NOBU 故郷・宮崎で紅白出場誓った 契約解除から3年 メジャー復活曲熱唱

投稿日:

故郷の風を全身に浴びるNOBU=宮崎・青島  シンガー・ソングライターのNOBU(ノブ、29)が16日、故郷・宮崎県の青島ビーチパークでメジャー復帰曲「いま、太陽に向かって咲く花」の発売を記念して凱旋ライブを開催した。2012年に「N.O.B.U!!!」名義でデビューするも、鳴かず飛ばずで14年に契約解除。苦労の末にメジャーの舞台に戻ってきた“雑草”が、改めてNHK「紅白歌合戦」出場で大輪を咲か

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

声優の豊崎愛生が一般男性と結婚

人気声優の豊崎愛生(30歳)が10月26日、公式ブログを更新し、一般男性との結婚を発表した。26日付けのエントリー「結婚のご報告」では、まず、「日頃応援してくださっているみなさま、支えてくださっているみなさまに、お伝えしたいことがあります。私、豊崎愛生は、本日10/26に入籍をいたしました! 相手は一般の男性の方です」とファンに報告。そして「どうしても第一声は自分の声で直接伝えたくて、先程、一番の…

突発性難聴の堂本剛が退院、イベント出演目指し今後も通院治療

先月27日に左耳の突発性難聴で東京都内の病院に入院した人気デュオ、KinKi Kidsの堂本剛(38)が4日、退院した。
 所属事務所が書面で発表。現時点でまだ完治しておらず、今後も通院で治療を続けると説明し、「大変なご心配及びご迷惑をお掛けしておりますことを、お詫び申し上げます」と結んだ。
 KinKiは21日に20周年記念日を控えており、15日に横浜スタジアムで行われるファンイベントに2人揃っ

ブームから40年「なめ猫さん」はいつの間にか社会人になっていた

一番上の猫がコタ
©いのうえひなこ別冊ヤングチャンピオン
©SATORU TSUDA

 80年代初頭、改造学ランを着込んだ猫たちが「なめんなよ」とメンチを切る写真が大ブームを巻き起こした。「全日本暴猫連合 なめんなよ」、略して「なめ猫」は、免許風カードからゴミ箱まで膨大なグッズが作られた。それから40年近く時は流れ――。
 彼らはいつの間にか社会で活躍していた。描くのは当時赤子でブームを知らない

川島海荷、ヒロイン役に「心がバタバタ」 バースデーサプライズも「心臓が痛い」

川島海荷
 浅草九劇こけら落とし公演「あたらしいエクスプロージョン」の会見が2日に東京都内で行われ、八嶋智人、川島海荷、富岡晃一郎、作・演出の福原充則氏が出席した。 この作品は、1946年の日本を舞台に、敗戦から1年をたたずして公開された邦画界初のキスシーンをめぐる感情発火型物語。浅草九劇は、川島が所属するレプロエンタテインメント創立25周年プロジェクトの一環として、演芸の街・浅草に誕生する。 客

「エプロンと加瀬さん。」女子2人に波乱?高校生活最後の文化祭描く

高嶋ひろみ「エプロンと加瀬さん。」が、本日7月25日に発売された。「エプロンと加瀬さん。」特装版すべての写真を見る(全3枚)「ピュア百合アンソロジー ひらり、」に掲載され、同誌の休刊後はウェブマガジンウィングス(いずれも新書館)にて連載中の「加瀬さん」シリーズ。これまで単行本は3冊発売され、5月初旬には佐藤卓哉が監督を務めるアニメーションクリップ「キミノヒカリ」がYouTubeにて公開された。「エ

×
ケアプロスト