【湖西線】 おごと温泉駅で人身事故!現地リアルな声&様子「事故起きた車両に乗ってる」「目の前で事故」「怖かった」

投稿日:

所得
続きを読む

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

同級生「なぜこんなことに」=古川さんの遺体発見で地元青森-カナダ不明女性

語学留学先のカナダのバンクーバーで行方不明になり、遺体で見つかった古川夏好さん(30)の地元青森県では1日、「みんなから好かれる人だった。なぜこんなことに」と、突然の悲報に友人らが声を落とした。 古川さんと高校の同級生だったという女性(30)は、「古川さんは人懐っこくて明るく、『なっちゃん』と呼ばれ、みんなから慕われていた」と振り返る。高校時代バドミントン部に所属。試合でも活躍し頑張っていたという

雪女の末裔と、過酷な運命背負う少女の物語「春告と雪息子」マンガ版1巻

弓部早苗(melt Lab.)原作によるhagi「春告と雪息子」の単行本1巻が、本日12月27日に発売された。「春告と雪息子」1巻すべての写真を見る(全4枚)「春告と雪息子」はシチュエーションCDとして展開されていた作品のコミカライズ。雪女伝説の残る小さな村を舞台に、御供所三家と呼ばれる雪女の子孫たちと、生贄となる役目を背負った少女の運命を描く。同作は月刊コミックジーン(KADOKAWA)で連載中…

災いは“妖怪のせい”だった!?日本古来の妖怪絵巻が三重県明和町に大集結!!

「相馬の古内裏」/ 和泉市久保惣美術館蔵

「斎宮歴史博物館」(三重県明和町)で、2017年10月7日(土)から11月12日(日)まで特別展「災いはモノノケとともに―病気から天変地異まで―」を開催する。
【写真を見る】「康成妖怪調伏之図」/国立歴史民俗博物館蔵
この展示会には、全国の美術館から妖怪や幽霊・怨霊をテーマにした作品が約70点集結。科学がまだ未発達であった時代に、世間を騒がせる不思議な

ハロプロ卒業&引退の“ももち”嗣永桃子、約15年のアイドル生活を回顧 “恩人”つんく♂への思い

【嗣永桃子/モデルプレス=11月17日】2017年6月30日をもってカントリー・ガールズ及び、ハロープロジェクトから卒業、芸能界からも引退することを発表した“ももち”こと嗣永桃子(24)が17日放送の情報番組「PON!」(日本テレビ系/毎週月~木曜あさ10:25~)にゲスト出演。これまでを振り返った。(写真 : アイドル生活を回顧した嗣永桃子(C)モデルプレス)カントリー・ガールズ嗣永桃子、グルー

マシーン・ヘッド、最新作『カタルシス』は15曲入りの充実作

ロブ・フリン率いるマシーン・ヘッドの9thアルバム『カタルシス』が2018年1月26日に発売となる。

◆マシーン・ヘッド画像

これまで6分~8分台の曲が多かった彼らだが、『カタルシス』では楽曲がコンパクトとなり、15曲もの曲数を収録する充実作だ。スラッシーに刻まれるリフ、独特のうねりを持ったグルーブ、キャッチーなメロディは健在で、静と動、緩と急のコントラストの心地よさからは、彼らの楽曲構成力/…


横山恋愛アカデミー WL-A170