SS

花京院「ああ、暑い夏なんだから>>4してみるつもりだ」

eF

1: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:03:05.47 ID:qVZ9yVXH0
花京院「何度も言わせるなポルナレフ」

ポルナレフ「>>4だぁ?本気で言ってんのかオメー」

花京院「暑い夏にはぴったりだろう」
2: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:03:30.58 ID:ww2A46Ne0
kskst
4: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:04:20.03 ID:RP309ZqO0
たわし祭り
8: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:06:36.92 ID:qVZ9yVXH0
たわし祭りわからないから適当にやる
9: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:09:45.27 ID:ICn+nkAE0
キチガ院?

※関連記事
DIO「蒸し暑い夜だから>>4するぞ、花京院」
承太郎「なんだと?夏だし>>4するというのか、花京院」
7: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:05:03.44 ID:hlTPIjNN0
たわし祭りワロタ

引用元

11: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:12:13.12 ID:qVZ9yVXH0
花京院「さあ、行くぞポルナレフ」

花京院「たわし祭りだ!」ババァーーンッ


『たわし祭りとはッ!』

『一年を通して台所を始めとした水回りで活躍をする「たわし」を崇める祭りのことであるッ!』

『人々は使い古したたわしを持ちよりッ!』

『感謝の気持ちをこめて川に流すのが主な祭りの内容なのだッ!』


花京院「準備はいいな、ポルナレフ」

ポルナレフ「おい待て、おれも行くのか?」

花京院「一人暮らしのきさまはよくたわしにお世話になっているんじゃあないか?行くべきだろう」

ポルナレフ「いやおれは・・・」

花京院「いいから来い。そうだ>>15も呼ぶぞ」
12: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:12:39.64 ID:L0GAvx3F0
DIO
13: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:12:42.05 ID:VwzlwnVL0
アブドゥル
15: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:13:08.16 ID:vzq7qVEoi
エンヤ婆
18: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:15:25.78 ID:gwncgICJ0
ワロタ
19: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:15:41.18 ID:aAal1i6oi
キチガ院の人か期待
20: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:15:43.35 ID:ZDdgykz70
キチガ院キタァァアーーーーーーーーッ!!!
21: 以下、からお送りします 2014/08/13(水) 22:16:57.99 ID:qVZ9yVXH0
花京院「女性も呼ぶぞ」

