内博貴「一番長いセリフは台本10ページ分」 主演舞台「まさに世界の終わり」胸張って開幕

eF

ジャニーズ事務所所属の俳優、内博貴(32)が主演を務める舞台「まさに世界の終わり」の東京公演が13日、港区のDDD青山クロスシアターで開幕した。  95年にエイズで死去した仏劇作家ジャン=リュック・ラガルス氏の戯曲を日本初演。難解なストーリーや長いセリフの応酬が特徴的な作品で「これまでで一番難しい。一番長いセリフは台本10ページ分くらい」と苦笑い。不治の病を患う青年役で約3・5キロ減量して臨んでお

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

松岡茉優が過去の恋愛を激白「相手には彼女がいました!」

「二軒目どうする?~ツマミの話」で、TOKIOの松岡昌宏、博多大吉、女優の松岡茉優が錦糸町でぶらり飲み

2月24日(土)放送の「二軒目どうする?~ツマミの話」(テレビ東京系)で、松岡昌宏、博多大吉、女優の松岡茉優が、錦糸町にある「力士料理 琴ヶ梅」へ。松岡が、過去の恋愛について告白した。
【写真を見る】「私が16歳、相手が20数歳。かなわぬ恋ですし“20歳を超えるまでこの想いは持っておこう”と…

ナム・テヒョン(元WINNER)、11歳年上歌手と熱愛? 仲良し動画が招いたハプニング

韓国歌手ナム・テヒョン(23、元WINNER)とソン・ダムビ(34)が一晩中、熱愛説に困惑した。仲良し動画が誤解を招いたのだ。双方は親しい友人として熱愛説を否定した。
30日、ソン・ダムビの所属事務所キーイースト側は「ソン・ダムビとナム・テヒョンは親しい間柄であるだけ。恋人ではない」と熱愛を一蹴した。
ナム・テヒョンもこの日、自身のInstagramに「十分に誤解を招いてしまうものだと思います。申…

no image

ラストアイドル、B.LEAGUEで“歩く芸術”初披露決定!「パフォーマンスを悔いなくやり遂げたい」

ラストアイドル、B.LEAGUEで“歩く芸術”初披露決定!「パフォーマンスを悔いなくやり遂げたい」ラストアイドルファミリーが、3月23日(土)、24日(日)に川崎市とどろきアリーナで開催されるプロバスケットボールB.LEAGUEの川崎ブレイブサンダースvsレバンガ北海道戦において、“歩く芸術”のパフォーマンスを初披露することが発表された。テレビ朝日で放送中の番組『ラストアイドル』にて、名物監督・清…

細田守監督の『未来のミライ』、アニー賞でインディペンデント作品賞受賞!

『未来のミライ』 (C)2018スタジオ地図もっと画像を見る2日夜(現地時間)、UCLAのロイスホールにて、アニメ界のアカデミー賞と称されるアニー賞受賞式が開催された。最多7冠に輝いたのは『スパイダーマン:スパイダーバース』で、作品賞、キャラクター・アニメーション賞、キャラクター・デザイン賞、監督賞、美術賞、脚本賞、編集賞とノミネートされていたすべての7部門で受賞するという快挙を遂げた。日本の作品…

《追悼》CMで名コンビの岸本「親代わりのよう」

樹木希林さんとドラマやCMで共演した女優・岸本加世子(57)が、所属事務所を通じてコメントを発表した。岸本は1977年(昭52)、ドラマ「ムー」で共演。「私が15歳の時、デビュー作からご一緒させて頂き、女中コンビという設定でしたので、ズブの素人だった私は毎日希林さんにくっついて演技を学ばせて頂きました。その時の希林さんの役名だった『カネタさん』といまだに呼ばせて頂いておりました」と振り返った。「長…