「豊洲」でなく「新築地」に デーブ考える「気持ちの整理」

eF

テレビプロデューサーのデーブ・スペクターが11日(2018年10月)ツイッターを更新し、同日開場した東京都中央卸売市場の豊洲市場の名称について持論を展開した。 「真面目な話」と前置きしたうえで、 「豊洲に移転した時は施設の名前を『新築地』と言えばよかった」 と考えを明かした。その理由を 「厳密に言えば住所の部分ではないので規制に触れない。全国に『銀座』もある。今の新宿区だって元々淀橋区の一部だった

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

T.O.P 大麻吸引で有罪判決

Autonomous wheelchair Whill Next demonstration at Tokyo’s Haneda airport

Officials at Tokyo’s Haneda airport demonstrate self-navigating electric wheelchairs.

【インタビュー】パラリンピックドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」ナビゲーター・西島秀俊「未来を信じる生き方、明るさを、自分も家族に伝えていきたい」

WOWOWと国際パラリンピックの共同プロジェクトで、パラアスリートたちの競技への取り組みや人生に迫るドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」。2016年からスタートし、東京パラリンピックが開催される2020年まで、5年間にわたって放送される大型番組だ。ナビゲーター・ナレーターを務めるのは、俳優の西島秀俊。平昌パラリンピック開幕を控え、2月の放送から冬季競技のメダリスト3人が登場するのを前に、西…

no image

変わり果てた「ツイン・ピークス」美女、体調に問題?

「ツイン・ピークス」でスターになった、かつてのララ 写真:SPLASH/アフロ

外見が大きな売りとなるセレブにとって、ビフォーアフターは常に世間の注目の的になっているが、米テレビシリーズ「ツイン・ピークス」で知られるララ・フリン・ボイル(47)ほど変わり果てた女優も珍しいと言われている。
【写真を見る】かつての面影がないほど変わってしまったララ・フリン・ボイル!
そんなララは、ここ数年体型や顔の…

花田虎上 現役時代の後遺症に苦しむ「やるせない気持ち」

花田虎上

 元横綱若乃花でタレントの花田虎上(48)が26日、ブログを更新。現役時代の後遺症に苦しんでいることを明かした。 上半身裸でマッサージを受けている写真を投稿し、「最近あちこちに悪い所が出てきて困っています」と治療を受けていることを明かした。 花田は2000年に引退しているが、「後遺症だから仕方ないと思う反面、やるせない気持ちになることも」と吐露。気持ちを切り替えるように「明るく生きて行…