『ひよっこ』、島谷と恋を存分に楽しむみね子 一方愛子はシェフ・省吾に一目ぼれ!?

投稿日:

『ひよっこ』第16週「アイアイ傘とノック」 (C)NHK<画像をもっとみる>  NHK連続テレビ小説『ひよっこ』。先週放送では、みね子(有村架純)の向島電機時代の仲間たちとの同窓会がすずふり亭で開かれた。優子(八木優希)は結婚することを告げ祝福される。時子(佐久間由衣)がみね子の部屋に転がりこみ、バー「月時計」で歓迎会を開くことになったが、そこで島谷(竹内涼真)はビートルズのチケットを譲った少女に

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

田中要次&羽田圭介&宮澤佐江が初のバス旅を語る

11月26日放送、テレビ東京『ローカル路線バス乗り継ぎの旅~特別編~』路線バスの旅は初挑戦の3人(左から)羽田圭介、宮澤佐江、田中要次(C)テレビ東京

 いつもは太川陽介&蛭子能収の2人に、毎回異なるマドンナ(女性ゲスト)を迎え、台本なし、仕込みなし、路線バスだけを乗り継いで3泊4日でゴールを目指すテレビ東京の人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』に特別編が登場。「テレ東→六本木3丁目移転プロ

ケイティクレバーは初の東上を無事に終えた/皐月賞

到着したケイティクレバー(撮影・柴田隆二) ケイティクレバー(牡、安田翔)は初めての関東圏への輸送を無事に終えた。 後藤厩務員は「輸送が大事だと思っていたけど、全然大丈夫だったので安心しました。切れ味のある馬たちにはかなわないので雨が降るのもいい。ここまで順調にきた」と胸を張った。…

月亭可朝さん、師匠への弔辞でキャバレー豪遊を謝罪…カメラに「捕まった時以来や」

月亭可朝さん

 カンカン帽で「嘆きのボイン」を歌った落語家の月亭可朝(本名・鈴木傑=すずき・まさる)さんが3月28日に急性肺線維症のため亡くなったことが9日、分かった。80歳。通夜、葬儀・告別式は故人の意思により密葬で営まれた。 可朝さんは80歳の誕生日翌日の3月11日に東京で落語会「可朝まつり」を予定していたが、体調不良のため中止に。落語会では「色道の達人」としての人生相談も計画し、可朝さんら…

コワモテ上司は大の“空港オタク”だった…! 読むと空港に行きたくなる『前略 雲の上より』

“空港オタク”として有名な竹内課長。
意識高い系若手社員の桐谷は、その哲学にいまいち同意できないが…。

否応なく、知識を叩き込まれる桐谷。日本各地の空港を巡る旅(出張)に出ることに。

中部国際空港でセグウェイ体験をすることになったり、

不覚にも、展望デッキから見る飛行機のド迫力に感動したり…

関西国際空港では、機内食がメニューとなっているレストランに興味津々。桐谷も空港オタクまっしぐら…か…

【悪魔払い女児死亡】「悪魔」「パワー」「封印」…法廷になじまない言葉飛び交うも空疎な応酬

法廷で繰り広げられた応酬はあまりに空疎だった。
 密室で何が起きたのか、どれほどの痛みを感じ、苦しんだのか。いくら問いかけても、城田麻雛弥ちゃんから答えは返ってこない。幼子の命が奪われた事の重大さについて、北爪順子被告は何を思っていたのか。反省の言葉を一度も聞けないまま、6日間の公判は終わった。
 証拠は乏しかった。判決を左右したのは5年間の沈黙を破り、麻雛弥ちゃんの母親が口にした証言。検察側は証…

×
ケアプロスト