沢田研二と何が違う? ポール・マッカートニーと小田和正の集客が衰えない理由

eF

今年モ来マシタヨ! ©共同通信社  沢田研二(70)のコンサート“ドタキャン”騒動も一段落するなか、ポール・マッカートニー(76)が1年半ぶりに来日。10月31日より公演をスタートさせた。 【写真】自身の美学を貫く沢田研二70歳  ポールの“ヒット曲大盤振る舞い”を見るにつけ、「昔の曲は歌わない」主義の沢田に思いが及んだ――と語るのは音楽記者。 「ポールが披露した36曲のうち、21曲はビートルズ

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

東京・JR田町駅で痴漢男が線路飛び降り逃走→現在・・・【現場詳細あり】

続きを読む

no image

『エガオノダイカ』、松岡禎丞、佐藤利奈らソレイユ王国のキャストを公開

タツノコプロ創立55周年企画の大トリを飾る新作オリジナルアニメーションとして、2019年1月からの放送が開始となる『エガオノダイカ』より、Wヒロインの一人ユウキ・ソレイユの治める国・ソレイユ王国のメインキャラクター&キャストが公開された。

注目のキャスト陣は、ユウキの幼馴染ヨシュア・イングラム役を松岡禎丞、教育係のレイラ・エトワール役を佐藤利奈が担当するほか、神奈延年、置鮎龍太郎、小市眞…

かっこ悪くても、一生懸命になることって、本当に楽しい! #ねこのひげ

「ねこのひげ」。それは猫にとって、欠かせないもの。 平衡感覚を保ったり、周囲を感知したりするのに、とても大切な役割があると言われている。 当連載では、アーティストでありライターのJunko Suzukiにとっての「ねこのひげ」を紹介していきます。 髪の毛の色は自由奔放にもかかわらず、根は真面目らしい。いまだに苦手なのが、自分の体力との付き合いかた自分にとっての当たり前と普通が、もしかしたら他者にと…

三船敏郎は自前ボートで災害救助!? 「大物スターの豪快伝説」

映画が娯楽の王様だった時代、各映画会社に看板となる大物スターがいた。
関連:ベナン共和国の学校に飾られた「ビートたけしの肖像画」が『イッテQ』に登場!?
「当時、ケタ違いのギャラを稼いでいた主演スターは、共演者やスタッフに振る舞う文化がありました。スターは、いかに豪勢に、かつスマートに立ち回るかが問われました」(ベテランの映画スタッフ)
 その点で、日活の金看板だった石原裕次郎は、やはり格が違った…

若槻千夏など続々…芸能人が絵本作家するのはなぜ? 副業として儲かるのか

若槻千夏 2日、若槻千夏が自身のプロデュースしたキャラクター「クマタン」を描いた『おやすみクマタン』(主婦の友社)など絵本シリーズ3作の発売記念イベントを行った。昨年10月にはお笑い芸人の鳥居みゆきの「やねの上の乳歯ちゃん」(文響社)、今年7月には小島よしおの「ぱちょ〜ん」(ワニブックス)が発売されるなど、近年、タレントの絵本作家デビューが続いている。いわばタレントにとって“副業”に当たるが、芸能…