしゃべりたおした。

「いやあ、あたしが通ってたときはまだ女子高だったんだよねえ」

気づいたら、俺ってば一言しか話していない。
このままではマズイ。

「ちょっと待ってください。ボクも話したいんですけど」

俺は、無理やり会話に割りこんだわけだ。
でも俺が会話にわりこむと、お姉さんったら露骨に悲しそうな顔するんだ。
申し訳なくなって、俺はまた黙ってしまった。

あっという間に、おしゃべりタイムは終わった。




46: 名無しさん 2014/04/20(日)23:56:54 ID:aJI58ibLS


話が終わると、地味なお姉さんはお辞儀をして満足そうに部屋から出ていった。

「あー、落ちたな」って俺は目の前の机にうなだれた。

でも結論から言うと、俺は合格してしまった。


「え? オッケーなんですか?」

「うん、よかったよ。なかなか素質あるね、キミ」


優しそうなおっさんという最初の印象は、すっかり胡散臭いものになってた。
ていうかあのお姉さんとのやりとりで、なにがわかったんだよ。


ǂ

-SS

MҁF


関連記事

娘が怪しいえろ本を隠し持っていた。母「娘が良からぬことを考えている」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 23:01:54.05 ID:mxhqe8de0母「娘がぁ、娘が怖いぃ!」ガタガタ 娘「誤解だから!誤解だから!」 母「娘に犯されるぅ!」ブルブル 娘「やめて!」5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 23:05:11.48 ID:mxhqe8de0娘「ご、誤解なんだよ!」 母「そうなの……?」 娘「うん」 母「じゃああの本、あなたのじゃないの?」 娘「いや、それはまぁ、私のなんだけど……」 母「犯されるぅ! 娘に犯されるぅ!」ガタガタ 娘「ち、違うのぉ!」6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 23:08:00.30 ID:HmeM20qE0なんだこれwwwwwww9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 23:10:15.38 ID:mxhqe8de0母「あの、あなたも年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体はお母さん全然否定しません」ビクビク 娘「……うん」 母「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル 娘「……あの、お母さん」 母「な、何!?」ビクゥッ 娘「な、なんで距離とってるの?」 母「怖いもん!犯されるもん!ガタガタ 娘「やめて!」12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 23:16:36.93 ID:mxhqe8de0母「超マニアックな方法で犯されるもん!」 娘「しないよそんなの!」 母「普段夫婦で使ってるベッドに寝かされて 『いつも父さんとしてるのを思い出すでしょう……?』とか言われながら犯されるもん!」 娘「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 23:18:22.66 ID:sqdbzJQK0ワロタwww14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 23:19:52.27 ID:mxhqe8de0母「なんか母子相姦特有のマニアックな言葉責めとかするつもりでしょ!」 娘「しないよ!やめて!」 母「『母さんの胎内(ナカ)にかえるからね!』とか言いながら犯すつもりでしょう!」 娘「抜粋やめて!音読やめて!」 母「娘がマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」 15: […]

