有吉が好きすぎる佐藤仁美の「1回抱いて」アピールに「うらやましい」の声

投稿日:

(画像はInstagramのスクリーンショット)ズバッと毒舌で切り込むキャラで人気の有吉弘行(43)を慕う声は多い。女優・佐藤仁美(38)もそのひとり。14日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)に出演し、有吉への恋心を明らかにした。■有吉への愛を告白「有吉さん結婚してくれないかな、好きなのよ。芸能人で一番好きなのは有吉さん」と有吉への愛を語った佐藤。しかし思いは届いていないようで、メー

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

極道出身の作家が“天性の番長”を描く!「生野が生んだスーパースター文政」の壮絶半生

山口組の直系組織で最高幹部を務めた沖田臥竜氏が引退したのは、今から2年前のことだった。以来、物書きとして活動を始めた沖田氏はアウトロー系メディア『R-zone』での連載、『山口組分裂「六神抗争」365日の全内幕』(宝島社)への寄稿など、着実に活躍の場を広げている。そして10月初旬、初となる単行本が刊行された。『生野が生んだスーパースター 文政~現在、男道にて修行中~』だ。主人公の文政は、ヤクザ顔負

「台湾も本気出してきたな」女性用パンツ同士が闘いを繰り広げる台湾のゲーム『Panty Party』に絶賛の声続出!

『Animu Game』公式サイトより。
 1月24日、台湾のインディーズデベロッパー「Animu Game」から、パンツがパンツと闘う対戦アクションゲーム『Panty Party』が配信されたのだが、そのあまりにアホ過ぎる内容に、「え!? パンツ対パンツとかいう発想がどこから出てくるんだ?」という驚きの声や「いよいよ台湾も本気出してきたな」といった称賛(?)の声が上がっている。
 同ゲームは、台

座らないんじゃなくて座れない―― 親になって分かった「電車でママが座らない理由」漫画に共感の声

どうして赤ちゃんを抱っこしたお母さんは、電車で席を譲っても座ろうとしないのか――? その理由を描いた漫画が「ほんとそうです!」「これは親になってみないと分からない」と話題になっています。
 話題になっているのは、ジーンピクシブにて「戦国コミケ」を連載中の漫画家、横山了一(@yokoyama_bancho)さんのツイート。「どうして電車で座らないママさんがいるのかずっと不思議だったんだ」という一文と

渡辺美奈代 “リボンと花とフリル”のミニスカ衣装を堂々と着こなす

タレントの渡辺美奈代(47)が27日のInstagramで松本伊代(51)、早見優(50)とのスリーショットを公開した。アラフィフ世代となっても華やかなステージ衣装を堂々と着こなせるのは、さすが元トップアイドルである。特に渡辺のフリフリタイプのミニスカート衣装は、おニャン子クラブ時代を彷彿とさせるデザインだ。
5月26日、“母の日特別企画”として『早見優・松本伊代・渡辺美奈代 石垣島コンサート20

磯村勇斗「応援の声が増えた」ひよっこ効果を実感

カレンダーの発売記念イベントを行った磯村勇斗 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でブレークした磯村勇斗(25)が14日、都内でカレンダー発売記念イベントを行った。「自分でプロデュースもしました。いろんな表情を見せようと笑顔とクールさをバランスよく楽しめるように作りました」。初カレンダーだけに「いろんな方の家にあると考えると、24時間、監視されているような気持ち」と笑った。 「ひよっこ」ではヒロインみ…


横山恋愛アカデミー WL-A170



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
×
ケアプロスト