SS

中3の時、頼めば必ずヤラセてくれるS●Xおばさんが近所に住んでたんだが

eF

1: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:19:17.05 ID:3N5erDRg0.net
話していい?
17: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:27:04.43 ID:3N5erDRg0.net
あれは10数年前、俺が中3だった頃の話。ある時、友達からS●Xおばさんなるものの存在を聞いた。なにやら30代後半くらいの人で頼めば必ずヤラせてくれるらしい。

その噂を聞いたその時は年齢聞いて、おばさんじゃん。ありえん。と思って聞き流した俺だったが、ある日、オ●ニーしてる時に、急に興味が湧いてきた。
19: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:29:54.39 ID:3N5erDRg0.net
S●Xってどれだけ気持ちいいんだ?30代後半って言っても綺麗な人は綺麗だよな。どんな見た目してるんだろ?本当にヤラせてくれるのか?中学生だけど大丈夫か?お●ぱい見たい。ま●こ見たい。

結果、その日は想像上のS●Xおばさんとする妄想で果てた。その日から、俺の頭の中はS●Xおばさんのことでいっぱいになった。
20: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:33:16.16 ID:H8G9n+YX0.net
悔しい…でも気になっちゃうビクンビクン
22: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:37:41.19 ID:3N5erDRg0.net
中学生、それは性欲おばけだ。俺も例外じゃない。初めて噂を聞いてから数ヶ月経った頃、俺はついに行動に移すことに決めた。

まずは情報収集。俺はばりばり興味ありますよって感じで聞くのが恥ずかしかったから、なんとか話の流れを作り、興味別にないですけど?的なスタンスを取りつつ聞き出すことにした。

なんやかんや(けっこう大変だった)で俺はS●Xおばさんとヤるための切符を得ることに成功した。S●Xへの執念が可能にした偉業である。
23: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:39:19.61 ID:2S541cLP0.net
S●Xおばさんwwwwwワロタwwwwwwwwww

引用元

24: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:43:34.48 ID:3N5erDRg0.net
そしてその切符とは1枚の紙切れ。そこにはS●Xおばさんの携帯の電話番号が書かれていた。聞いた話によると、ここに電話をかけてアポを取ればOKらしい。

切符を手にした後、数日の間、なかなか勇気を出せずに電話をかけるか迷っていた俺だったがS●Xしたい一心でかけてみることにした。家電からだと何かとマズイと思い、公衆電話からかけた。
25: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:45:57.72 ID:ReOpdTA80.net
(‘A`)「(ドキドキ)」プルルルルル

ガチャ

J( ‘ー`)し「…はい、もしもし」
26: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:48:08.85 ID:3N5erDRg0.net
プルルルルル……というコール音が鳴る度に心臓がバックンバックン鳴った。そしてその時は来た。

「もしもし」

うっひょい!出た!女性だ!声を聞いた限りだとそんなおばさんっぽくない!胸の高鳴りに反して俺はテンパって、「あの……」とか「えっと……」とかしか言えなかった。

「もしかして貴方、シたい人……?」
30: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:55:31.08 ID:3N5erDRg0.net
そんな糞な俺を向こうは察してくれたようだ。素晴らしい神対応。俺はすぐに「はっはい!そうです!」と鼻息を荒くして答えた。

「声若いみたいだけど何歳?」

若いとダメなのか?という不安が過った。嘘をついて誤魔化すか?そう思ったけど、実際会ったらバレることだと思って15歳だと正直に答えた。
31: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 19:55:44.40 ID:dRgzBOeBO.net
30代後半でそこまで頭狂った女もなかなかおらんわ
少なくとも女の面子にかけて金とると思う
32: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:02:51.46 ID:3N5erDRg0.net
「15歳ってことは高1?」

「いや、その……中3です」

「へぇ!本当に若いね!S●Xしたいんだ?いいよ!」

中3と答えて断られると思いきや、即OKの返事。というか答えた後、向こうのテンションが上がったのは気のせいか?
35: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:07:50.30 ID:3N5erDRg0.net
その後、会う日とS●Xする場所を決めた。場所はアパートだった。ちなみに後から聞いた話だけど、S●Xおばさんはこのアパートに住んでるわけじゃなく、また別に部屋を借りてるらしい。(今回のアパートはS●Xするために借りた部屋なのかな。その辺は今だに分からん)

