『The Last of Us Part II』エリーの目的は「復讐」―暴力表現を追求したワケなど、ハンズオン&質疑応答で新事実が明らかに【E3 2018】

投稿日:

『The Last of Us Part II』エリーの目的は「復讐」―暴力表現を追求したワケなど、ハンズオン&質疑応答で新事実が明らかに【E3 2018】もっと画像を見る!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。2016年末の発表以降、多くのプレイヤーが心待ちにしているであろうシリーズ最新作『The Last of Us Part II』。「E3

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

「Gカップの胸はコンプレックスだった」ミスフラッシュ麻亜子

グランプリ受賞記念グラビアのラストを飾るのは、これがデビューの麻亜子クン。12年の歴史を持つミスFLASHにおいて、事務所に所属していないフリーランスで栄冠を手にした初めてのコだ。   「OLと […]…

坂口健太郎、私生活は既読スルー連発 「全然返さない」

坂口健太郎

 俳優の坂口健太郎が24日、日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」に出演し、既読スルー連発という自身のLINE事情を明かした。 司会の明石家さんまから、女子との連絡の取り合い方について問われた坂口は、「僕、そういうところ、冷めちゃってるんですよ。全然、返さない。全然見ないんです」とLINEやメールに返信しないと告白。 さんまが目を丸くして驚くと、「1回連絡が来ていて、ちょうど見れなくて

中村蒼、三島由紀夫作品初挑戦で怪演!BSジャパン「命売ります」来年1月から

俳優、中村蒼(26)がBSジャパンの主演ドラマ「命売ります」(来年1月スタート、土曜後9・0)で、三島由紀夫作品に初挑戦することが17日、分かった。
 同作は、「潮騒」「金閣寺」などの名作で知られる昭和の文豪、三島のベストセラー小説(1968年)の初映像化。ドラマは昭和から現代に舞台を変え、自殺に失敗した広告代理店勤務の男が“命を売る”ビジネスを始め、奇々怪々な依頼に応じる中で命と向き合う姿を描く…

ヒロミ さんま超え?!の神対応が明らかに 古参ファンが証言

ヒロミ

 タレントのヒロミが4月30日深夜にMBSで放送された「明石家電視台」に出演。“ファン第1号”を自称する50代女性ら、ヒロミの熱烈ファンが登場し、神対応ぶりが明らかになった。 芸能界の“神対応”といえば、まず浮かぶのが同番組MCの明石家さんま。しかし、芸能界の“悪童”のイメージもあったヒロミの、ファンへの神対応ぶりが明かされた。 下積み時代、デビュー前からヒロミが所属していたお笑いトリオ…

グドモの復活ライヴにPOTが参戦

グッドモーニングアメリカが7月から8月にかけて東名阪で行なう自主企画イベント『凌ぎ合う』のゲストバンド第3弾として、POTの出演が発表された。

グッドモーニングアメリカ (okmusic)
グッドモーニングアメリカが7月から8月にかけて東名阪で行なう自主企画イベント『凌ぎ合う』のゲストバンド第3弾として、POTの出演が発表された。
グッドモーニングアメリカは金廣真悟(


横山恋愛アカデミー WL-A170