テレビ、単なる家具に…「放送時間にテレビの前に座る」習慣の消滅

投稿日:

昨年11月、インターネットテレビ局「AbemaTV」で放送された『72時間ホンネテレビ』の視聴数が7400万人超に上ったことは記憶に新しい。元SMAPのメンバーが出演していたとはいえ、これは驚異的な数字であり、世間でも大きな話題となった。  インターネットの映像コンテンツはAbemaTVのほかにも「TVer」「Amazonプライム・ビデオ」などがあり、これらも利用者を増やしている。  一方、地上波

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

【育児あるあるマンガ】なぜか期間限定

子どものとらえ方って不思議。

マンガ:齊藤 恵

エレカシ、「27時間テレビ」ドラマの主題歌を書き下ろし! 「“どーん”と生きてゆきたいという思いを…」

エレファントカシマシ(c)フジテレビもっと画像を見る今年で31年目を迎える「FNS27時間テレビ」は、“にほんのれきし”をテーマに展開。この度、番組の中でもより注目を集める時代劇ドラマ3作品の主題歌が、人気ロックバンド「エレファントカシマシ」が書き下ろした新曲「RESTART」に決定したことが分かった。今回番組で放送されるドラマは、本格時代劇ながら現代語を用いて新たな視点で描いた「新感覚時代劇」。

テリー伊藤「たち悪い」松居の船越NHK降板扇動に

テリー伊藤(2016年9月7日撮影) タレントの松居一代(60)がNHK「ごごナマ」でMCを務める離婚調停中の夫で俳優の船越英一郎(56)を降板させようと自身のファンを扇動している行為に、テリー伊藤(67)が「たちが悪い」と批判した。
 松居は連日SNSで自身の主張を続けているが、テリーは20日放送のTBS系「ビビット」で、「もう彼女、正直言って次の一手はないね」と推測。「今まではどっちかって言う

ベン・アフレック「バットマン」単独映画の監督から降板

ベン・アフレックが、米ワーナー・ブラザースの新作「ザ・バットマン(仮題)」の監督から降板することを発表した。引き続き製作・主演は務めるという。
昨年の大ヒット作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でバットマンことブルース・ウェインを演じたアフレックは、同キャラクターを主人公にした単独映画の準備に取りかかっていたが、1月31日(現地時間)に声明を発表。「数億人の心の中で特別な場所を

ラオウがわかれば稀勢の里がわかる! 横綱と『北斗の拳』の関係とは?

稀勢の里が横綱になった記念の化粧まわしに描く刺繍の絵に『北斗の拳』を選んだ――それもケンシロウではなくラオウを選んだ。それは、653万部時代の「週刊少年ジャンプ」編集長であり、『北斗の拳』の担当編集者であった堀江信彦氏(「月刊コミックゼノン」を編集するコアミックス代表取締役)と以前から親交があり、堀江氏が「横綱になったら化粧まわしを作るよ」と約束していたからだった。このエピソードは、テレビやスポー


横山恋愛アカデミー WL-A170