運命の当日、俺は持っている服の中でもオシャレっぽいのを選んで家を出た。前に電話した時に、行く時に連絡してと言われたので、また公衆電話からかけた。近所のコンビニで待ち合わせで、車で迎えに来てくれることになった。
38: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:13:44.11 ID:3N5erDRg0.net
コンビニの前で待つこと数分、一台の車が駐車場に止まった。電話で聞いた特徴と一致する。向こうには俺の服装の特徴を伝えてあったので両者共に互いを認識した。

目が会う。車内から口パクで「そうだよね?」と確認してきたので、俺はコクッと頷いた。
42: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:17:58.62 ID:KedWy7DO0.net
wktk
43: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:18:20.53 ID:3N5erDRg0.net
第一印象は正直ガッカリした。妄想の中では綺麗なお姉さんになってたからなwww顔は俺から見たら下の上~中の下くらい。パッと見、年相応のおばさんだった。

でもよく言うボストロールじゃなくて良かった。体もスタイルは良いとは言えないけど、ピザじゃないし服の上から見ても胸がけっこう大きそうだったし、その胸を今から見て、揉めると思ったら余裕でヤレるレベルだった。
52: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:26:37.27 ID:GwDtwhL30.net
携帯の番号をゲットする過程をはしょるなよw
48: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:22:55.23 ID:3N5erDRg0.net
アパートに向かうまでの間、車内でいろいろと話した。ほとんどS●Xおばさんが質問する→俺が答えるの構図だったけど。意外にも話の内容は下ネタじゃなくて普段の日常のことばっかだった。唯一下だったのは童貞か尋ねられたこと。見栄張ってもしょうがないから正直に答えた。

そうこうしているうちにアパートに着いた。アパートは古くてボロかったけど部屋の中は綺麗だった。最低限の物しか置いてなかったからそう見えただけかもしれないが。
53: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:28:43.48 ID:3N5erDRg0.net
「じゃあしよっか。邪魔だし服全部抜いじゃお?」

今なら全裸より着工口の方が好きだが、この頃はそんな嗜好は特になかったから残念に思うこともなく、服を恥ずかしげもなく脱ぎ、少しずつ露出していくS●Xおばさんの肌にめちゃくちゃ興奮した。

俺はいきなり裸を見られるのは恥ずかしかったけど、こんなとこで躓いたらここに来た意味がないから、そんなそぶりも見せずに従って全裸になった。
56: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:37:58.97 ID:3N5erDRg0.net
S●Xおばさんはやっぱ巨乳だったけどちょっと垂れてて乳●は茶色かった。お腹周りや脚周りに軽く肉がついてて服を着ていた時よりもだらしない体に見えた。

それでもち●こは既にフル勃起。目の前に全裸の女がいる。見たかったお●ぱいやま●こが見える。スタイルの悪さなど些細な問題だった。
67: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:53:51.29 ID:3N5erDRg0.net
ちなみにこの時、俺はまだ包茎で皮が剥けるということを知らなかった。だけどS●Xおばさんは包茎ち●こを見ても何も言わなかった。

「こういうこと初めてなんだよね?どうしたい?」

俺の体を舐め回すように見た後、そう聞いてきた。俺は迷わず、「お●ぱいを触ってみたい」と答えた。

「お●ぱい好きなんだ?いいよ、好きなだけ触らせてあげる」
69: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 20:59:00.67 ID:3N5erDRg0.net
ベッドに向かい合って座ると、S●Xおばさんは「はい、どうぞ」と言って胸を突き出すような体勢になった。

目の前に女のお●ぱいがある。少し垂れてるし、おそらく形もあまり良くない胸だが、中3の俺にとってはなんの問題もなく、初めて胸を触れるという興奮は凄まじいものがあった。
71: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 21:03:05.65 ID:3N5erDRg0.net
両手で包み込むようにして触ってみる。俺はその時、中3だし、小柄な方だし、S●Xおばさんが巨乳というのもあって手に余るほどの肉だった。

