宮迫博之、水木一郎に“告白”「うれしすぎて心臓がバクバク」

投稿日:

お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が13日、ゲスト声優を務めたアニメ映画「劇場版マジンガーZ/INFINITY」(志水淳児監督)の初日舞台あいさつを東京都内で行った。オープニングテーマを担当した歌手、水木一郎(70)に「アニキに憧れていました。うれしすぎて心臓がバクバクしてます。泣きそうです」と“告白”。 「Zポーズ」で会場を盛り上げた前列左から宮迫博之、水木一郎、永井豪、森久保祥

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

【衝撃】欅坂46、10月25日発売シングルのセンターはこいつかよwwwwwwwwwwww

「レースクイーン大賞」グランプリ・清瀬まち、輝くビキニ姿を堂々披露

『日本レースクイーン大賞2016』グランプリの清瀬まち(C)栗山秀作/週刊プレイボーイ

 「日本レースクイーン大賞2016」グランプリに輝いた清瀬まち(26)が、19日発売の『週刊プレイボーイ』27号(集英社)に登場。女王らしく輝くビキニ姿を堂々と披露した。
【写真】くびれがキュッ!レースクイーンの頂点に輝いた清瀬まち
 レースクイーンになって4年目の清瀬は、元々雑誌でエヴァンゲリオン レーシン

松坂桃李、舞台「娼年」が映画化!三浦監督とタッグ

娼夫役で主演する松坂桃李 松坂桃李(29)が男性版娼婦(=娼夫)を演じ、舞台上での激しいセックスシーンが話題となった舞台「娼年」が、装い新たに映画化されることが16日、分かった。 乱交パーティーをテーマに激しいセックスシーンが話題を呼んだ映画「愛の渦」などで知られる三浦大輔監督と舞台に続いてタッグを組み、映画「娼年」として来春に公開される。 原作は直木賞候補にもなった石田衣良氏の同名小説。何事にも…

【京急本線11/20】杉田駅で人身事故発生!現地Twitter声「とんでもない音がなった焦った」「ゾッとした・・・」

続きを読む

「週刊文春」編集長がベッキーに同情!? 「何でここまで叩かれるんだろう」

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。新刊本『「週刊文春」編集長の仕事術』を出版した「週刊文春」編集長の新谷学さんが登場! 数々のスクープで週刊誌のトップを走る「週刊文春」編集長の仕事論、コミュニケーション術、さらには情報の見極め方など4回にわたりお話を伺います。

2回目となる5月


横山恋愛アカデミー WL-A170



×
ケアプロスト