「バブリーダンス」けん引の伊原六花 芸能界入りで「180度変わった」

eF

女優の伊原六花(19)が10日、都内で自身初のカレンダー発売イベントを行った。 自身初となるカレンダーの発売イベントで笑顔を見せる伊原六花  昨年「バブリーダンス」で注目された大阪府立登美丘高校ダンス部の元主将。芸能界入りした今年一年を「素敵な人とたくさん出会えた」と感謝。漢字1文字で表すと「変」だとし「本当に180度変わった」と振り返った。高校の後輩が「全国高等学校ダンス部選手権」で大会初

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

奥菜恵らが愛人役に……現代のゲスな男女を描いたドラマ『グッド・バイ』

(C)ドラマ「グッド・バイ」製作委員会 テレビ大阪は、7月14日よりドラマ『グッド・バイ』を放送する。このほど、メインビジュアル、共演者、およびドラマ主題歌が発表された。 今も世間を賑わせるゲスな男女の話。しかし、そんな現実に生きる人間の本能的な側面を拡大したようなゲスの真骨頂ともいえる人物を、太宰治が70年も前に描いていた。同ドラマは太宰治の未完の小説『グッド・バイ』を原案に、羽生生純原作の同名…

アイドル時代から出世したな???と思う女性有名人ランキング

リカちゃん50周年記念パーティー “25年前の約束”が実現

着せ替え人形「リカちゃん」の発売50周年を記念したパーティーが17日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで開催された。1992年に2500体の限定リカちゃんを販売したタカラ(現タカラトミー)が当時、購入者用に応募はがきを用意し、25年後のパーティーへの招待を約束していた。四半世紀たっての実現に、参加者約900人からは「本当に開催され、50年を祝えてうれしい」と喜びの声があがった。

「リカちゃん

黒木瞳、勘違いだった恋の思い出 トークショーで明かす

「ショートショートフィルムフェスティバル」でトークショーを行った黒木瞳=大阪市内

 女優・黒木瞳(56)が16日、大阪市内で開幕した映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル」に出席した。 監督を務めた短編映画「わかれうた」(主演・石野真子)を上映。同映画は黒木自身の高校時代に経験した中島みゆきの楽曲「わかれうた」にまつわる淡い恋の思い出を基に製作されたが、トークショーで黒木は「『わかれうた

【平昌五輪】「銀」平野歩夢は本当に負けていたのか?2.5点差のなぜ ホワイトが控えており、平野の2本目の点数を低く抑えざるを得なかった

1 名前:ラッコ ★>:2018/02/14(水) 19:16:36.72 ID:CAP_USER9.net 負けていたのか?スノボHP連続銀・平野歩夢と金ホワイトの2.50点差のなぜ  昔、ショーン・ホワイト(31、米国)は、どちらかと言うと、気の弱い、おとなしい少年だった。平昌五輪の男子ハーフパイプで…