めちゃくちゃ柔らかかった。相手はおばさんだけど、こんなに興奮した瞬間は人生の中でトップクラスだったかもしれない。

「初めてのお●ぱいはどう?もっといっぱい触って揉み揉みしていいんだよ?」
73: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 21:07:53.34 ID:3N5erDRg0.net
S●Xおばさんの言葉で更に興奮が高まる俺。調子にのってめちゃくちゃ揉みしだき、乳●もコリコリと触りまくってやった。

「ああっいいっ!もっと!もっと触ってええ!!」

今思えばおそらく演技だったんだろうと思うが、お互いの気分を高めるためにS●Xおばさんは凄い喘いでくれた。中3の俺としてはそれが純粋に嬉しく、女を感じさせているという優越感みたいなのを感じてた。
75: 以下、からお送りします 2014/05/16(金) 21:13:26.21 ID:3N5erDRg0.net
「ねえ?乳●チュパチュパペロペロして?」

これは嬉しい誘いだった。本能的にむしゃぶりつきたい気持ちがあったけど、どこかまだ遠慮していてやれないでいたから。

すぐにその誘いに乗って本能の赴くままに胸や乳●にむしゃぶりついた。ここでもS●Xおばさんは凄い喘いでくれて、興奮した俺はそのまま押し倒して、胸をめちゃくちゃに攻めまくった。俺は相当息が荒くなってた。

ǂ

-SS

MҁF


関連記事

サザエ「あの、毛利探偵事務所はこちらでしょうか?」夢のコラボ始まる

1: 以下、VIPがお送りします 2015/06/10(水) 02:11:57.089 ID:3oXSH8hd0小五郎「おら! そこだ行けえ!」 蘭「もう、お父さん! せっかくの日曜なのに競馬中継なんか見ないでどこか連れてってよ!」 蘭「ねえ、コナン君」 コナン「う、うん」 小五郎「うるせえ! いつ探偵の依頼が来るともわからんだろ!」 小五郎「こうして家でおとなしくしてるのが一番なんだよ!」 小五郎「あーっ! 負けちまったじゃねえかちくしょお!!」 小五郎「くそっ、今月も赤字だ!!」 サザエ「あの、毛利探偵事務所はこちらでしょうか?」ガチャ 小五郎「おっ! 探偵の依頼ですか?」 小五郎「ほら見ろ、仕事だ仕事! 蘭、お茶をお出ししろ!」 コナン(ったく調子いいんだから……) ―――― ――3: 以下、VIPがお送りします 2015/06/10(水) 02:17:21.328 ID:3oXSH8hd0小五郎「それでどのような依頼ですか?」 サザエ「はい、今朝家の壁に落書きされているのを見つけて……」 サザエ「それで落書きの犯人を捜して欲しいんです」 小五郎「落書き? うーん、この名探偵毛利小五郎、色々と忙しいですから落書き事件くらいではねえ……」 小五郎「落書きなんてどうせ近所の悪がきの仕業だと思いますよ。そんなに心配しなくてもいいのでは?」 コナン(おっちゃん、仕事選んでやがるな……) サザエ「た、ただの落書きじゃないんです!」 サザエ「とにかく、この落書きの写真を見てください!」スッ 壁に赤いペンキでこう書かれていた  タラヲ氏ね5: 以下、VIPがお送りします 2015/06/10(水) 02:20:26.386 ID:3oXSH8hd0小五郎「ほう、これは…………意味が解りませんな………怪文ですか?」 コナン(怪文? もしかして暗号か!? 探偵の血が騒ぐぜ!!) コナン「ねー、僕にも見せて……」 小五郎「うるせえ! ガキは引っ込んでろ!」 コナン「ちぇっ……」 サザエ「……」 小五郎「うーん……ここに書かれているタラヲ氏というのは誰かの名前か……」 蘭「あ、これって…………」7: 以下、VIPがお送りします 2015/06/10(水) 02:23:26.109 ID:3oXSH8hd0小五郎「なんだ蘭、お前この文字の意味が分かるのか?」 蘭「分かるってほどじゃないけど、これってネットで使われてる言葉じゃないかしら」 蘭「ほら、オタクをヲタクって書いたり、死ねを氏ねって書いたりするでしょ?」 蘭「これもヲと氏が使われてるからそうじゃないかなって」 小五郎「なるほど、つまりこの文章は『タラオ死ね』ということか」 サザエ「やっぱり、そうですよね……」 コナン(なんだ、暗号じゃなくてただの中傷かよ。期待して損した) 小五郎「じゃあ、あなたはただの落書き事件ではなく、この文章の意味を分かったうえで依頼に来たんですね」 サザエ「はい。もしかしたらと思って……死ねなんて物騒だったもので……」9: 以下、VIPがお送りします […]

