「全員死刑」監督・小林勇貴を白石和彌と白石晃士が絶賛

投稿日:

「全員死刑」のトークイベントが11月14日に東京都内で行われ、監督の小林勇貴、ゲストの白石和彌、洋泉社の編集者・田野辺尚人が登壇した。左から白石晃士、小林勇貴、白石和彌。すべての写真を見る(全4枚) 本作は、被告である一家4名全員に死刑判決が下った強盗殺人死体遺棄事件と、同事件について書かれた書籍をもとにしたもの。間宮祥太朗が加害者一家の次男・タカノリを演じた。イベントは、11月17日に発売される

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

安室奈美恵引退報道でユッキーナのインスタ「泣き動画」大炎上→衝撃の理由が発覚wwww

続きを読む

青木さやか くわばたりえに強烈皮肉…「大声」「やかましい」

お笑いタレントの青木さやか

 お笑いタレントの青木さやか(44)が12日、日本テレビ系「踊る!さんま御殿!」に出演し、共演したクワバタオハラのくわばたりえ(41)に、「大声」「やかましい」などとたっぷりと皮肉った。 青木は2012年に離婚しており、自身の発言の冒頭でそのことに触れ、「私も未熟なところがあったと思う」と自戒した上で「既婚者の方に思うところがある」とくわばたへの皮肉を始めた。 「長く…

中西哲生氏ダウン 過労と脱水

永野芽郁「半分、青い」思い出にディスコ20・6%

連続テレビ小説「半分、青い。」に出演する永野芽郁。(C)NHK 女優永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(午前8時)18日放送第41話の平均視聴率が20・6%、19日放送の第42話が19・8%(ともに関東地区)だったことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高視聴率は初回放送の21・8%。 同ドラマは、岐阜県や東京が舞台で子供の頃に左耳を失聴した鈴…

【TV視てますか?】真木よう子主役の「セシルのもくろみ」、リリー・フランキー出演でこりゃ絶対何かある!?

仏映画の大女優ジャンヌ・モローが亡くなった。「ヌーベルバーグ」という語感そのままの風貌と知性の持ち主。“新しい波”の記念碑的作品とされる『死刑台のエレベーター』(1957年)を名画座で見たのが最初の出会いだった。
 一方、そのヌーベルバーグ派の監督たちがこぞって絶賛した米英合作の映画が、同じ57年に製作されている。17歳の少女セシルがコートダジュールの別荘で過ごす一夏を描いたフランソワーズ・サガン