しずちゃん、梅津コーチとボクシングに励んだ日々を絵本に

eF

南海キャンディーズしずちゃんが山崎静代名義で制作した絵本「このおに」(岩崎書店)が来月11月17日に発売される。「このおに」表紙すべての画像を見る(全5件)これは「ボクシングをがんばっていたときのことを絵本にしたい」というしずちゃんの思いから生まれた絵本。彼女が血のにじむような練習の日々、コーチ・梅津正彦との出会いと別れなどを描いた。タイトルの「このおに」は、スパルタな指導で知られていた梅津コーチ

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

プールなのに熱いし怖い!80年代の映画内、伝説的な入水シーン

しずかちゃんの場合はお風呂だけど、こっちはプールやジャグジーだ。入浴も入水も体を水(お湯)に浸すという点で同一視しちゃってさあスタート。
 1980年代は創作物に関して、まだ緩いところのあった時代だ。コンプラ的な意味で、作り手の裁量で自由なことができた。
 この時代の日本のテレビ番組なんか、今じゃ絶対に作れないし放送できない。これもある意味進化の一つなのだろうけど、かつての作品なら今でも見ることが…

【画像】益若つばささん、脚が消えてしまう

【画像】益若つばささん、脚が消えてしまう

1 :  2017/10/26(木) 11:20:46.66 ID:TnlH/8+x0.net

https://twitter.com/tsubasamasuwaka/status/923341059115102208

『高嶺の花』最終回で過去回の伏線や謎をまったく回収せず強制終了…野島伸司の開き直り

石原さとみ主演の連続テレビドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の最終回が12日に放送され、平均視聴率は自己最高の11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。野島伸司氏が脚本を手がける同ドラマは、華道の名門・月島家に生まれ、圧倒的な才能と美貌を兼ね備えた月島もも(石原)と、お金も地位もない自転車店主・風間直人(峯田和伸)が繰り広げる愛憎劇だ。
 最終回は、焦点となっていた「ももと直…

カリスマ小学生モデルと仕立て屋のメガネ男子の4コマラブコメ、ぱれっとで開始

とまとかげの新連載「オトナいろ▼オーダーメイド」が、本日4月21日発売のまんが4コマぱれっと6月号(一迅社)にてスタートした。「オトナいろ▼オーダーメイド」イラストすべての写真を見る(全2枚)「オトナいろ▼オーダーメイド」はカリスマ小学生モデルの宇佐美ケイトと、仕立て屋のメガネ男子・檜垣紡を描く4コマラブコメ。紡が仕立てる洋服が大好きなケイトは、紡に恋をしていると思い込んでいるが……。そのほか今号…

第2子出産の一青窈「いろんなものを産んでいます」

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、今年デビュー15周年を迎える一青窈さんが登場。10月11日(水)にリリースされた初のオールタイム・ベストアルバム『歌祭文 ~ALL TIME BEST~』について語ってくれました。
(アーティストの坂本美雨がパーソナリティをつとめるTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」10月11日(水)放送より)

一青窈…