【埼京線】台風21号の影響で赤羽駅がカオス状態!地獄絵図光景がこちら(現地画像)「人の行列がヤバい」の声

投稿日:

#埼京線 #赤羽駅
ホーム入場規制中 
続きを読む

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

岡田麿里が描く“学校”ではないファンタジー、時間という残酷な現実 アニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」の脚本で知られる岡田麿里の初監督作「さよならの朝に約束の花をかざろう」が公開された。
ポスター
 少年・少女たちの青春のすがすがしさ、そして苦しみを描いた2作がそれぞれドラマ化・映画化と多方面のメディア展開がされたことは記憶に新しい。またそれを機としてか「暗黒女子」「先生!、、、好きになってもいいですか?」といった実写映画の…

マライア婚約者がイケメンダンサーに嫉妬で破局か

マライア・キャリー 婚約者のビリオネア実業家ジェームズ・パッカー氏(49)と破局したと報じられているマライア・キャリー(46)だが、パッカー氏が、マライアとバックダンサーで振付師のブライアン・タナカの関係を疑い、嫉妬に狂っていたとの報道が浮上した。
関係者らが米情報サイトTMZに明かしたところによると、マライアは今年5月の南アフリカ公演で、この日はケガのため出演していなかったタナカをステージに招き

高島礼子が女性納棺師役、弟子役に長渕剛の長女文音

左から「2VOICE」の叶央介、原順子、高島礼子、文音(撮影・松浦隆司) 女優高島礼子(53)、文音(29)が8日、大阪市内で映画「おみおくり」(伊藤秀裕監督、3月24日から順次公開)の取材会と完成披露試写会の舞台あいさつを行った。 女性版“おくりびと”とも言える女性納棺師を軸に描いた愛の物語。高島は愛する人と悲しい別れをした過去を背負う女性納棺師を演じた。役柄について「人を不幸にしてしまったとい…

わたくし貫く 野際さんの美学

知英、“JY”で紅白歌合戦出場に意欲「もっと頑張らなきゃ」

【知英/モデルプレス=10月15日】女優の知英が15日、都内でフォトブック「THE FIRST STAGE」(東京ニュース通信社)の発売記念イベントを行った。今年はJYとしてアーティスト活動も開始した知英は、年末のNHK紅白歌合戦出場に意欲を燃やした。(写真 : 知英、“JY”で紅白歌合戦出場に意欲「もっと頑張らなきゃ」(C)モデルプレス)【フォトギャラリー】知英、写真集「THE FIRST ST

×
ケアプロスト