H・ハートリー監督「ヘンリー・フール3部作」に日本語字幕を!クラウドファンディングで資金募集

投稿日:

米ニューヨーク・インディペンデント映画界の気鋭ハル・ハートリーが、第51回カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞受賞作「ヘンリー・フール」から始まる3部作のDVD&ブルーレイBOXセットに、日本語を含む5カ国語の字幕をつけるための費用を米クラウドファンディングのキックスターターで募っている。  「ヘンリー・フール3部作」は、1997年製作、99年に日本公開された「ヘンリー・フール」、日本未公開の続編「フェイ

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

no image

KMCとSTUTSの集大成『Let’s Break The Night Together』 振り返る二人三脚の歩み

人気トラックメーカーのSTUTSが前面プロデュースを手掛けたKMCのアルバム『Let’s Break The Night Together』。
「夜を使い果たして ft.PUNPEE」で大ブレイクしたSTUTSだが、これまでいつも傍らにKMCの存在があった。
今回は、KMCがSTUTSを見出したきっかけ、そしてこれまでの二人の功績などを振り返りながら『Let’s Break The Night T…

耳の聴こえない妊婦のもとに侵入者が――スリラー映画『インサイド』 “音”が失われる予告編解禁[ホラー通信]

わずかな音も聴き逃さない盲目最強老人と若輩強盗のバトルを描く『ドント・ブリーズ』が大ヒットし、音を立てたら“何か”に殺される『クワイエット・プレイス』が本国ではそれを上回るヒットを記録しています。(日本では2018年秋公開)そんな“音を立ててはいけない”スリラーが躍進中ですが、今度は“音が聞こえない”状況のなかで妊婦さんが恐怖と対峙するスリラー『インサイド』が日本公開であります。
<ストーリー>

須賀、学校の後輩・小関から“小バカ”にされる

俳優の須賀健太(23)、小関裕太(22)、山本涼介(22)らが10日、都内で行われた映画「ちょっとまて野球部!」(宝来忠昭監督)の完成披露イベントに登場した。高校野球部3バカトリオの日常をほのぼのと描いたコメディー。3人は実際も同じ高校に通っていたという。1学年先輩だった須賀は「1〜3年生全員でやるホームルームをみんなで受けていた」となつかしみ、撮影現場の雰囲気について「楽屋でも学校生活の延長だっ…

no image

横浜FMルーキー、大津祐樹と双子コーデ2ショット「これで僕もアナウンサーと結婚が…」

DF西山が公式ツイッターに大津との「双子コーデ」2ショット投稿も同僚が鋭いツッコミ 2018年にJ1横浜F・マリノスの下部組織からトップチームに昇格した18歳のルーキーが、先輩選手との2ショット写真を自身の公式ツイッターにアップし、「これで僕もアナウンサーと結婚ができるかも」と記すと、チームメイトから鋭いツッコミを受けて反響を呼んでいる。 ツイッターを更新したのは、今季34番を与えられた横浜FMの…

【レポート】久保田利伸、<RISING SUN ROCK FESTIVAL>で「この大地が生んだ大名曲です」

<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO>が8月11日および12日の2日間にわたり、石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催された。19回目にして初の連休開催となった同フェスは9年ぶりに入場券が全てSOLD OUTし、2日間計72,000人のEZO ROCKERが全国各地から集結。8月13日昼12時をもって2泊3日全50時間の開催期間を終了した。

◆久保田利

×
ケアプロスト