週刊少年ジャンプ“黄金期”は作者同士、読者と戦いの日々だった

投稿日:

来年50周年を迎える週刊少年ジャンプ(集英社)の歴史を掲載作とともに振り返る「ジャンプ展」が、18日から東京・六本木ミュージアムで開催される。来年の春と夏を合わせて全3回開催予定で、今回は1968年(当時は月2回刊)の創刊から80年代を振り返るという。  記者の少年期は“ジャンプ黄金期”と重なる1980年代半ばから90年代。当時のジャンプ漫画が自身の人間形成に深く関わっているとまで思っており、展示

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

水森かおり 新曲の舞台は北海道支笏湖「今までと違う」と興奮

新曲「水に咲く花・支笏湖へ」を発売する水森かおり

 「ご当地ソングの女王」の異名を持つ歌手・水森かおり(44)が25日、26枚目となるシングルとして北海道千歳市の支笏湖が舞台の新曲「水に咲く花・支笏湖へ」(作詩・伊藤薫、作曲・弦哲也)を3月13日に発売することを発表した。北海道が舞台となるシングル表題曲のリリースは2004年の「釧路湿原」以来14年ぶりとなる。 作品は、恋にやぶれ1人で支笏湖を訪…

デスノートの死神リュークが踊る「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が公開! 無駄にクオリティ高すぎてヤベェェェエエ!!

日本のみならず、世界を席巻をしているピコ太郎の『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』。ビルボード全米100入りした「もっとも短い曲」としてギネス認定もされ、おそらく2016年の流行語大賞にもノミネート確実だろう。
そんなPPAPを漫画「デスノート」に登場する死神・リュークが踊る動画が、YouTubeに投稿され話題になっている。映像では、ピコ太郎の振り付けや腰つきなどを完璧に再現していて、驚き

「かみさまといっしょ」人の来ない神社で過ごす、神様のほのぼのした日常

くぼたまこが月刊コミックアライブ(KADOKAWA)で執筆した「かみさまといっしょ」の単行本が発売された。

小林麻耶「占いだけが友達」 アンジャッシュ渡部建を占う「めちゃくちゃモテる」

【小林麻耶/モデルプレス=6月5日】フリーアナウンサーの小林麻耶が4日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組「行列のできる法律相談所」(毎週日曜よる9時~)に出演。ハマっているという占いについて熱弁をふるい、占いに興味がないという日本テレビの徳島えりかアナウンサーとバトルを繰り広げた。(写真 : 小林麻耶 (C)モデルプレス)【さらに写真を見る】小林麻耶、スラリ美脚を披露◆「占いだけが友達でした」

武豊またまた“不倫発覚”で「ハニートラップ説」完全消滅! さらなるスキャンダルの予感も……

競馬界のスター・武豊の不倫スキャンダルは、一昨年に続き「またまた」なのだが、妻の佐野量子が「怒りすぎるぐらいかなっていうぐらい、キチッと怒った」「その写真は絶対見ませんと主人と約束し、見ないでもうこれで解決、この話はなしというふうにしました」と収束させた。だが、もうひとつ“収まった”ものがある。それが、関係者間でささやかれていた「ハニートラップ説」だ。
 武は2015年10月、競馬番組に出演するタ…

×
ケアプロスト