飯田圭織 昨年生まれた女児がズリバイ始める…「赤ちゃんらしくなってきました」

投稿日:

元モーニング娘。の飯田圭織  元モーニング娘。でタレントの飯田圭織が17日、ブログを更新し、昨年9月に生まれた女児がズリバイができるようになったことを報告した。 飯田は「近頃の娘は赤ちゃんらしくなってきました」と書き出した。これまでは「大人しくて気がついたら寝ていたり手のかからない子だなぁ…といった感じ」だったものの、最近は「色々と理解してきて大きな声を出したり、手足をバタバタとしておもちゃを振

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

髙橋真梨子、市村正親とテレビ初共演!名曲を初稿の歌詞で披露

髙橋真梨子、市村正親とテレビ初共演!名曲を初稿の歌詞で披露
昨年芸能生活50周年を迎えた歌姫・髙橋真梨子が、6月8日放送の『SONGS』(NHK総合、毎週木曜 22:50~)に出演。“ミュージカルの帝王”市村正親とテレビ初共演することがわかった。 髙橋と市村は、同い年の68歳。実は、家族ぐるみで何度も食事を共にしているという2人だが、同じエンターテインメントの世界で活躍する市村との共演は今回が初め

中国のマンガ・アニメ愛好家は2億人超、日本作品をスマホで観賞=「人口減日本の救世主に」―日中企業が会見、「海賊版」激減の理由明かす

日本のマンガ・アニメを中国に配信している杭州翻翻動漫集団の沈浩社長と日本の大手出版社集英社の足立聡史ライツ事業部海外事業課長が日本記者クラブで会見。拡大する中国のマンガ・アニメ事情を語った。写真は会見する枕社長(右)と足立課長。
2017年8月31日、日本のマンガ・アニメを中国に配信している杭州翻翻動漫集団の沈浩社長と日本の大手出版社集英社の足立聡史ライツ事業部海外事業課長が日本記者クラブで会見。

“新妻”になった新妻聖子「36年温めてきた一発ギャグですが…」

6月に外資系証券会社勤務の30代男性と結婚したことを発表した歌手の新妻聖子(36)が11日、新曲「アライブ/天地(あめつち)の声」発売記念イベントを都内で行った。

新曲「アライブ/天地(あめつち)の声」発売記念イベントを行った新妻聖子

 結婚後、取材に応じるのは初。「この名字なので、ずっと(独身で)紛らわしいと言われてきた。36年温めてきた一発ギャグですが、新妻になれました」と笑顔。「家事は

【報ステ】中1・スーパーで買ったウズラの卵ふ化

中学1年生の片岡優貴くん(12)が夏休みの研究で、スーパーで売られていたウズラの卵をふ化させた。自動でふ化させる機械はあるが、片岡くんは電気行火を使用。まんべんなく温めるため、6時間おきにひっくり返す作業を1カ月間、続けた。片岡くんは「生まれるとは思わなかった」と話す。予定日より4日遅れだったため、ウズラの名前は『よっちゃん』。今では大きくなり、部屋を駆け回るのが大好きだという。

阿部寛、チェン・カイコー監督「空海」に参戦!遣唐使・安倍仲麻呂に

巨匠チェン・カイコー監督、染谷将太主演の日中共同製作映画「空海 KU-KAI」に、阿部寛が出演していることがわかった。遣唐使として第9代皇帝・玄宗に仕えた安倍仲麻呂(一般的には阿倍仲麻呂、原作に忠実な役名)を演じる。さらにこのほど、阿部が大勢のエキストラに囲まれている劇中カットがお披露目された。
映画は、ベストセラー作家・夢枕漠氏が執筆した累計発行部数65万部の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(全4

×
ケアプロスト