「顔デカイからね」 フジモン、珍しくインスタ映えするも妻から辛口評価

投稿日:

お笑い芸人のフジモンこと藤本敏史さんが2月14日、妻・木下優樹菜さんのInstagramで珍しく“インスタ映え”している姿を披露しました。これはイケてる。 「萎え」から「映え」へ(画像は木下優樹菜Instagramから)  クラシカルな雰囲気漂うカフェでキリッとした表情をして、どこかを見つめている藤本さん。オシャレな雰囲気にばっちりなじんでいるように見えますが、木下さんのコメントは「インスタ萎え」

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

古川雄輝のキスシーンを網羅!「風の色」華原朋美が歌う主題歌を収めた特別映像

「曇天に笑う」(3月21日公開)、「となりの怪物くん」(4月27日公開)が控える俳優・古川雄輝が、1人2役でマジックにも挑戦した「風の色」(公開中)の主題歌付き特別映像が、公開された。華原朋美が歌う主題歌に乗せて、劇中の見せ場のシーンが紡がれる。
 東京で暮らしていた涼(古川)が、100日前に姿を消した恋人ゆり(藤井武美)を探して北海道へ向かったところ、自分とそっくりのマジシャン隆(古川・2役)の…

『蒼き革命のヴァルキュリア』序章をプレイできる体験版を12月下旬に配信、セーブデータの引き継ぎも可能

セガゲームスは、PS4/PS Vitaソフト『蒼き革命のヴァルキュリア』の新たな体験版の配信を明らかとしました。“死神”「ヴァルキュリア」を擁する帝国との戦争を主導し、救国の英雄として活躍した5人の若者たち。しかし後に、“大罪人”として処刑されてしまいます。彼らは英雄か、それとも罪人なのか。重厚な物語を、戦術的なバトルシステム「LeGION(レギオン)」と絵画風のグラフィック表現「GOUACHE(

『オール・ユー・ニード・イズ・キル2』、監督が進捗報告「第三のキャラクター」登場

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編はアクション少なめ、キャラクター重視(※『オール・ユー・ニード・イズ・キル』撮影風景) (C) AFLO<画像を拡大する>
 桜坂洋原作のライトノベルを、ハリウッド俳優のトム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で実写映画化した『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)。2016年に監督&オリジナルキャスト再集結で続編が制作されると伝えられたが、ライマン監督い

【レディング&リーズ】本物のパイナップルを持ち込めない観客が考え出したものとは?

グラス・アニマルズの楽曲“Pork Soda”が理由でパイナップルの持ち込みが全面禁止となっていた「レディング&リーズ・フェスティバル」だが、禁止にも関わらずパイナップルを持ち込もうとした客は少なくなかったようだ。同楽曲の中には「pineapples are in my head(パイナップルが僕の頭の中に)」という歌詞があり、ファンの間ではこの曲が演奏される際にパイナップルを持ち込む慣例

岸監督「申し訳ない」撮影中菅田にパンチ/映画大賞

作品賞を受賞し記念撮影に納まる岸善幸監督(中央)。左はユースケ・サンタマリア、右は瀬々敬久監督(撮影・河野匠)<日刊スポーツ映画大賞授賞式:作品賞・岸善幸「あゝ、荒野」>◇28日◇ホテルニューオータニ 作品賞「あゝ、荒野」で登壇した岸善幸監督(53)は、ハングリー精神に満ちたボクシング映画にふさわしい秘話を明かした。「実は(会場の)ホテルニューオータニで学生時代に皿洗いをしていたんです。バイトをし…