ポルナレフ「それを先に言えよ花京院ッ!」パァァーッ






たわし祭り会場

ワイワイガヤガヤ

花京院「ほう、結構な人が集まっているな」

ポルナレフ「で?その女の子はどこにいるんだ?」キョロキョロ

花京院「落ち着きのないヤツだな」

花京院「彼女なら先に・・・・・・おや、もう来ているな」

ポルナレフ「なにぃ!?どこにいる!?」

ドドド

ドドドドドド

エンヤ婆「遅かったのう花京院」ババァーーンッ

ポルナレフ「!?!?」

ǂ

-SS

MҁF


関連記事

遭難した女を助けてあげたのにとんでもないことになった

1: 第一印象は最悪、顔立ちは普通くらい、中身は天然 端折って書いたら通じないと言われたので出来るだけまとめてみます。 俺=当時30歳 5年付き合ってた元カノに二股されて以来、極度の女性不信 元のカノに捨てられてから彼女なし 嫁=女 当時21歳 JD 黙ってれば可愛い 嫁父=最強 嫁母=温厚、優しい、タレ目が可愛い 元カノに捨てられてから女性関係なしで趣味の世界に没頭 カメラと登山とロードバイクにハマり1人だけどそれなりに楽しんでいた。 毎年、冬になるとテント持参で撮影に行く場所あるんだが嫁との出会いがそこ 最寄りの駐車場に車とめて徒歩1時間ほどで目的地に到着するのだが途中で挙動不審な女を発見 撮影場所で女性に会うのは珍しくないけど、そのときは冬の北海道の2月しかも夜 嫁はジーパンにダウンジャケットにニット帽でフラフラと歩いてた 夜なのにライトも持たず(外灯とかない場所、せいぜい月明り)この時期に軽装 元々、女と関わりたくないから無視して素通りしようと遠回りでパスすると 「助けてください」と泣きながら声かけてきた お化けとか信じないけどゾッとして「やだよ」と言い足早に撮影地へ向かった 後ろ振り向いたら追いかけてくるんじゃないかと想像してビビリながら到着 テント張って飯くって落ち着いてから撮影開始 雪も降ってなく月も雲もなしで星空撮影には良い条件で撮影してたらこちらに向かってくる足音が聞こえる。 「他に撮影する人きたのかな?」程度に思って撮影続行 暗闇から「助けてくれないんですか?」と聞こえた気がするので声のした方向をみると さっきの挙動不審の女が木の側かららコッチ睨んでた・・ 情けないけど「ひぃー」とか声にならない叫びあげてしまった。 そのあと何を思ったのかカメラで相手の顔確認する動作取ってた。。 そのまま固まってると、「何やってるの?助けてよ」と嫁が怒り気味に言ってきたのでようやく「さっきの女」かと理解 正直、あんな軽装でこの時期に来るなんてバカか?と思ってたので「撮影中なんですよね」とぶっきらぼうに返答 1: ソニックちゃん 265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/11/01(火) 12:19:49.50 嫁「・・・・・」、俺「・・・・・・」 俺、嫁に背をむけて撮影続行、心の中で悪態つく 「せっかく休みとってきたのに面倒くさいなぁとか、さっさと消えろよとか」 嫁動かず、俺は無視、そんな空気に耐えきれず俺テントに逃げ込む 嫁「ちょっと・・・」と消え入りそうな声で抗議するが、俺無視 5分くらい経過して来た道へ戻るように足あとが聞こえてきた。 最初は正直、ホッとしたけど少し後悔というか反省する気持ちもあった。。 冷静に考えると嫁の服装では寒いだろう、手足も冷え切ってるはず 俺が来る前からいたわけだからかれこれ1時間以上は外にいるはず 山ではないけど天候崩れたら低体温症になる可能性も・・ とか考えてとにかく後を追うことにした。 嫁いました。 テントから50Mくらいの木が密集してる場所で体育座り?のような格好でうずくまってた。 俺見つけたときにホッとしたけど同時に面倒くさいとも思ってた。 嫁に声かけるも返事なし、ちょっと近づく、声かける、返事なし。 あれ?これはヤバイのではと嫁の肩を数回かるく叩きながら声をかける 嫁、反応「さむいよぉ~」と鼻水と涙がシャーベット状になった顔をあげて返答 嫁のジーパンすでに凍った状態、ニット帽も同じく、手袋はコーチの革手袋とか舐めんてのかと思った。 1: ソニックちゃん とりあえず暖とるのが先決なので嫁をテント内へ誘導 そこで嫁が「変なことしないでね」と余計な一言を放つ、俺内心ムッと来たけどとにかくテント内にいれる […]

レンタル彼女大学に連れてってマウント取りたいんやが?

1: 以下、からお送りします 2019/01/03(木) 10:52:38.53 ID:e20XgSffF ええんか? 3: 以下、からお送りします 2019/01/03(木) 10:52:54.07 ID:e20XgSffF 周りの連中ビビらせたい 4: 以下、からお送りします 2019/01/03(木) 10:53:14.29 ID:1DldYNMy0 発想に草 引用元 5: 以下、からお送りします 2019/01/03(木) 10:53:23.06 ID:e20XgSffF あいつ陰キャの癖に可愛い彼女おるやん! すげぇ~! 6: 以下、からお送りします 2019/01/03(木) 10:53:23.96 ID:jgMbDv8C0 マジでやるなら実況して 9: 以下、からお送りします 2019/01/03(木) 10:54:21.14 ID:e20XgSffF >>6 特定怖すぎ内 7: 以下、からお送りします 2019/01/03(木) 10:53:59.65 ID:e20XgSffF マウント取り放題やしそんな彼女いるんならって感じで新たな女も寄ってくるわけよ 8: 以下、からお送りします 2019/01/03(木) 10:54:04.93 ID:ZTKIpSqlp ワイもそれ考えたことあるあるわ バンド系のサークル入ってたから、ライブに呼んでビビらそうと思ったけどやめたンゴ 12: 以下、からお送りします 2019/01/03(木) […]

