前川清「広島駅前でアホ、と言われた」西城さん追悼

eF

西城秀樹さんを悼んだ前川清(撮影・上岡豊) 歌手の前川清(69)が18日、都内で6月7日放送のBS11「あなたが出会った昭和の名曲」(午後6時59分)の収録に臨み、急死した歌手西城秀樹さんを追悼した。 前川は西城さんとの出会いについて、西城さんがデビュー前、広島にいる頃、「コンサートで広島に行ったときに駅前で『アホなやつだ』って言われたことがあるんだけど、それが秀樹だったんです」と、明かした。前川

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

ゲスの極み乙女。、2年3ヶ月ぶりSG「戦ってしまうよ」MVフルver.公開

ゲスの極み乙女。が2018年1月24日(水)に発売する2年3ヶ月ぶりとなる5thシングル「戦ってしまうよ」より、表題曲のミュージックビデオのフルバージョンが公開された。

◆「戦ってしまうよ」MV(フルver.)

「猟奇的なキスを私にして」でもタッグを組んだ田辺秀伸監督が手がけた今作のビデオは、赤い壁・障子窓・畳が配された和室に、楽器・レコード・ピザ・ネオンの照明といった小道具がちりばめられた奇…

NHK桑子アナ、平昌五輪開会式を「閉会式」と言い間違い…

9日にNHKが放送した平昌五輪開会式の生中継で、実況を務めた桑子真帆アナウンサー(30)が「閉会式」と言い間違えるハプニングがあった。中継では、開会式の模様を生中継。日本選手団の入場行進や2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリストの金ヨナさん(27)が最終ランナーを務めた聖火の点火などを伝えた。
 桑子アナは順調に実況を務めていたものの、放送終了間際に「きょうの“閉会式”を通じて…

私は、暴力にしか欲情できない……23歳、処女、恋愛経験なし。性的嗜好がこじれまくった私が恋に落ちたのは――

『実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。』(ペス山ポピー/新潮社)
 ここ数年、作者自身の壮絶な実体験を描いているコミックエッセイが人気を集めている。その理由のひとつは、読者に「未知の世界を見せてくれるから」だろう。決して作者である自分を守ろうとも、良く見せようともせず、ただただ実際にあった出来事を丁寧に描く。それはともすれば自身を傷つけることにもなりかねない。けれど、彼らは臆することな…

たけし苦笑、軍団 vs 森社長で「俺、部外者に」

ビートたけし(C)ORICON NewS inc.

 お笑いタレント・映画監督のビートたけし(71)が7日、レギュラーを務めるTBS系『新・情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に生出演。自身が立ち上げた芸能事務所「オフィス北野」を退社し、今月から新事務所「T.Nゴン」に移籍した“独立騒動”について、現状、たけし軍団とオフィス北野の森昌行社長との“騒動”に発展したことに「俺…

CMで“あの曲”のアレンジを土屋太鳳が歌う!? 『爽健美茶』ブランドから『爽健美水』新発売

コカコーラシステムのブレンド茶『爽健美茶』といえば、「ハトムギ、玄米、月見草~♪」というCMソングでおなじみですが、2018年6月25日より新たに『爽健美水』がラインナップ。お茶のブランドが「水」を投入したというところを含めて注目されます。

12種類の植物素材をブレンドしている『爽健美茶』同様に、カフェインゼロで食品表示基準で定められているアレルギー特定原材料27品目不使用と、健康に配慮している…