尼神インター・誠子、「結婚よりお笑い」「オンナとして不幸」発言に見る“芸人としての力量”

eF

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます <今回の有名人> 「オンナとしては幸せになれない」尼神インター・誠子 『さんま・女芸人お泊り会 人生向上の旅』(フジテレビ系、12月1日)   テレビで、年長者や成功者が、後輩からの質問を受け付けるという企画を時々見かけるが、これって質問する側

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

【衝撃】 剛 力 彩 芽 、 ま た や ら か す !!!!!

no image

インスタで話題の美少年・翔がフォトブック

インスタグラムで美少年と話題になり、昨年春に芸能界デビューした俳優の翔(12)が26日、都内でファーストフォトブック「HAPPY!!」(KADOKAWA刊)の発売記念イベントを行った。自宅のあるロサンゼルスと日本で撮り下ろした写真180枚を収録。自分の部屋での姿なども初公開している。緊張気味に登場した翔はお気に入りのページを聞かれ、誕生日の日に撮ったゲーム機を持っている写真をセレクト。ゲームが大好…

「クローバー」の平川哲弘が週チャン新連載、幼なじみの不良2人に訪れる転機とは

平川哲弘による新連載「ヒマワリ」が、本日9月14日発売の週刊少年チャンピオン42号(秋田書店)にてスタートした。週刊少年チャンピオン42号すべての写真を見る(全4枚)「クローバー」「クローズZERO II 鈴蘭×鳳仙」の平川による新作は、広島の小さな町を舞台に始まる物語。幼なじみの高校生・蓮と清春は、伝統芸能・神楽の演者としても、ケンカのパートナーとしても息の合ったコンビとして日々を過ごしていた。

牛尾憲輔が劇伴担当した連ドラ「青と僕」地上波初放送

牛尾憲輔(agraph)が劇伴を担当したドラマ「青と僕」が、7月9日(月)深夜よりフジテレビで全6回にわたりオンエアされる。「青と僕」のワンシーン。(c)フジテレビすべての画像を見る(全6件)
「青と僕」はフジテレビの動画配信サービスFODにて3月に日時限定で配信された青春ミステリードラマ。井之脇海演じる主人公“ぼく”と、寛一郎演じる親友の“あいつ”、池田エライザ演じる同級生の“紫織”の3人の関係…

「ポプテピピック」サブカル女子向けアパレルが発売 大川ぶくぶの描き起こしグラフィックも

「ROMPUS×ポプテピピック」(C)O/Tもっと画像を見るPUFFYの大貫亜美とレディースファッションブランド「Candy Stripper」の板橋よしえによるユニット“ROMPUS”(ロンパース)と、大貫がお気に入りだというマンガ『ポプテピピック』とのコラボが実現。スウェットとニット、そして作者・大川ぶくぶの描き起こしグラフィックを使用したスペシャルアイテムのリリースが発表された。『ポプテピピ…