髙見澤俊彦のデビュー小説『音叉』単行本が発売 全4編に書き下ろしスピンオフ短編を収録

eF

THE ALFEEのリーダー・高見沢俊彦さんが「髙見澤俊彦」名義で執筆したデビュー小説『音叉』が単行本化され、7月13日(金)に発売されました。 『音叉』は、昨年8月刊行の「オール讀物」9月号(文藝春秋)を皮切りに、同誌11月号、2018年2月号、4月号に全4話で発表された作品。バンドとしてプロデビューを目指す若者らを主人公とした青春小説で、学生運動、フォーク、ロック喫茶など、1970年代に花開い

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

大原優乃、Dream5時代は胸がコンプレックス「サラシとか巻いて」

大原優乃【撮影:G鈴木】 グラビアアイドルの大原優乃が、10日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。Dream5時代は胸がコンプレックスだったことを明かした。 2009年、ダンス&ボーカルユニット「Dream5」のメンバーとしてデビューした大原。アニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京系)の主題歌「ようかい体操第一」で一世を風靡したが、グループは2016年に活動を停止した。 その後、…

【週刊文春】今週の文春砲がマジでハンパねええええええええええええええええ

【詳細レポート】<LUNATIC FEST. 2018>2日目、「神秘的な2日間を」

LUNA SEA主宰による史上最狂のロックフェス第二回目<LUNATIC FEST. 2018>が6月23日および24日の2日間、幕張メッセで行なわれた。先ごろ公開した初日に続いて、2日目の詳細レポートをお届けしたい。◆<LUNATIC FEST. 2018>2日目出演者 画像「今日もとばしていこうぜ!!」──<LUNATIC FEST. 2018>の2日目となる6月24日、朝イチの幕張メッセに響…

野村萬斎と大泉洋がバディに!三谷幸喜脚本×アガサ・クリスティー原作ドラマ放送

三谷幸喜脚本、アガサ・クリスティー原作のスペシャルドラマ「黒井戸殺し」がフジテレビで4月に放送されることがわかった。狂言師・野村萬斎が主演を務める。ドラマ「黒井戸殺し」に出演する野村萬斎(右)と大泉洋(左)。すべての写真を見る(全2枚)本作は、クリスティーが1926年に発表した推理小説「アクロイド殺し」を日本で初めて映像化するもの。三谷がクリスティー原作の作品で脚本を担当するのは、2015年放送の…

映像化の歴史がまた1ページ 「銀河英雄伝説」3部作で実写映像化!

田中芳樹さんのSF小説『銀河英雄伝説』が、中国の映像制作会社「稼軒環球映画会社」により3部作の実写映像化が公式サイトで発表されました。第1作の公開は2020年を予定しています。
銀河英雄伝説が実写映像化(画像は銀河英雄伝説公式ポータルサイトから)
 未来の銀河系を舞台に、専制君主制の「銀河帝国」と民主共和制を掲げる「自由惑星同盟」、銀河帝国の自治領ながら経済国家として両陣営に関わる「フェザーン自治…