NHKの脚本賞 かぶる不幸描写

投稿日:

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

岸谷五朗&岸谷香、AAAで初共演「世界でいちばん熱い夏」熱唱 – スポーツ報知


デイリースポーツ

岸谷五朗&岸谷香、AAAで初共演「世界でいちばん熱い夏」熱唱
スポーツ報知
俳優・岸谷五朗(52)が発起人を務めるエイズ啓発イベント「Act Against AIDS 2016(AAA)」が1日、日本武道館で行われた。 93年のAAAスタート以来、初めて五朗とステージ共演した妻・岸谷香(49)は「裏で困っちゃった、笑いすぎて。やりにくい感じですね」と照れ笑い。
岸谷五朗・寺脇康文、「三浦春馬のような後輩が出てくると思っていなかった」T-SITEニュース
高橋みなみ「まさに神ってる」岸谷香とコラボし感激BIGLOBEニュース
小池徹平×三浦春馬、武道館で再タッグ実現 “歌って踊る”2人に歓声モデルプレス
ORICON STYLE
all 14 news articles »

今夜は“織田裕二 VS 稲垣吾郎”白熱対決の行方は…「IQ246」

「IQ246~華麗なる事件簿~ 」第8話(C)TBSもっと画像を見る織田裕二演じる“IQ246”の知能を受け継いだ貴族の末裔がその頭脳を駆使して犯罪に立ち向かうドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」第8話が12月4日(日)今夜放送される。本作はやんごとなき貴族の流れを汲みながら時の権力とは無関係に、代々ありとあらゆる学問のみを探求してきた法門寺家の末裔にして現当主の法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃら

no image

『陸王』の専務役で存在感 俳優・志賀廣太「脇役の流儀」

主演俳優と並んで、彼がそこにただ佇んでいるだけで、場面の重しになっている。劇中で出番は少なく、目立つ役柄ではないのに、なぜか印象に残る。それは知識と経験がなせるわざにほかならない。
地味な役を地味に演じる
名前だけではピンとこない人も、この顔に見覚えはあるだろう。
俳優・志賀廣太郎(69歳)。取材場所に志賀は、着込んだチェックのシャツにジーンズというラフな姿で現れた。
この服装が、本誌が2年半前に…

辻希美、自宅を六本木ヒルズ風のXmasイルミネーションにしテンション上がる

タレントの辻希美(29)が、クリスマスに向けた飾りつけを行っていることを自身のブログで報告している。

「コストコで買ったホワイトのキラキラ光る木を
子ども達が寝た後に
帰宅後のたぁくんと夜な夜なセッティング」

とつづった辻。電飾のついた白い木を、リビングの隅やバルコニーに飾ったようだ。飾り付けが完成し、クリスマスのような雰囲気になっている写真を公開し

「ヤバィ~
最高~
気分は六本木ヒルズ」

日プロ大賞、主演賞は菅田将暉と黒木華 作品賞『ディストラクション・ベイビーズ』

作品賞を受賞した『ディストラクション・ベイビーズ』(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

 インディペンデント系の作品を中心に、既成の映画賞とは一線を画して高い評価を得た作品や個人を表彰する『第26回日本映画プロフェッショナル大賞』(日プロ大賞)の受賞作品と個人賞が14日、発表された。
【写真】昨年の授賞式に登壇した小松菜奈
 作品賞は『ディストラクション・ベイビーズ』。個人

×
ケアプロスト