no image

遭難していた女の子を助けてあげたのにこのザマwww

1: 第一印象は最悪、顔立ちは普通くらい、中身は天然 端折って書いたら通じないと言われたので出来るだけまとめてみます。 俺=当時30歳 5年付き合ってた元カノに二股されて以来、極度の女性不信 元のカノに捨てられてから彼女なし 嫁=女 当時21歳 JD 黙ってれば可愛い 嫁父=最強 嫁母=温厚、優しい、タレ目が可愛い 元カノに捨てられてから女性関係なしで趣味の世界に没頭 カメラと登山とロードバイクにハマり1人だけどそれなりに楽しんでいた。 毎年、冬になるとテント持参で撮影に行く場所あるんだが嫁との出会いがそこ 最寄りの駐車場に車とめて徒歩1時間ほどで目的地に到着するのだが途中で挙動不審な女を発見 撮影場所で女性に会うのは珍しくないけど、そのときは冬の北海道の2月しかも夜 嫁はジーパンにダウンジャケットにニット帽でフラフラと歩いてた 夜なのにライトも持たず(外灯とかない場所、せいぜい月明り)この時期に軽装 元々、女と関わりたくないから無視して素通りしようと遠回りでパスすると 「助けてください」と泣きながら声かけてきた お化けとか信じないけどゾッとして「やだよ」と言い足早に撮影地へ向かった 後ろ振り向いたら追いかけてくるんじゃないかと想像してビビリながら到着 テント張って飯くって落ち着いてから撮影開始 雪も降ってなく月も雲もなしで星空撮影には良い条件で撮影してたらこちらに向かってくる足音が聞こえる。 「他に撮影する人きたのかな?」程度に思って撮影続行 暗闇から「助けてくれないんですか?」と聞こえた気がするので声のした方向をみると さっきの挙動不審の女が木の側かららコッチ睨んでた・・ 情けないけど「ひぃー」とか声にならない叫びあげてしまった。 そのあと何を思ったのかカメラで相手の顔確認する動作取ってた。。 そのまま固まってると、「何やってるの?助けてよ」と嫁が怒り気味に言ってきたのでようやく「さっきの女」かと理解 正直、あんな軽装でこの時期に来るなんてバカか?と思ってたので「撮影中なんですよね」とぶっきらぼうに返答 1: ソニックちゃん 265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/11/01(火) 12:19:49.50 嫁「・・・・・」、俺「・・・・・・」 俺、嫁に背をむけて撮影続行、心の中で悪態つく 「せっかく休みとってきたのに面倒くさいなぁとか、さっさと消えろよとか」 嫁動かず、俺は無視、そんな空気に耐えきれず俺テントに逃げ込む 嫁「ちょっと・・・」と消え入りそうな声で抗議するが、俺無視 5分くらい経過して来た道へ戻るように足あとが聞こえてきた。 最初は正直、ホッとしたけど少し後悔というか反省する気持ちもあった。。 冷静に考えると嫁の服装では寒いだろう、手足も冷え切ってるはず 俺が来る前からいたわけだからかれこれ1時間以上は外にいるはず 山ではないけど天候崩れたら低体温症になる可能性も・・ とか考えてとにかく後を追うことにした。 嫁いました。 テントから50Mくらいの木が密集してる場所で体育座り?のような格好でうずくまってた。 俺見つけたときにホッとしたけど同時に面倒くさいとも思ってた。 嫁に声かけるも返事なし、ちょっと近づく、声かける、返事なし。 あれ?これはヤバイのではと嫁の肩を数回かるく叩きながら声をかける 嫁、反応「さむいよぉ~」と鼻水と涙がシャーベット状になった顔をあげて返答 嫁のジーパンすでに凍った状態、ニット帽も同じく、手袋はコーチの革手袋とか舐めんてのかと思った。 1: ソニックちゃん とりあえず暖とるのが先決なので嫁をテント内へ誘導 そこで嫁が「変なことしないでね」と余計な一言を放つ、俺内心ムッと来たけどとにかくテント内にいれる […]