俺が中二病をこじらせて、クラスが崩壊www

【悲報】俺氏、入社してから3年間会社行事に参加しなかった結果wwwwwwwww

1: 以下、からお送りします 2018/12/21(金) 19:04:56.698 ID:XXEeRnCkp 今日会社の忘年会 俺には連絡なし 2: 以下、からお送りします 2018/12/21(金) 19:05:29.380 ID:3PA/vriza 努力が実ったじゃん 良かったな 3: 以下、からお送りします 2018/12/21(金) 19:05:47.337 ID:Ad59mSk+a お前そういう付き合いはしろ 社会人として失格 4: 以下、からお送りします 2018/12/21(金) 19:05:48.167 ID:SLDEbgCu0 おめでとう! 引用元 5: 以下、からお送りします 2018/12/21(金) 19:06:05.989 ID:XXEeRnCkp 定時18時 やけにみんな定時に帰るから、残業してる人に今日なんかあるんすかねぇ?て聞いたら忘年会だよってさ 8: 以下、からお送りします 2018/12/21(金) 19:07:02.010 ID:XXEeRnCkp いやいや、いつ連絡ありました? いついつにきたよ? メール見るけど来てなくて、残業マンのメールみたらCcに俺いない 9: 以下、からお送りします 2018/12/21(金) 19:07:38.488 ID:lEFnR1aK0 誘っても来ないだろ? 10: 以下、からお送りします 2018/12/21(金) 19:07:48.363 ID:LuQSRE4na 来ないやつ誘わないよね […]

数ヶ月にわたり新聞の契約を取ろうとする女営業、最終手段を取るwww

1: 美女の凄いサービス内容 女「お願いします!」 男「新聞ですか…」 女「読んでいれば共通の話題がたくさん増えますし」 女「自分の関心がいろんな方向に広げられます!」 男「なるほど…」 女「今なら一ヵ月1000円です!」 男「……それは安いですね」 女「そう思いますよね!」 女「月1000円なのは三ヵ月限定なんです。それからは定価の販売になります!」 男「(1000円なら安いような…)」 男「(でもネットで見て済むような内容だろうし…)」 男「すみません。今回は遠慮しておきます」 女「……」 女「そ、そうですか…」グスッ    男「すみません」 女「いえいえ。お忙しい中ありがとうございました」ペコ バタン 男「(泣いてたな……)」 男「…………」 翌日 ピンポーン 女「すいませーん」 男「!」 女「すいませーん」 男「(……もしかして昨日の人?)」 女「すいませーん!」 男「(断った翌日に来るのかよ…)」    ガチャ 女「こんにちは。新聞一ヵ月の間でもどうですか?サービスしますよ!」 男「……」 男「昨日断りましたよね?」 女「今回は遠慮すると言われましたので!」 男「何を言ってるんですか」 女「そろそろ気持ちが変わったんじゃないかと思いまして」 男「……変わりませんよ」 女「そうとは限りません!」 女「是非この新聞の良さを分かっていただきたいんです!」 男「…………」 男「だから結構です」 バタン 女「……」 翌日 ピンポーン 女「すいませーん!!」 男「……」 男「いやいや…」 男「迷惑すぎるだろ……」 ガチャ 女「おはようございます!」 男「……もう3日連続じゃないですか。いい加減にしてください」 女「新聞取りませんか?他にはない情報がたくさん掲載されていますよ」 […]

