洋楽メタルを聴かなくなった日本の若者たち――原因はサッカーのサポーターのゴミ拾いか?

eF

<文/山野車輪 連載第37回> ◆LOUD PARK開催見送りにメタラー激震!  少し前の話題となるが、2006年から毎年開催され、2017年までに12回続いた日本最大級のヘヴィメタル・フェスティバル=LOUD PARK(略称“ラウパ”)が、2018年の開催を見送ることが5月24日、公式発表された。来年以降開催されるかどうかも、まだはっきりしないらしい。  2006年に千葉の幕張メッセで開催

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

【悲報】AKB48、ヤバイ

AKB48ファンが5年間で2割減・・・AKBライター 「下降するばかりの人気を立て直す “救世主” が現れないと厳しい」

1 :  2018/06/19(火) 08:42:30.78 ID:CAP_USER9.net

6月16日にフジテレビ系列で生中継された『第10回AKB48世界選抜総選挙』の開票イベントで、上位メ…

no image

宇多田ヒカル初の歌詞集に小田和正、糸井重里、吉本ばなな、水野良樹、SKY-HIら8名が寄稿

宇多田ヒカルが12月9日(土)に発売する自身初の歌詞集『宇多田ヒカルの言葉』に、各界より8名が宇多田ヒカルの作品について寄稿した。寄稿したのは、昨年アーティスト活動を再始動するにあたり、最初のアーティスト写真を撮影した写真家・石川竜一、活動休止中ソーシャルでの会話がきっかけで昨年、NHK『SONGS』で初対談が実現した糸井重里、昨年に番組『クリスマスの約束』で共演した小田和正、楽曲“桜流し”のミュ…

過去の名曲を効果的に再利用 ドラマ主題歌“受難の時代”だからこその施策

『高嶺の花』主演の石原さとみ

 脚本家の野島伸司が、2年ぶりにプライムタイム帯(午後7~11時)で手がけたドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)。同作の主題歌は、1956年に発表されたエルヴィス・プレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」だ。エルヴィスの楽曲がドラマ主題歌として採用されるのは日本初で、クライマックスシーンを盛り上げる役割を担っている。『高嶺の花』以外にもそうした語り継がれる“過去の名曲”を…

超絶かわいい“15歳の前田敦子”にファン歓喜

元AKB48で女優の前田敦子(26歳)が8月20日、自身のInstagramで、15歳の頃の写真を披露。ファンの絶賛を浴びている。前田はこの日、「15歳だね」とのコメントと共に、カメラに向かって微笑む自身の写真を投稿。AKB48のオープニングメンバーオーディションに合格したのは2005年、14歳のときなので、AKB48として活動を始めた当初の頃のようだ。これにファンからは「流石や!かわいいすぎる!

全47種類、JA全農のCMが甲子園を盛り上げる!

愛媛のJA全農コマーシャルでは、みかん農家の方々が登場 (C)BS朝日

今年で100回を迎える“夏の風物詩”「第100回全国高校野球選手権記念大会」が開催中。そんな中、大会を完全生中継しているBS朝日の放送中に流れるJA全農(全国農業協同組合連合会)のオリジナルCMも注目されている。
【写真を見る】これが大都会・東京の街並み!
このCMは、47都道府県それぞれのバージョンが作成され、各都道府県の…