生田斗真&本田翼、マカオでVIP待遇 「イケメンすぎ」で嫉妬の対象に?

投稿日:

【生田斗真・本田翼/モデルプレス=12月12日】映画「土竜の唄 香港狂騒曲」(12月23日公開)に出演する俳優の生田斗真、女優でモデルの本田翼が9日、中国・マカオで行われた「第1回マカオ国際映画祭」に特別招待ガラプレミアの枠で招待され、イベントに参加した。(写真 : 「第1回マカオ国際映画祭」に出席した(左から)原作者の高橋のぼる氏、本田翼、三池崇史監督)【さらに写真を見る】生田斗真&本田翼、マカ

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

【衝撃】安田美沙子の旦那へのラインがガチでヤバすぎる…浮気されるのも納得?

“御朱印”を始めよう! 篠原ともえがハマったきっかけは…?

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、篠原ともえさんが登場。昨年12月15日(金)に出版した書籍『御朱印をはじめよう』について語りました。
(アーティストの坂本美雨がパーソナリティをつとめるTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」1月23日(火)放送より)

篠原ともえさん(右)と、パーソナリティの坂本美雨

坂本:長いお付き合いになりますけど。

季刊エス「性のゆらぎ」特集に志村貴子、桃栗みかん、横槍メンゴらインタビュー

本日3月15日発売の季刊エス4月号(復刊ドットコム)は、志村貴子の描き下ろしイラストが表紙を飾っている。季刊エス4月号きれいな写真をもっと見る今号ではデビュー20周年を迎えた志村の特集を展開。これまでのマンガ家生活を振り返るロングインタビューや、水彩絵具を用いた表紙イラストのメイキングが掲載されている。そのほか今号では「性のゆらぎ」と題した特集も組まれた。「群青にサイレン」の桃栗みかん、「クズの本

はやくも10万部突破! SEKAI NO OWARI・Saoriの小説『ふたご』は、どこまでがフィクション? 繊細すぎて生き辛い少年と彼に救われて音楽を見つけた少女の物語

『ふたご』(藤崎彩織/文藝春秋)
 「お前の居場所は、俺が作るから」。小説『ふたご』(文藝春秋)の主人公・夏子を、生涯支えることになったこの言葉。くれたのは、中学2年のときに出会った“寒空の下にいる動物みたいな目”をした1つ上の先輩・月島だ。これは、著者・藤崎彩織――4人組バンドSEKAI NO OWARIのピアニスト・Saoriさんが、バンドメンバーのFukaseから実際にもらった言葉でもある。…

映画「ジョジョ」特報で杜王町の街並み公開、仗助や承太郎らも登場

荒木飛呂彦原作による実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の特報映像とティザービジュアルが公開された。動画を見るすべての写真を見る(全10枚)「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」のティザーポスタービジュアル。きれいな写真をもっと見る(全10枚)特報は本作のロケ地となったスペイン・シッチェスの街並みが、M県S市杜王町として映し出されスタート。その後山崎賢