【涙腺崩壊】22年後のクレヨンしんちゃん。涙出すぎて…

1: ◆YAe/qNQv0cvW 2014/08/14(木)21:38:05 ――ひまわりは眠い目を擦り、ゆっくりと上体を起こした。「まだ眠いよ……」「文句言わない。ほら、仕事に遅れるぞ?」「うぅ……分かったよ……」不満そうにふてくされ、着替えはじめる。彼女は去年から会社勤めを始めている。と言っても、朝は弱いし夜更かしも止めない。ちゃんと教育してきたつもりなんだけどな。がさつで大雑把……ひまわりは、間違いなく母ちゃんの娘だな。「――お兄ちゃん!行ってきます!」「こらひまわり!ちゃんと父ちゃん達に挨拶したのか!?」「えええ!?時間ないよ!」「時間がないのはお前のせいだろ!ほら!さっさと挨拶する!」「……分かったよもう!お兄ちゃんは変なとこだけ真面目なんだから!」ひまわりはスーツ姿のまま、仏壇の前に手を合わせる。「――お父さん!お母さん!遅刻しそうだけど行ってきます!」そう叫ぶやいなや、ひまわりは忙しく玄関を飛び出していった。「……ほんと、騒々しい奴だな……」窓から走っていくひまわりを見送った後、今度はオラが仏壇の前に座る。「……父ちゃん、母ちゃん。ひまわりは今日も元気です。――行ってきます」窓の外から、家の中に暖かい日射しが射し込んでいた。 2: 名無しさん@おーぷん 2014/08/14(木)21:38:36 ID:qlONYsMrb 期待 3: 名無しさん@おーぷん 2014/08/14(木)21:39:40 ID:3HpzmpTHH なんか始まってるぅぅぅぅぅ 5: 名無しさん@おーぷん 2014/08/14(木)21:40:33 ID:f9tMesHuo なんでクレしんSSはこうも重いのだ… 8: 名無しさん@おーぷん 2014/08/14(木)21:42:30 ID:fj143bPmb ハンカチ用意してきた 10: 名無しさん@おーぷん 2014/08/14(木)21:43:19 ID:fe5TVMiNb ワロタ(´;ω;`) 11: 名無しさん@おーぷん 2014/08/14(木)21:44:45 ID:9RyNsdr8q 期待 12: ◆YAe/qNQv0cvW 2014/08/14(木)22:00:22 「――野原くん、この企画の件だが……」「はい。これはですね……」会社の中で、オラと係長は、次の企画について話をしていた。この会社に勤めてもう9年……仕事にもすっかり慣れた。高校卒業と同時に入社したこの会社は、会社の規模は小さいが給料がいい。おまけに上司も温かみのある人が多く、色々とオラを助けてくれている。「――あ、もうこんな時間!帰らないと……」「ああ野原くん!この後、一杯どうかね!」「あ……すみません係長、これから家でご飯を作らないといけないので……」「少しくらいいいじゃないか」「はあ……でも、妹がお腹を空かせて帰りますし……」「……そうか。キミは、妹さんと二人暮らしだったな……分かった。早く帰ってあげなさい」「本当にすみません。それでは……」足早に会社を出て、そのまま家に向かう。その帰りにスーパーに寄り、食材を購入する。ひまわりは料理が苦手だ。たまに教えるんだが、母ちゃんに似たのか、飽きっぽくてすぐに止めてしまう。ホント、似なくていいところばかり似るもんだ…… 13: ◆YAe/qNQv0cvW 2014/08/14(木)22:05:02 「――ただいまー!」大きな声を出して、ひまわりが帰って来た。そしてスーツのまま、台所へ駈け込んで来た。「お兄ちゃんお腹空いた!今日のごはん何!?」「クリームシチュー。好きだろ?」「うん!大好き!」ひまわりは目を輝かせながら、鍋の中を覗きこむ。そして大きく匂いを嗅ぎ、満足そうに息を吐いた。「こらこら。先に手を洗ってきな。ごはんは、その後だ」「ええ!?いいじゃんべつに……」「だ~め!」「ぶー……」渋々、手を洗いに行った。これも何度目の光景だろうか。行動が全く進歩しない妹に、少しばかり不安を感じる。これじゃ、嫁の貰い手もないだろうな。 14: 名無しさん@おーぷん 2014/08/14(木)22:05:42 ID:2IOY3vKsJ ほうほう 15: ◆YAe/qNQv0cvW 2014/08/14(木)22:12:36 「いっただっきま~す!」「いただきます」今のテーブルを二人で囲み、晩御飯を食べ始める。普段着に着替えたひまわりは、一心不乱にシチューを食べていた。「――うん!さすがお兄ちゃん!すっごくおいしい!」「ありがと。……それより、会社はどうだ?」「会社?……う~ん、あんまり面白くないかも……」「そりゃそうだ。会社ってのは、面白くもないところだ。面白くないことをするから、お金を貰ってる。基本だぞ?」「そうなんだけどね……なんていうか、つまんないの。会社の業績はまあまあなんだけど、先輩に面倒なオバハンがいてね。やたらと、目の敵にしてくるんだぁ……」「ああ、いるいる、そういうの。……まさかとは思うけど、気にしてんのか?」「私が気にすると思う?」「いや全然」ひまわりは神経が図太いからなぁ……これも、母ちゃんによく似ている。「ただ、面倒なんだよね、そういうの。嫉妬するのは分かるんだけど、それなら私以上に実績積めばいいだけだし。それをしないで、ただ因縁だけ付けてくるってのが気に入らないんだ」「……そうか……お前も、大変だな」「うん。まあね」あっけらかんと、ひまわりは答える。まったく大変そうには見えないが…… 16: 名無しさん@おーぷん 2014/08/14(木)22:14:30 ID:aEJYZi6CT […]

