【レスリング】「もう警視庁に練習に来ないでほしい」という話をしたが、伊調選手は部外者のため問題ない・・・調査報告書

eF

1 名前:あずささん ★>:2018/04/07(土) 06:41:11.16 ID:CAP_USER9.net

日本レスリング協会は6日、調査を委託した第三者の弁護士3人による報告書を公表した。概要は次の通り。

<パワハラと認定した事実>

▽2010年2月の合宿で、女子強化委員長だった栄氏は東京へ練習拠点を移した伊調選手を部屋に呼び、「よく俺の前でレスリングできるな」と言った。弟子が離れていったことに対する逆恨みにも似た心情としか解釈できない。

▽伊調選手は、10年アジア大会(中国・広州)の選考基準を満たしたが、別の選手が代表になった。協会は伊調選手に十分な説明も行っておらず、伊調選手も納得していない。選考過程が不明確で、伊調選手を選考から排斥する行為と解釈すべきだ。

▽10年9月の世界選手権(モスクワ)の際、宿泊先で、栄氏が男子フリースタイルのコーチだった田南部氏に「伊調選手の指導をするな」と言った。栄氏は女子フリースタイルを統括する指導者として実績を重ね、男子チームに対しても事実上の影響力を持つ立場にあった。栄氏の優位な立場を背景としており、不適切な発言。

▽15年2月に行われた男女合同合宿中、協会の指示で別のコーチと2人で京都に指導に出向いた田南部氏に対し、栄氏が外出を叱責。さらに伊調選手の指導に話を移し、「目障りだ。出て行け」と罵倒した。栄氏は別のコーチには何も言わなかった。

<パワハラと認定しなかった事実>

▽16年8月のリオデジャネイロ五輪で、伊調選手は、他の2選手が栄氏と、別の飛行機のビジネスクラスでリオデジャネイロに向かったと聞いた。伊調選手は、自費でプレミアムエコノミーに変更したに過ぎず、パワハラは認められない。

▽警視庁レスリングクラブで田南部氏の指導が伊調選手に集中しすぎているという不満を耳にした同クラブの監督が、伊調選手の所属先に「もう警視庁に練習に来ないでほしい」という話をした。伊調選手は部外者のため、問題ない。

▽16年9月に東京五輪に向けた強化体制として、栄氏が引き続き強化本部長となったが、田南部氏は男子コーチから外れた。コーチは再任されるものではなく、コーチ陣全体のバランスや構成、相性などを総合して選定するため、栄氏のパワハラとは言えない。

<提言>

▽栄氏の倫理規定違反が認められることから、協会は、適切な処分を検討すべきだ。

▽協会の公益通報窓口は、登録選手や理事、コーチらには適用されない。制度を利用できるようにすべきだ。

▽選手とコーチの間にきめ細かでかつ柔軟なルールを作ることが望まれる。

▽協会役員について、レスリングと異なる分野の有識者を増員し、議論を活性化させることが望ましい。

ソース/YAHOO!ニュース(毎日新聞社)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000122-mai-spo



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523050871

続きを読む

ǂ

-未分類

MҁF


関連記事

『東京ラブストーリー』14年ぶり7回目の再放送 鈴木保奈美&織田裕二で大ヒット

14日から再放送される『東京ラブストーリー』 (左から)鈴木保奈美、織田裕二 (C)フジテレビ

 女優の鈴木保奈美主演、織田裕二が出演し大ヒットしたフジテレビ系連続ドラマ『東京ラブストーリー』(1991年1月期)が、14日から28日にかけて『メディアミックスα』枠(月~金 後3:50※関東ローカル)で再放送さることがわかった。2004年9月24日から10月8日以来、14年ぶり7回目の再放送とな…

ロットン主催「ポルノ超特急」にSiM、キュウソ、ヤバTら

12月23、24日に京都・京都パルスプラザで開催されるROTTENGRAFFTY主催のライブイベント「ポルノ超特急」の第2弾出演アーティストが発表された。ROTTENGRAFFTY今回ラインナップに加わったのはSUPER BEAVER、ヤバイTシャツ屋さん、9sari group、Crystal Lake、四星球、POT、キュウソネコカミ、Crossfaith、G-FREAK FACTORY、Si…

オリックス安達 声優オファーに感激「即やりたい」

声優に挑戦するオリックス安達 パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング株式会社は21日、8月1日公開のディズニー・ピクサー映画「インクレディブル・ファミリー」にパ・リーグ各球団から6選手(日本ハム中田、楽天高梨、西武山川、ロッテ鈴木、オリックス安達、ソフトバンク柳田)が一言声優として映画に登場することを発表した。 オリックス安達了一内野手(30)は元々、ディズニー・ピクサー映画の大ファン…

【速報】京王線 明大前~代田橋駅間で人身事故発生!現場の声がこちら「ブルーシート被せられてる」「新宿駅が人多すぎカオス」「警察が検証中」

続きを読む

【芸能コラム】DVD発売に海外公開、長尺版の製作…。今なお広がり続ける作品の魅力 『この世界の片隅に』

(C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
 昨年11月に公開されるや、口コミで評判を呼び、興行収入26億円を超す大ヒットとなったアニメーション映画『この世界の片隅に』。戦時中の広島を舞台に、平凡な女性すず(声:のん)の日常を通じて、戦時下を生きる人々の姿を情感豊かに描いた本作は、キネマ旬報ベスト・テンで日本映画第1位に輝くなど、2016年を代表する日本映画となった。
 公開から間