Netflixドラマ「13の理由」原作者、セクハラで児童文学作家協会から追放

投稿日:

Netflixオリジナルドラマ「13の理由」もっと画像を見る昨年、Netflixで配信されて大ヒットとなったセレーナ・ゴメス製作総指揮の「13の理由」。このドラマの原作で2007年に出版された同名小説の著書ジェイ・アッシャーが、セクハラ疑惑により「The Society of Children’s Book Writers and Illustrators」(「児童文学作家・イラストレーター協会」

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

米国、債務上限復活しても「AAA」維持できる=ムーディーズ – ロイター

米国、債務上限復活しても「AAA」維持できる=ムーディーズ
ロイター
ムーディーズのアナリストはリポートで「上限引き上げの断続的な行き詰まりは、同国の債務管理に関してクレジットネガティブを示す性質となるが、その一方で、いままで格付けには影響を及ぼしていない」と述べた。ムーディーズと同じく、フィッチ・レーティングスもAAAを付与して …

and more »

“最も醜い整形顔”ジョセリン・ウィルデンシュタインさん逮捕される

美容整形手術を繰り返せば繰り返すほど、「キレイになった」という褒め言葉からは遠のいてしまう。しかしソーシャライトとして今なお数多くの社交場に現れる。そんな不思議な女性が“最も醜い整形顔”として知られるジョセリン・ウィルデンシュタインさんである。イケメンな彼氏との交際はもう何年にもなっていたが、どうやらこの2人が大喧嘩を繰り広げ、警察に揃って連行されてしまったようだ。
ジョセリン・ウィルデンシュタイ…

海原やすよ動脈瘤手術へ 緊急入院…くも膜下出血の危険

動脈瘤手術のため入院した海原やすよ(左)

 姉妹漫才コンビ「海原やすよ ともこ」の妹やすよ(41)が脳の動脈瘤(りゅう)手術のため26日、大阪市内の病院に入院した。 所属事務所によると、11月下旬頃から頭痛を訴え、血圧も高い状態が続いたためこの日、大阪市内の病院で頭部のMRI検査を受けたところ動脈瘤が見つかった。くも膜下出血になる可能性があるため手術することになった。 数日中に「脳動脈クリッピン

「HKT48」の「チームTII」と4期研究生による「手をつなぎながら」公演がスタート!

  「HKT48」の「手をつなぎながら」公演が21日、福岡・西鉄ホールで初日を迎えた。
  同公演は、今年3月に発足した「チームTⅡ」と7月にデビューしたばかりの4期研究生の計20人が混合となり、毎公演16人で出演メンバーを構成。
  「手をつなぎながら」公演は、「HKT48」が公演デビューした2011年11月26日から2013年2月17日まで行ってきた“HKT48劇場公演の原点”とも言える思

キネマ旬報で高畑勲の追悼特集、安彦良和や富野由悠季がインタビュー出演

発売中のキネマ旬報6月上旬特別号(キネマ旬報社)にて、高畑勲の追悼特集が展開されている。キネマ旬報 2018年6月上旬特別号(追悼・高畑勲) No.1780「『太陽の王子 ホルスの大冒険』から『かぐや姫の物語』まで」と題し、4月に82歳で亡くなった高畑の監督人生をデビュー作から遺作までを振り返る同特集。インタビューにはスタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫をはじめ、「パンダコパンダ」などで作画監…


横山恋愛アカデミー WL-A170