【スッキリ】加藤浩次、五輪マスコット「ウ」案は「どっかでみたことあるぜ?」

投稿日:

1 名前:ストラト ★>:2017/12/08(金) 09:45:41.55 ID:CAP_USER9.net

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が8日、日本テレビ系「スッキリ」で、7日に発表された東京オリンピック、パラリンピックマスコット3案について、個人的には「イ」がいいと発言。
「ウ」に関しては「どっかでみたことあるぜ?」と首を傾げた。

番組ではついに発表された東京五輪、パラリンピックのマスコット3案を紹介。
市松模様を前面に押し出した近未来的な「ア」、招き猫や神社のキツネ、狛犬をモデルにした「イ」、日本古来の勾玉や水引をデザインしたキツネとタヌキをモデルにした「ウ」と、それぞれ違ったイメージのキャラクターが候補に挙がったが、番組では都内の小学校でひとあし早く投票を行い、その結果、断トツで「ウ」に投票する子が多かったことも報じた。

これを受け、スタジオでもどれがいいかを意見。
加藤は「ぼくはこの中でみるとイ」と発言した。
その理由について「三次元、着ぐるみになったとき、一番動きやすいと思う」と、スッキリしたスタイルを高評価。
「動きやすくて、中日ドラゴンズのキャラクターいるじゃない?ドアラ?あれみたいにバンバンバク転したり、ダンク決めたりとか、動けるキャラクターになってほしいのよ」と、スポーツの祭典らしく、機敏に動けることが必要と訴え、子ども達に人気の「ウ」については「かわいいけど、着ぐるみになったとき、目もあてられないぜ?全然動けないもん」と却下した。

だが本上まなみは「ウ」をプッシュ。
「ホテホテホテ(と歩いて)、そのギャップを楽しみたい。オリンピックの素晴らしいアスリートとの…」というと、加藤は容赦なく「ウはどっかで見たことあるぜ?」とバッサリ。
本上も「なんとかウォッチ的な?」と苦笑すると、加藤も「そっくりなのあるし、タヌキの方はカードになってるし」と既視感を訴えていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000040-dal-ent

東京2020大会マスコット最終候補
http://pbs.twimg.com/media/DQe6fvHV4AA18cb.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512693941

続きを読む

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

CAPTAIN HEDGE HOG、FEVERでワンマン

CAPTAIN HEDGE HOGが12月17日に東京・新代田FEVERにてワンマンライブ「PENGUIN CLUB」を開催する。

「ヴィクトリアズ・シークレット ファッションショー」モデルプレスが上海より現地取材 速報レポートをお届け

【ヴィクトリアズ・シークレット/モデルプレス=11月17日】日本最大級の女性向けエンタメ&ライフスタイルニュースサイト「モデルプレス」は、11月20日に中国・上海にて開催される人気ランジェリーブランド「Victoria’s secret(ヴィクトリアズ・シークレット)」主催のファッションショー「Victoria’s Secret Fashion Show 2017」の現地取材を敢行。コラボサイトも…

グリーが北米でアニメゲーム配信、新たなオタク市場開拓へ

米国でアニメ配信サービスを展開する「クランチロール」がゲーム事業を開始した。同社は3月30日に「クランチロール・ゲームズ(Crunchyroll Games)」を始動し、ゲームの配信も始めた。その1作目となるのが日本では”ダンメモ”としておなじみの「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~」の北米版「Memoria Freese」だ。このゲームはライトノベルから人気…

バカリズムがOLに 臼田あさ美、夏帆らと並ぶも「違和感ない」「馴染んでる」

4月より放送される新ドラマ『架空OL日記』。お笑い芸人・バカリズムの同名小説が原作の同作、本人が脚本はもちろん“架空のOL”升野英知として出演することで注目が集まっている。すでに彼のInstagramには4人の女優と共にOLになりきった姿が公開されており、「違和感ない」と好評のようだ。

バカリズムは9日、自身のInstagramを更新。4月から読売テレビで放送開始されるドラマ『架空OL日記』で披

『今夜、ロマンス劇場で』が「泣ける」と話題! …だけじゃない映画愛

女優・綾瀬はるか(32)が主演を務め、俳優・坂口健太郎(26)と共演した映画『今夜、ロマンス劇場で』のモニター試写会が、2月10日の公開日に先行してこのほど行われた。試写会には女性200人が参加。9割以上が満足度90点以上と回答、多くの人が涙したという。

本作は、『のだめカンタービレ』『テルマエ・ロマエ』シリーズなどで知られる武内英樹監督が、『信長協奏曲』の宇山佳佑氏によるオリジナル脚本を実写化…