遭難した女を助けてあげたのに、とんでもない目にあった話

1: 第一印象は最悪、顔立ちは普通くらい、中身は天然 端折って書いたら通じないと言われたので出来るだけまとめてみます。 俺=当時30歳 5年付き合ってた元カノに二股されて以来、極度の女性不信 元のカノに捨てられてから彼女なし 嫁=女 当時21歳 JD 黙ってれば可愛い 嫁父=最強 嫁母=温厚、優しい、タレ目が可愛い 元カノに捨てられてから女性関係なしで趣味の世界に没頭 カメラと登山とロードバイクにハマり1人だけどそれなりに楽しんでいた。 毎年、冬になるとテント持参で撮影に行く場所あるんだが嫁との出会いがそこ 最寄りの駐車場に車とめて徒歩1時間ほどで目的地に到着するのだが途中で挙動不審な女を発見 撮影場所で女性に会うのは珍しくないけど、そのときは冬の北海道の2月しかも夜 嫁はジーパンにダウンジャケットにニット帽でフラフラと歩いてた 夜なのにライトも持たず(外灯とかない場所、せいぜい月明り)この時期に軽装 元々、女と関わりたくないから無視して素通りしようと遠回りでパスすると 「助けてください」と泣きながら声かけてきた お化けとか信じないけどゾッとして「やだよ」と言い足早に撮影地へ向かった 後ろ振り向いたら追いかけてくるんじゃないかと想像してビビリながら到着 テント張って飯くって落ち着いてから撮影開始 雪も降ってなく月も雲もなしで星空撮影には良い条件で撮影してたらこちらに向かってくる足音が聞こえる。 「他に撮影する人きたのかな?」程度に思って撮影続行 暗闇から「助けてくれないんですか?」と聞こえた気がするので声のした方向をみると さっきの挙動不審の女が木の側かららコッチ睨んでた・・ 情けないけど「ひぃー」とか声にならない叫びあげてしまった。 そのあと何を思ったのかカメラで相手の顔確認する動作取ってた。。 そのまま固まってると、「何やってるの?助けてよ」と嫁が怒り気味に言ってきたのでようやく「さっきの女」かと理解 正直、あんな軽装でこの時期に来るなんてバカか?と思ってたので「撮影中なんですよね」とぶっきらぼうに返答 1: ソニックちゃん 265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/11/01(火) 12:19:49.50 嫁「・・・・・」、俺「・・・・・・」 俺、嫁に背をむけて撮影続行、心の中で悪態つく 「せっかく休みとってきたのに面倒くさいなぁとか、さっさと消えろよとか」 嫁動かず、俺は無視、そんな空気に耐えきれず俺テントに逃げ込む 嫁「ちょっと・・・」と消え入りそうな声で抗議するが、俺無視 5分くらい経過して来た道へ戻るように足あとが聞こえてきた。 最初は正直、ホッとしたけど少し後悔というか反省する気持ちもあった。。 冷静に考えると嫁の服装では寒いだろう、手足も冷え切ってるはず 俺が来る前からいたわけだからかれこれ1時間以上は外にいるはず 山ではないけど天候崩れたら低体温症になる可能性も・・ とか考えてとにかく後を追うことにした。 嫁いました。 テントから50Mくらいの木が密集してる場所で体育座り?のような格好でうずくまってた。 俺見つけたときにホッとしたけど同時に面倒くさいとも思ってた。 嫁に声かけるも返事なし、ちょっと近づく、声かける、返事なし。 あれ?これはヤバイのではと嫁の肩を数回かるく叩きながら声をかける 嫁、反応「さむいよぉ~」と鼻水と涙がシャーベット状になった顔をあげて返答 嫁のジーパンすでに凍った状態、ニット帽も同じく、手袋はコーチの革手袋とか舐めんてのかと思った。 1: ソニックちゃん とりあえず暖とるのが先決なので嫁をテント内へ誘導 そこで嫁が「変なことしないでね」と余計な一言を放つ、俺内心ムッと来たけどとにかくテント内にいれる […]

京都大の学生寮ボロすぎワロタwwwwwwwww

1: 以下、からお送りします 2018/08/26(日) 09:32:15.865 ID:PPE9vA/DM これ半分刑務所に住んだ方がマシだろ… 3: 以下、からお送りします 2018/08/26(日) 09:33:46.700 ID:qDFX3Xof0 懐かしいなぁ… 9: 以下、からお送りします 2018/08/26(日) 09:36:04.727 ID:vxg1mHa1x >>3 だな 4: 以下、からお送りします 2018/08/26(日) 09:34:59.741 ID:QcXgSfRQM そこまで行くと伝統や趣すらある 5: 以下、からお送りします 2018/08/26(日) 09:35:23.718 ID:oN/ZPG7R0 臭そう 7: 以下、からお送りします 2018/08/26(日) 09:35:25.651 ID:b0DyIL++0 ダニ凄そう 10: 以下、からお送りします 2018/08/26(日) 09:36:11.150 ID:WVF4smPN0 寮費、月500円(光熱費別)だからな 定員は常にオーバー、学生とその家族が住める 11: 以下、からお送りします 2018/08/26(日) 09:36:16.474 ID:SqBTRv9j0 楽しそう 引用元 12: 以下、からお送りします 2018/08/26(日) 09:36:28.844 […]