親父「お前、ウチの娘に何やったんだ、おい!」助けてあげたのにこの始末・・

1: 第一印象は最悪、顔立ちは普通くらい、中身は天然 端折って書いたら通じないと言われたので出来るだけまとめてみます。 俺=当時30歳 5年付き合ってた元カノに二股されて以来、極度の女性不信 元のカノに捨てられてから彼女なし 嫁=女 当時21歳 JD 黙ってれば可愛い 嫁父=最強 嫁母=温厚、優しい、タレ目が可愛い 元カノに捨てられてから女性関係なしで趣味の世界に没頭 カメラと登山とロードバイクにハマり1人だけどそれなりに楽しんでいた。 毎年、冬になるとテント持参で撮影に行く場所あるんだが嫁との出会いがそこ 最寄りの駐車場に車とめて徒歩1時間ほどで目的地に到着するのだが途中で挙動不審な女を発見 撮影場所で女性に会うのは珍しくないけど、そのときは冬の北海道の2月しかも夜 嫁はジーパンにダウンジャケットにニット帽でフラフラと歩いてた 夜なのにライトも持たず(外灯とかない場所、せいぜい月明り)この時期に軽装 元々、女と関わりたくないから無視して素通りしようと遠回りでパスすると 「助けてください」と泣きながら声かけてきた お化けとか信じないけどゾッとして「やだよ」と言い足早に撮影地へ向かった 後ろ振り向いたら追いかけてくるんじゃないかと想像してビビリながら到着 テント張って飯くって落ち着いてから撮影開始 雪も降ってなく月も雲もなしで星空撮影には良い条件で撮影してたらこちらに向かってくる足音が聞こえる。 「他に撮影する人きたのかな?」程度に思って撮影続行 暗闇から「助けてくれないんですか?」と聞こえた気がするので声のした方向をみると さっきの挙動不審の女が木の側かららコッチ睨んでた・・ 情けないけど「ひぃー」とか声にならない叫びあげてしまった。 そのあと何を思ったのかカメラで相手の顔確認する動作取ってた。。 そのまま固まってると、「何やってるの?助けてよ」と嫁が怒り気味に言ってきたのでようやく「さっきの女」かと理解 正直、あんな軽装でこの時期に来るなんてバカか?と思ってたので「撮影中なんですよね」とぶっきらぼうに返答 1: ソニックちゃん 265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/11/01(火) 12:19:49.50 嫁「・・・・・」、俺「・・・・・・」 俺、嫁に背をむけて撮影続行、心の中で悪態つく 「せっかく休みとってきたのに面倒くさいなぁとか、さっさと消えろよとか」 嫁動かず、俺は無視、そんな空気に耐えきれず俺テントに逃げ込む 嫁「ちょっと・・・」と消え入りそうな声で抗議するが、俺無視 5分くらい経過して来た道へ戻るように足あとが聞こえてきた。 最初は正直、ホッとしたけど少し後悔というか反省する気持ちもあった。。 冷静に考えると嫁の服装では寒いだろう、手足も冷え切ってるはず 俺が来る前からいたわけだからかれこれ1時間以上は外にいるはず 山ではないけど天候崩れたら低体温症になる可能性も・・ とか考えてとにかく後を追うことにした。 嫁いました。 テントから50Mくらいの木が密集してる場所で体育座り?のような格好でうずくまってた。 俺見つけたときにホッとしたけど同時に面倒くさいとも思ってた。 嫁に声かけるも返事なし、ちょっと近づく、声かける、返事なし。 あれ?これはヤバイのではと嫁の肩を数回かるく叩きながら声をかける 嫁、反応「さむいよぉ~」と鼻水と涙がシャーベット状になった顔をあげて返答 嫁のジーパンすでに凍った状態、ニット帽も同じく、手袋はコーチの革手袋とか舐めんてのかと思った。 1: ソニックちゃん とりあえず暖とるのが先決なので嫁をテント内へ誘導 そこで嫁が「変なことしないでね」と余計な一言を放つ、俺内心ムッと来たけどとにかくテント内にいれる […]