【京葉線 】葉みなと駅で人身事故「目の前で事故」「人を轢いた時の衝撃がすごかった」

投稿日:

所得
続きを読む

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

舞台「さらば俺たち賞金稼ぎ団」に中尾暢樹、渡邉剣ら豪華ゲストが日替わりで出演!

2月16日(木)より開演する舞台「さらば俺たち賞金稼ぎ団」のメインビジュアル、およびスペシャルゲストとアフタートーク出演者が発表された。

 東映の新たなブランドライン「TOEI HERO NEXT ステージ」第2弾となる「さらば俺たち賞金稼ぎ団」。既に発表済みの鈴木勝吾、斉藤秀翼、馬場良馬、森高愛、中村嘉惟人、金城大和、丸山敦史、聡太郎、平牧仁、林剛史、富田翔といった特撮ファンにはおなじみの面々

大久保佳代子が感じた冠番組の“しんどさ”

タレントの大久保佳代子(45歳)が、3月10日に放送されたバラエティ番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)に出演。冠番組の“しんどさ”について語った。この日、MCの上沼恵美子が番組での苦労を語る流れで、「冠番組やったらしんどいでしょ?」と話を振られた大久保。「しんどいですね」と同意した上で、「3年前くらいがピークでガッと来て、深夜ですけど30分間の冠番組を持たせてもらった」と、自身の経験を語り始

30周年目前のBUCK-TICK、メンバー全員の肉声インタビューで綴る「現在」そして未来とは?

本日10月6日(木)に発売された、ミュージシャンの生きざまを伝えるロック雑誌『MASSIVE Vol.24』の表紙巻頭に、BUCK-TICKのメンバー5人全員で登場している。
新たな眩い世界の幕開けを思わせる「NEW WORLD」を序章に据えながら待望のニュー・アルバム『アトム 未来派 No.9』を現世に解き放ったBUCK-TICK。2017年にはいよいよ30周年という大きな節目を迎える彼らが長き

ツンデレな黒魔道士と、役に立たないけどかわいいスライムのコメディ始動

少年ジャンプ+にて、メガサワラの新連載「スライムライフ」が本日8月23日にスタートした。「スライムライフ」のカラーカット。(c)メガサワラ/集英社「スライムライフ」は魔法洋品店を開店させた黒魔道士のダルルと、最弱のモンスターとされるスライムを描くコメディ。洋品店のオープンにあたり、魔物の派遣会社から従業員を紹介してもらったダルルのもとにやってきたのは、何の特技も持たないスライムだった。最初はすぐに

最も視聴されたトップ10!Netflix発表

ユーザーが食らいついた番組にランクインした「アメリカを荒らす者たち」 – Netflix / Photofest / ゲッティ イメージズ

 視聴データを公表しないことで知られるNetflixが、2017年に最も視聴されたコンテンツのトップ10をカテゴリー別に発表した。
 データは2016年11月から2017年11月までのもので、1日2時間以上視聴された作品はユーザーが「食らいついた」作品と見な…