ぷにぷにのぐでたまも出現 渋谷駅がぐでたま色に染まる「ぐでたまストリート」開催中

投稿日:

駅の通路が「ぐでたま」色に染まる「ぐでたまストリート」が、4月16日から4月22日まで京王井の頭線・渋谷駅(東京都渋谷区)の改札外コンコースで開催されています。 5周年記念の「ぐでたまストリート」  今回のイベントは、ぐでたまの5周年を記念したもの。5周年のテーマ“宇宙”をイメージした空間に5種類のポーズの立体ぐでたまが出現、新作映像の投影もあります。  ぐでたまは幅が138センチもある巨大なもの

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

瀧内公美、間違いじゃないことは女優業 「自分の成長を見せることができる」

女優、瀧内公美(27)が15日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われた主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」(廣木隆一監督)の初日舞台あいさつに出席した。
 平日は福島の市役所で働き、週末は上京してデリヘルで働く女性の思いを描いた物語。同作にちなんで“間違いじゃないこと”を聞かれた瀧内はフリップボードに「この仕事を選んだこと」と記入。「作品を通して自分の成長を見せることができるのはこの仕事な

徳島「学駅」で合格祈願、入場券5枚で「ご入学」

徳島県の「学駅」では駅名の語呂合わせで合格を祈願する入場券が人気です。
 入場の「入」の字と駅名の「学」が並ぶと「入学」と読めることから五枚揃えると「ご入学」となります。
 「(Q.どなたのために?)孫です。今日買って送ると言ったら、頑張ります、と」(購入客)
 5枚セット800円で、毎年7万枚以上売れるということです。(03日17:16)

吉田豪が語る正統派アイドル「綾瀬はるかさんとガッキーは歌も人間性も素晴らしい」

90年代ぐらいからはアイドル的な要素の強い女優が歌も歌う時代になった(写真はイメージです)

ピュアで、美少女で、透明感があって…。正統派アイドルはいつも僕らの憧れだった。
今年50周年を迎えた『週刊プレイボーイ』45号では、70年代から現在まで、彼女たちを間近で見てきた人物とともに“正統派アイドル”の歴史をふり返っている。
第3回目は、書評家/プロインタビュアーの吉田豪氏に聞いた。
* * *

加護亜依 18歳になった弟の広汎性発達障害を告白「隠すのは、もうやめよう」

歌手でタレントの加護亜依が2日にアメブロを更新。弟について告白している。

 今月1日は弟の18歳の誕生日であり、祝福するために家に帰っていたという加護。「言うことでもないのかな?と 今まで避けてきたんですが ご存知の方もいると思います。 私のすぐ下の弟は広汎性発達障害です。 この事を隠すつもりもなかったんですが 言う事でもないのかな?言っていいのかな? と、ずっと悩み…. 私も避けてきた事で…

バイプレイヤー俳優、ドラマ「花より男子」はギャラが美味しかったと明かす「脇役の方が多くもらえることが…」

過去には人気ドラマにも出演するなど、俳優業でも活躍するデビット伊東。番組内で一番ギャラが美味しかった仕事として、ドラマや映画の二次使用料があるとあげた。
伊東は大きな作品ほど結構な額になると話しながら「主役より脇役の方が多くもらえることがある。」と、主役は宣伝などのギャラも内包された額が渡されるので、作品によっては2〜3番手の方が儲かるのだと告白した。
これにヒロミが「何のドラマが高かったの?」「…

×
ケアプロスト