『ドラゴンボール』シリーズ 「ブルマ役」鶴ひろみさんの後任に久川綾

投稿日:

大動脈解離により亡くなった声優・鶴ひろみさん  昨年11月16日に大動脈解離のため57歳で亡くなった声優・鶴ひろみさんが務めていた「ドラゴンボール」シリーズのブルマ役の後任が声優・久川綾に決まった。15日に東映アニメーションの公式サイトで発表された。 【写真】鶴ひろみさんが演じた『ドラゴンボール超』のブルマ  「今後の『ドラゴンボール』シリーズのブルマ役についてご報告です」の書き出しで「TV『ド

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

清水富美加 出家引退までの経過 7日に「生命の危険がある」と診断

◇清水富美加引退 ▼1月17日 幸福の科学・大川隆法総裁が「清水富美加の守護霊インタビュー」を行う

上白石萌音 Mステで「君の名は。」主題歌テレビ初披露 「もう一度見たい」と感動

女優で歌手の上白石萌音(18)が14日、テレビ朝日系「ミュージック ステーション」に出演し、大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」の主題歌「なんでもないや」をテレビ初披露した。上白石がヒロインの声を務めているだけに、ネット上には「声がきれい」「君の名は。を思い出して涙が」などと感動を訴えた書き込みが相次いだ。 番組冒頭、上白石は「いつも見ているこの階段とか、タモリさんとか、本物だって」と初々しい感想

雨瀬シオリ「ここは今から倫理です。」1巻、倫理教師が悩める生徒たちを導く

雨瀬シオリの新作「ここは今から倫理です。」の1巻が、本日11月22日に発売された。「ここは今から倫理です。」1巻「ここは今から倫理です。」は高校で倫理を教える男性教師の高柳を主人公にした物語。男子生徒に簡単に体を許してしまう女子や、周囲の人間が幼稚に見えてしまう秀才、いじめられっ子に寄り添える教師になりたいと願う元いじめられっ子の少年など、様々な生徒たちが抱える問題と高柳が独自のスタンスで向き合う…

この視線、耐えられない…東京オートサロン2018コンパニオン

ZESTINGコンパニオン(東京オートサロン2018)もっと画像を見る1月12日から3日間、幕張メッセにて開催された世界最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン2018」だが、会場を彩るのはなにもクルマだけではない。ここではそれぞれの出展ブースにて華を添える美女たちをアルファベット順で厳選。この記事ではT~Zまでを紹介する。1、T-DEMAND2、TMANBROSOIL3、トップシークレット…

【ネタバレ注意】新作デスノート見てきたんやが酷すぎるやろ

新作デスノート見てきたんやが酷すぎるやろ 芸能ニュース

ノートのルール無視 アホすぎる新生キラと二代目L 劇場版第一作と同じ生存方法 ぶん投げエンド 無駄なホモ要素 ほんまゴミ

ホモ要素あるならええやんけ!

>> こんなん挟めば喜ぶんやろ?ってのがバ…

×
ケアプロスト