「#Metoo」「ブラック・ライブズ・マター」を活かせなかったグラミー賞が寒かったワケ

投稿日:

批評家からは圧倒的に支持されていたケンドリックだが、主要部門ではまるで勝てず  1月28日に行われた「第60回グラミー賞」の授賞式。年間最優秀アルバム、年間最優秀レコード、年間最優秀楽曲とブルーノ・マーズが主要部門を制覇した。しかし、この結果が波紋を呼んでいる。 ◆女性アーティストがパフォーマンスを拒否  そもそも、今年のグラミー賞は授賞式の前からケチがついていた。年間最優秀アルバムにノミネー

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

ワンオクが世界初の「着る試聴会」開催 ジャケット開発は落合陽一

1月11日(水)にリリースされるロックバンド・ONE OK ROCK(ワンオク)の新アルバム『Ambitions』のリリースを記念し、全身で音楽を体験できるジャケット「WEARABLE ONE OK ROCK」が開発された。
ギア開発/音響デザインをメディアアーティストの落合陽一さんが担当。20個もの音響装置が配置され、身体を震わせる新しい音楽体験が実現されるという。
東京・タワーレコード渋谷店8

【NHK あさイチ】ユースケ・サンタマリアが井ノ原に代わり「新司会者」発言をした結果・・ジャニオタブチギレで大炎上wwwww

続きを読む

『サザエさん』波平の行動が思いもよらない展開に 城山昇脚本回に「伏線が効いていて面白い」「テクニカルな脚本」

フジテレビ「サザエさん」公式サイトより。
 5月27日放送の『サザエさん』(フジテレビ系)は、長年本作の脚本を手がけている大ベテラン・城山昇氏のテクニックが光るエピソードが放送され話題を集めた。ネットの声とともに内容を紹介していこう。
 話題になったのは作品No.7791の「父さん危機一髪」(脚本:城山昇)。ある日のこと、帰宅中の波平はいつもより異様に混んでいるバス停を目撃する。どうやら事故で通行…

no image

語っていいとも! 第53回ゲスト・駿河太郎「『やっぱ半分、鶴瓶やな』って…“黒鶴瓶”を完全に受け継いでるらしくて(笑)」

NHK朝ドラ『カーネーション』から注目され、個性派バイプレイヤー俳優として活躍する駿河太郎さん

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。
第53回のゲストで俳優の林遣都からご紹介いただいたのは俳優の駿河太郎さん。
バンド活動を経て、30歳で俳優転向。11年のNHK朝ドラ『カーネーション』でヒロイン・糸子の夫役に抜擢、注目されると、ドラマ・…

任天堂Switchは最高のゲーム機だ―タイトル数が少ないのが問題にならない理由

任天堂のSwitchはソフトウェアに関する限り、製品として成立する最小限という感じだ。起動したとき表示される画面は実際のソフトというよりモックアップのように見える。大きな空白の四角は将来追加されるソフトウェアのためのダミーのようだ。ユーザーが新しいゲームをダウンロードまたはカートリッジで入手するとこの四角に表示される。しかしゲームタイトルは現在懸命に作成中らしい。オンライン・ストアに飛んでみても事