女の子を助けてあげたら、突然目の前で服を脱ぎ始めたので、話を聞いてあげると、衝撃の事実が発覚

1: ひどい暴行を受けて雨の中放心状態になってる女の子 大学の帰り道 時間は22:30 男「うわ~・・・ゲリラ豪雨ってやつだな・・・」 土砂降りの雨の中コンビニで買ったビニール傘をさしながら帰路についていた ブロロロロロ・・・ バシャッ!! 車が水たまりの水を俺に引っ掛けて去って行く 男「ちっ・・・!まぁ、この天候じゃしょうがないか・・・」 すれ違う通行人もみんな早足でお互い無関心だ その中で水を盛大にかぶった俺だけ堂々と雨の中を歩いていた 男「もう雨なんざ関係ないな・・・」 ザー・・・ 前から自分と同じように傘もささずに歩いている猛者がいた 男「やるなぁ・・・まだ小さい女の子なのに」 とぼとぼと今にも転びそうな足取りで雨の中を歩いている ドンッ バシャッ すれ違ったサラリーマンに肩がぶつかって女の子が倒れた サラリーマン「・・・・・」 サラリーマンは何事も無かったように歩き去った 男「ひっでぇ・・・」 なんだか同志がやられたような気がして俺は駆け寄った 男「大丈夫か?」 女の子「・・・・・」 ザー・・・・ 何か言ったのか雨音で聞き取れない ただ・・・女の子の顔はこの世の全てに絶望したようにやつれていた 8: ◆b5E8Z05uGA :2013/03/25(月) 19:23:33.64 ID:DQofUWco0 男「おい・・・!大丈夫かよ!?」 ザー・・・ 雨音に負けないくらい大きな声で話しかける 男(泣いてる・・・?) 雨水なのか涙なのかわからないが女の子は泣いてる・・・気がした 男「家は・・・!?なんで傘もささないんだよ!?」 傘をさしていないのは自分もだが 女の子「・・・・ない」 男「なんだって!?」 よく聞き取れなかった 女の子「帰るとこ・・・ない・・・」 今度はしっかりそう聞こえた 1: 9: ◆b5E8Z05uGA :2013/03/25(月) 19:30:03.81 ID:DQofUWco0 ・・・・・・ 男のアパート 男「ひどい雨だったな・・・」 […]

●●から抜け出せなくなって一人部屋でももがいてる・・・

1: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:29:50 ID:mrn 助けてクレメンス・・・ 2: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:30:22 ID:CpU 草 3: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:30:42 ID:mrn 2時間くらい格闘してるんやが抜けん 4: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:31:50 ID:Kng おは虫 6: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:32:45 ID:mrn >>4虫は中やろ?ワイは内側にハマってるんや 5: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:32:11 ID:CnK これは死ぬ 引用元 7: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:33:39 ID:J4C 水銀ガスか? 8: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:34:44 ID:mrn わっかになってる蛍光灯があるやろ?それのわっかに体を通して遊んでたら出られなくなったんや 10: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:35:25 ID:ezT >>8草 12: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:35:42 ID:32z >>8今の状況想像して草 13: 以下、からお送りします 2017/02/11(土)19:35:49 ID:CnK […]

安室奈美恵が神格化されてて不気味

1: 以下、からお送りします 2018/09/12(水) 04:20:53.116 ID:mpFVs1MJ0 別に嫌いじゃないけどそこまで心酔できるもんかね 3: 以下、からお送りします 2018/09/12(水) 04:22:39.205 ID:kXOLV0/F0 もうだいぶ前に終わってたよね 18: 以下、からお送りします 2018/09/12(水) 04:46:07.525 ID:I2EYozuG0 >>3 全盛期よりは落ちてるけど浜崎とちがって盛り返して維持したのはまあ評価はできる 21: 以下、からお送りします 2018/09/12(水) 05:08:31.978 ID:kXOLV0/F0 >>18 ブレーンが浜崎のよりちょっとマシだったんだろうな 4: 以下、からお送りします 2018/09/12(水) 04:22:43.756 ID:ThxQg93ka 女に人気のあるものは大体そう 訳わからん大したことないものほど持ち上げる 5: 以下、からお送りします 2018/09/12(水) 04:22:54.700 ID:n/OwIixXa 育児放棄しか知らない 引用元 2: 以下、からお送りします 2018/09/12(水) 04:21:23.077 ID:mNolVeMw0 分かる 6: 以下、からお送りします 2018/09/12(水) 04:23:09.365 ID:XcvsG+i80 何の問題もなし 興味ない奴は興味ない 7: 以下、からお送りします […]