横山恋愛アカデミー WL-A170

【音楽】2位は『DESIRE』!中森明菜の好きな曲、1位は?

投稿日:

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/>:2017/08/13(日) 14:01:22.26 ID:CAP_USER9.net

1982年に『スローモーション』でデビューを果たして以来、またたく間にトップアイドルに上りつめた歌手の中森明菜(52)。
2010年に体調不良により芸能活動の無期限休止を発表したが、14年の『NHK紅白歌合戦』(NHK)に“スペシャルゲスト”として出演。
昨年はディナーショーを開催し、ついに7年ぶりのステージ復帰を果たして往年のファンを喜ばせた。
そこで今回は、彼女の全盛期ともいえる1980年代に発売された「中森明菜のシングル曲の中で一番好きな曲」を、40~50代の男女200人にリサーチしてみた。

第5位(8%)に選ばれたのは『難破船』。87年9月に発売された19枚目のシングルで、作詞、作曲は加藤登紀子(73)によるもの。
もともと加藤自身がリリースした曲だったが、「あなた(中森)が歌ったほうがいい」と加藤が熱望し、この曲を贈ったという逸話がある。
この曲は歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で5週連続1位を記録し、この年の『NHK紅白歌合戦』でも披露。悲壮感が漂う失恋ソングながら、
壮大なスケールを感じさせる同曲を、当時22歳だった中森が抜群の歌唱力と表現力で歌い上げ、世間を驚かせた。

続いては、同率(8.5%)で『セカンド・ラブ』と『飾りじゃないのよ涙は』の2曲が3位にランクイン。
『セカンド・ラブ』は、82年の11月に発売された3枚目のシングル。
作詞、作曲は、来生えつこ氏(69)、来生たかお(66)の姉弟が担当した。
売上枚数は77万枚を超え、中森のシングルの中で、最大の売上枚数を記録している。
繊細な歌詞とメロディが特長のバラード曲で、中森自身もこの楽曲には思い入れが深かったようだ。

第3位のもう一曲は『飾りじゃないのよ涙は』。
84年11月にリリースされた10枚目のシングルで、作詞と作曲は井上陽水(68)によるもの。
中森にとって、アイドルからシンガーへの分岐点となったともいわれている曲で、売上枚数は62万枚を記録。
ダンサブルな曲調と独特の歌詞がとてもマッチしており、“歌姫”と称された中森を象徴する楽曲の一つとなっている。

第2位(12%)に支持されたのは『DESIRE-情熱-』。

86年2月に発売された14枚目のシングルで、作詞は阿木燿子(72)、作曲を鈴木キサブロー氏(64)が担当している。
当時の音楽番組などで、ボブのウィッグとハイヒール、そして洋風にアレンジされた着物を着て歌う姿が印象的だったが、この衣装は中森自身による発案だったそうだ。
この曲で中森は、同年の日本レコード大賞を受賞。2年連続の大賞受賞という偉業を成し遂げた。

そして見事第1位(12.5%)に選ばれたのは『少女A』。
82年7月に発売された2枚目のシングルで、作詞を売野雅勇氏(66)、作曲は芹澤廣明(69)が担当。
この曲により中森は、アイドル歌手としての地位を確かなものにしたといわれている。
同時期に活躍した松田聖子がいわゆる“王道のアイドル”だったのに対し、中森は“クールで大人びた”イメージが強かった。
この『少女A』は、まさにそんな中森のイメージにピッタリの楽曲だったと言えるだろう。

80年代を代表するアイドルであり、実力派の歌手としても知られている中森明菜。
歌唱力の高さは同世代のアイドルの中でもぬきんでており、表現力も素晴らしかった。そんな“歌姫”の本格復帰が待ち遠しい限りである。

http://dailynewsonline.jp/article/1344168/
2017.08.13 06:00 日刊大衆



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502600482

続きを読む

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

稲垣吾郎も絶賛するロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」

3月2日放送「ゴロウ・デラックス」(TBS系)にゲスト出演したお笑いトリオ、ロバートの秋山竜次。秋山は15年4月よりフリーペーパー「honto+」で「クリエイターズ・ファイル」の連載を開始。「存在しそうな業界人」に扮し、インタビューを受けた体裁をとった“偽インタビュー記事”と写真を載せている。その連載と並行してユーチューブにも“偽インタビュー”をアップしているのだが、昨年10月にはDVD付きの単行

松本幸四郎舞台モーツァルト役にジャニーズ桐山照史

松本幸四郎 松本幸四郎(74)が主演・演出する舞台「アマデウス」(9月24日から東京・池袋のサンシャイン劇場などで上演)のモーツァルト役にジャニーズWEST桐山照史(27)が抜てきされたことが12日、分かった。
 天才作曲家モーツァルトの死の謎に迫る作品。82年の初演以来、幸四郎が、モーツァルトの才能に嫉妬し、暗殺したと告白する当時の宮廷楽長サリエーリを演じてきた。上演回数436回を記録しており、

ガンズ・アンド・ローゼズ、スティーヴン・アドラーが3度目のゲスト出演

金曜日(8月19日)、LAで開かれたガンズ・アンド・ローゼズの公演に、オリジナル・ドラマーのスティーヴン・アドラーがゲスト出演した。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

ガンズ・アンド・ローゼズの<Not In This Lifetime…>ツアーにアドラーが参加するのはこれで3度目。前回、前々回(7月6,9日)同様、「Out Ta Get Me」と「My Michelle」の2曲をプレイしたと

長塚圭史×前川知大が初タッグ!藤原竜也主演舞台「プレイヤー」

ともに人気劇作家・演出家の長塚圭史(41)と前川知大(42)が初タッグを組む。俳優の藤原竜也(34)が主演を務める舞台「プレイヤー」(8月4~27日、東京・シアターコクーン)で、長塚が演出、前川が脚本を担当。今夏最大の話題作、演劇ファン垂涎の公演となりそうだ。
 長塚は1996年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ。同ユニット以外でも「マイ・ロックンロール・スター」「ウィー・

キンクス、レイ・デイヴィスにナイトの爵位

キンクスのフロントマン、レイ・デイヴィスに、英王室よりナイトの爵位が授与されることが発表された。

◆レイ・デイヴィス画像

デイヴィスは、「最初は、驚き、謙遜、喜び、ちょっと恥ずかしいなど複雑な気持ちだった。でも、それを思った後、僕の家族、ファン、そして、曲を書くインスピレーションを与えてくれた全ての人達のために受け取ることにした」と、コメントしている。

デイヴィスは、2004年にエリザベス

×
ケアプロスト