吉永小百合 サプライズ唱 120作目への思い美声で 岸部一徳と主題歌デュエット

投稿日:

主題歌「花、闌(たけなわ)の時」を歌う(左から)吉永小百合、小椋佳、岸部一徳=東京国際フォーラム(撮影・棚橋慶太)  女優・吉永小百合(72)が4日、東京国際フォーラムで行われた120作目の出演映画「北の桜守」(3月10日公開)の完成披露試写会で、主題歌「花、闌(たけなわ)の時」を共演の岸部一徳(70)とデュエットした。吉永にとって、2012年10月の「北のカナリアたち」完成披露イベント以来とな

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

みなさんもローザに会いに来ませんか

【川田一美津の何を今さら】女優の五大路子さんのひとり芝居「横浜ローザ」をご存じだろうか。フリルのドレスに歌舞伎役者のような白塗りの顔、横浜の街にいつまでも立ち続けた「ハマのメリーさん」。その実在した娼婦の波乱に満ちた生涯をドラマチックに描いた舞台だ。横浜生まれの五大さんが、20数年前、偶然、港近くの通りで彼女を見かけた。その瞬間、「あなたは私の生き方をどう思うの」といきなり胸ぐらをつかまれたような

no image

奈良の秘境《十津川村》へトリップ✨その5

十津川村でのライブをレポート✨みなさんこんにちは!

モアハピ部431.うたうゆきこ こと、シンガーソングライターの梶有紀子です。

前回に引き続き、、、十津川村でのライブについてまずはご紹介!

の前に、、、ライブ後に満足そうに手湯を体験するわたしから、、、!笑
この日はポカポカの陽気ではありましたが、やっぱり温泉は気持ちいいー!
この後二日間で4回入ることになりますが。笑

まずは今回ご一緒に…

【R-1ぐらんぷり2018】OL兼業芸人、盲目漫談家…新星たちの躍動に期待

(左から)濱田祐太郎、カニササレアヤコ(C)ORICON NewS inc.

 “ひとり芸日本一”を決定する『R-1ぐらんぷり2018』の準決勝が12日、東京・ニッショーホールで開催された。決勝に駒を勧めたのは、カニササレアヤコ(24)、河邑ミク(23)、霜降り明星・粗品(25)、濱田祐太郎(28)、おいでやす小田(39)、おぐ(41)、ルシファー吉岡(38)、チョコレートプラネット長田(38)…

TAKUROが語る、”胸の内の炎を音にした”ソロアルバム制作への思い

GLAYでのデビューから22年にして、TAKUROが遂にソロアルバム『Journey without a map』をリリースする。メロディアスなギターを想像したが、良い意味でその想像は裏切られた。内容は、ジャズ、ブルースのギター・アルバムだが、TAKURO曰く、胸の内の炎を音にしたという。このアルバムを作るまでの胸の内を語ってもらった。
―ソロアルバムの制作はいつ頃から考えていたんですか?アルバム

満島ひかり、離婚を報告「バツイチになりました」

女優の満島ひかりが30日、フジテレビ「ボクらの時代」(日曜、前7時)に、シンガーソングライターのChara、音楽ユニット・EGO-WRAPPINの中納良恵と出演。「バツイチになりました」と自身の離婚をひと言で報告した。 満島は主演映画「川の底からこんにちは」の石井裕也監督と2010年10月25日に電撃入籍し、翌日に発表。約5年の結婚生活を経て今年年明けに極秘離婚していた。 番組では結婚観などにつ

×
ケアプロスト