NGT中井りか「メンバー全員を信じたい」騒動言及

eF

中井りか(2018年6月16日撮影)昨年12月にNGT48山口真帆(23)が新潟市内の自宅で男2人に押しかけられて暴行された事件で、メンバーの中井りか(21)が14日、テレビ東京系バラエティー番組「青春高校3年C組」(月~金曜午後5時30分)の生放送に出演し、騒動について言及した。番組の冒頭で、司会から「NGT48、いろいろ騒動がありますが」と振られると、中井は「でも、私はメンバー全員のことを信じ

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

『スター・ウォーズ』が子供向け短編アニメに!予告編に過去作の名場面再現

子供でも楽しめる『スター・ウォーズ』作品が誕生!(YouTube「スター・ウォーズ・ギャラクシー・オブ・アドベンチャーズ(原題)」予告編のスクリーンショット)

 映画『スター・ウォーズ』の新作短編アニメーション「スター・ウォーズ・ギャラクシー・オブ・アドベンチャーズ(原題) / Star Wars Galaxy of Adventures」の予告編が、現地時間28日、Star Wars Kids…

「DB超」が週末動員1位!「妖怪ウォッチ」「グリンチ」「春待つ僕ら」も初登場

12月15日から16日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「ドラゴンボール超 ブロリー」が初登場1位を獲得した。「ドラゴンボール超 ブロリー」ポスタービジュアル (c)バードスタジオ/集英社 (c)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会すべての画像を見る(全10件)テレビアニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版第20作となる本作は、悟空たちとサイヤ人・ブロリーの戦いを描く…

【激変】6ヶ月音速読のすすめ 嘘だと思うならやってみな

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 01:31:22.328 ID:DXD3OA3G0 コミュニケーション能力に難ありだったので半年前から一日30分は時間を取って高速で音読する訓練を続けた 一ヶ月目→頭がよく回転するようになる。言葉がスラスラ出てくるようになる 三ヶ月目→物覚えが良くなる。ワーキングメモリーが増加してる感がある 六ヶ月目→陽キャラになる。決断力が増加し芯のある考え方ができるようになる 2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 01:31:41.132 ID:rXDmatfoa なにそれ 3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 01:31:51.652 ID:GSBcJ5Ho0 高速でなに読んでんの? 9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 01:33:22.774 ID:DXD3OA3G0 >>3 小説とかなんでもいいんだよ 参考書でもいいよ 6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 01:32:11.126 ID:vuex1iUR0 高速でアダルト小説だろ 4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 01:32:04.976 ID:mSYexIla0 でVIPにスレ立てて1に戻るみたいな感じか 引用元 7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 01:32:32.337 ID:cltPZIjp0 九ヶ月目→彼氏が出来る 8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 01:32:43.263 ID:dpBpjIMD0 高速音読とコミュニケーション能力の向上の因果関係が全く見えてこないんだが? 12: […]

二階堂ふみが初の男役! GACKTはまさかの高校生に!魔夜峰央「翔んで埼玉」実写映画化へ

二階堂ふみ&GACKTもっと画像を見る二階堂ふみとGACKTという異色のW主演により、「パタリロ」などで知られる漫画家・魔夜峰央による「このマンガがすごい!comics翔んで埼玉」が実写映画化、2019年に公開されることが分かった。■原作は“地方ディス”マンガの火付け役!魔夜峰央が1982年に発表した原作マンガは、2015年に「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)として30年ぶ…

no image

ライター稼業のカッコイイとはこういうことだ! 岩本太郎『炎上!一〇〇円ライター始末記 マスコミ業界誌裏道渡世』

「若い人が、こんなのは前世紀の遺物だとバカにして、頑張ってくれればいいなと思うんだ」
 朗らかに、そんなことをしゃべる岩本太郎は、本当に強い人なのだと思った。
 その岩本の著書『炎上!一〇〇円ライター始末記 マスコミ業界誌裏道渡世』(出版人ライブラリ)が、いま話題になっている。
 この本に刻まれるのは、自らを評論家でもなくルポライターでもなく「使い捨て100円ライター」と喝破する、岩本自身の人生の…