最強の評論家が語るオカルト界のウラ側「ガセ情報を見極める情報リテラシーも必要なんです」

投稿日:

最強のオカルト評論家・山口敏太郎氏 いよいよ夏直前! 夏に見たいものといえば、身も心もひんや~りする不思議なオカルト写真。 ということで、最強のオカルト評論家である山口敏太郎氏がオカルト界の「ウラ側」を語る! * * * ―近年のオカルト界と、昔のオカルト界の違いってあるんですか? 山口 20世紀後半と、現在のオカルト界の大きな違いは「多様性」ですね。昔は「ツチノコ」や「ネッシー」みたいな大きな

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

「Rの法則」のサイト公開停止、ツイートも全削除

TOKIOの山口達也(46歳)が、自宅で女子高生に無理やりキスをするなどの行為をしたとして、強制わいせつの疑いで書類送検されたことを受け、女子高生と出会うきっかけだったと報じられたNHKの番組「Rの法則」公式サイトが公開停止に。公式Twitterも、過去のツイートをすべて削除する対応を取っている。その他の大きな画像はこちら 「Rの法則」公式サイトは、4月25日に書類送検の一報が出た直後から繋がらな…

浪速のエリカ様、上沼恵美子を挑発ツイートは「炎上ではないですよ」

「浪速のエリカ様」こと上西小百合衆院議員(33)=無所属=が23日、フジテレビ系「バイキング」(月〜金曜前11・55)に出演。17日に更新したツイッターで、タレントの上沼恵美子(61)について言及したことに、タレント、加藤紗里(26)に直撃された。
 物議を醸すツイートに加藤から「炎上商法」と指摘された上西議員は、「炎上ではないですよ。私が炎上したり売名行為をして得なことはない」と否定した。加藤か

松尾貴史が1枚の紙を折って有名人に似せる「折り顔」がスゴい

9月3日放送の「日曜美術館」(NHK Eテレ)にゲスト出演した松尾貴史。84年から88年まで「キッチュ」の芸名でタレント活動をしていたが、89年に古舘プロジェクトに移籍してからは現在の芸名に改名。現在はタレントよりコメンテーターやナレーターの仕事のほうが目立っている。 この日の放送では今年で6回目を迎える「ヨコハマトリエンナーレ2017」を紹介。松尾はその中でもゴジラをモチーフにした作品や戦後の物

山口達也「強制キスの大波紋」(18)厚遇?サポート付き契約解除の中身とは

ジャニーズ事務所を「契約解除」させられた山口達也。現在彼は今どこで何をしているのだろうか?「一部ではすでにアルコールを抜いて肝臓を守るために入院していると言われていますが、もちろん今の彼の心境では飲める気分でもないでしょう。業界では酒癖だけではなく手癖、つまり女性をお持ち帰りしたり、カラオケ店で広告代理店の女性を隣に置かせて、下半身を服の下で隠して触らせていたなど、醜聞が絶えなかった。そんな無自覚…

ジャニーズ名番組惨敗……今年の「ガッカリ番組」「良すぎた番組」をテレビ関係者がランキング

今年も「視聴率」に関するニュースが盛んに報じられ、一般の関心も高まっている。そこで今回は、今年1年を「視聴率」と各番組への「期待度」をテーマにテレビ関係者に振り返ってもらい、期待された割にはあまり取れなかった“ガッカリ番組”ワースト2と、“意外と良すぎてビックリした番組”ベスト4をランキング形式で挙げてもらった。
 まずは「ガッカリ」編から。第2位は、8月30日に放送された『V6の愛なんだ2017…