難民青年を受け入れた家族の騒動描くコメディ「はじめてのおもてなし」

投稿日:

ドイツ映画「はじめてのおもてなし」が、2018年1月から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。「はじめてのおもてなし」すべての写真を見る(全7枚) 本作は、難民の青年を迎え入れたドイツ人一家を描くヒューマンコメディ。ミュンヘンの閑静な住宅街で暮らすハートマン家は、母アンゲリカの提案でナイジェリアから来た難民の青年ディアロを住まわせることに。一家は彼をもてなすために張り切るが、ちょっとした

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

ビッグダディ四女 離れて暮らす父親に写真で親孝行…「寂しがり屋の清志さんに」

ビッグダディこと林下清志氏

 ビッグダディことタレント・林下清志の四女のよしみさんが5日、ダディのブログをのっとって更新。沖縄に離れて暮らす父親に近況を知らせるために写真を多数掲載し、「寂しがり屋の清志さんにも娘たちの楽しそうな写真をおすそ分け」と親孝行した。 よしみさんはダディについて「清志さんは最近さみしいのか猫を飼い始め、めちゃくちゃゾッコンみたいです」と父親の近況を記した。続けて、かねて…

no image

【ネタばれ】『ウォーキング・デッド』ノーマン・リーダス、”あの人の死”に「絶望的なほどみじめな気持ち」

シーズン8後半の放送が来月よりスタートする大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。本作でダリル・ディクソンを演じるノーマン・リーダスは、劇中のある登場人物が命を落とすことに強く衝撃を受けている。本人のコメントを米Entertainment Weeklyが伝えている。
(以下は、『ウォーキング・デッド』シーズン8第8話のネタばれを含む上、第9話以降の展開を示唆する内容ですのでご注意…

荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」でやせた 初CDシングル化

歌手の荻野目洋子(49)が23日、都内でシングル「ダンシング・ヒーロー ジ・アーカイブス」の発売記念イベントを行った。

「ダンシング・ヒーロー」を披露する荻野目洋子(中央)

 大阪府立登美丘高校ダンス部の「バブリーダンス」で「ダンシング・ヒーロー」が注目を集めているが、同曲がCDシングル化されるのは意外にも初めて。この日は話題の振り付けを交え、2000人の前で熱唱。最近は音楽番組などに引っ張…

森高千里「ミニスカがんばります」にたかみな大興奮

森高千里(2015年3月9日) 歌手デビュー30周年を迎えた森高千里(48)が、10月に開催するコンサートに向け「ミニスカ、がんばります」と意気込みを語った。
 森高は21日放送のTOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」にゲスト出演。今秋開催のコンサートについて告知した。
 「TOMORROW NEVER KNOWS」と題した今回のコンサートでは、1991年に開催した「ザ・森高」ツア

歌手のyui 8月に離婚していた

×
ケアプロスト