第70回エミー賞、『ゲーム・オブ・スローンズ』が最多22ノミネーション

eF

第70回エミー賞で最多22ノミネーションを獲得した『ゲーム・オブ・スローンズ』 (C)AFLO<画像を拡大する>  米テレビ界のアカデミー賞「エミー賞」のノミネーションが現地時間12日に発表され、2019年放送予定のシーズン8でフィナーレを迎えるHBO局の人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が、ドラマ部門の作品賞や助演男優賞、助演女優賞などを含む22の最多ノミネーションを獲得した。【写真】2

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

上川隆也が“大どんでん返しの帝王”の原作に脱帽「台本をめくる手がもどかしい」

9月27日(水)放送のドラマ『テミスの剣』(テレ東系)の記者会見が行われ、上川隆也、船越英一郎、伊東四朗と原作者の中山七里が登壇した。

 主人公で刑事の渡瀬を演じた上川は作品の印象について「サスペンスでもあり、ミステリーでもあり。そして社会派ドラマでもあるという盛りだくさんなテーマが込められていて、台本をめくる手がとてももどかしかった」と。さらに「作中に出てくるテミス像は7mもあって、その存在感

池松壮亮が魅せる“土下座”エンターテイメント!! 大暴走は最終局面へ『宮本から君へ』第11話

世界でもっとも暑苦しいサラリーマン・宮本浩が大暴走する、池松壮亮主演ドラマ『宮本から君へ』(テレビ東京系)。先日、原作者・新井英樹のもうひとつの代表作『愛しのアイリーン』が吉田恵輔監督によって映画化され、9月14日(金)から劇場公開されることが発表されました。『宮本から君へ』全話の脚本・演出を受け持つ真利子哲也監督、今回カメオ出演したミュージシャンの峯田和伸を含め、多くのクリエイターたちが新井英樹…

進化しすぎた未来が舞台のTPS『Gene Rain』海外PS4で発売―アナウンストレイラーも公開

進化しすぎた未来が舞台のTPS『Gene Rain』海外PS4で発売―アナウンストレイラーも公開もっと画像を見るDeeli Network Technologyは、未来を舞台にしたTPS『Gene Rain』を海外PlayStation 4向けに7月17日発売し、同時にアナウンストレイラーも公開しました。『Gene Rain』は未来が舞台のTPSで、科学技術が急速に発展した21世紀の終わりに物語は…

大倉忠義らへの復讐が完結!? ディーン・フジオカ主演「モンテ・クリスト伯」最終回

ディーン・フジオカ主演のフジテレビ系連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」が、6月14日(木曜午後9:00)に最終回を迎える。同ドラマは、幸せの絶頂から一転、冤罪(えんざい)を着せられ投獄生活を送っていた主人公・柴門暖(ディーン)が、15年間の時を経て、投資家のモンテ・クリスト・真海となり、3人の男たちへ復讐(ふくしゅう)を果たす物語。ディーンは、南条幸男(大倉忠義)、神楽清(新井浩文…

岡本圭人が留学先で“夜遊び三昧”

やっぱり断てない“夜の誘惑”
「授業もときどきサボっているみたいだし、来てもあんまり真剣に聞いていないそうです。そんな甘い態度では、卒業するのは難しいと思いますよ」(岡本が通う学校関係者)【写真】上智大学在学中だったころの岡本
 今年9月から、アメリカの演劇学校『アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ』のニューヨーク校に留学しているHey! Say! JUMPの岡本圭人。そんな彼の現…