門脇麦「あ行から順番に映画を悶々と見てました」

投稿日:

映画「世界は今日から君のもの」の初日舞台あいさつに出席した門脇麦 門脇麦(24)が15日、都内で主演映画「世界は今日から君のもの」初日舞台あいさつに出席した。  演じた引きこもりの女性と自分の共通点について「高校時代は放課後は友達と過ごすよりDVDを借りて、『あ』(行)から順番に映画を悶々(もんもん)と見てました。『さ』(行)くらいで効率悪いと気付きました。最初は(タイトルが)『愛の-』ばっかりで

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

<AKB48グループ選抜総選挙投票前企画>モデルプレスが推したい“モデルプレス選抜20人”を発表

【AKB48グループ/モデルプレス=5月27日】6月17日に沖縄県で開催されるAKB48の「第9回49thシングル選抜総選挙」。いよいよ30日から投票が開始されるが、投票期間を前にモデルプレスが選んだおすすめメンバー“モデルプレス選抜”20人を発表する。(写真 : モデルプレスがおすすめするメンバー(左から)白間美瑠、宮脇咲良、向井地美音、込山榛香 (C)モデルプレス)【さらに写真を見る、詳しく知

美人すぎる看護師の自撮り画像がこちら

美人すぎる看護師の自撮り画像がこちら 芸能ニュース

天使かと思った

美人やね過ぎるってほどじゃないけど

看護師やないやろこれ アンギオあたりの技師?

>> 救急っぽいな

男みたいにかっこいい

江口、声優初挑戦!岡山弁に苦戦

俳優の江口洋介(48)が、アニメ映画「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」(神山健治監督)で声優に初挑戦する。2020年の東京オリンピックを直前に控えた岡山・倉敷を舞台にした感動ストーリー。江口は、所構わず寝てしまう主人公・森川ココネ(高畑充希)の父親で自動車整備工を営む森川モモタローを演じる。初アフレコについて「セリフとセリフの間の、間の取り方や、岡山弁が難しかったですが、後半は慣れて、発声の際の

『相棒』劇場版、シリーズ累計動員1000万人突破! 水谷豊「想像できない」

同日、配給の東映は『相棒』劇場版のシリーズ(スピンオフ2作含む)累計の観客動員数が1,000万人を突破したと発表。長年、主人公の右京を演じる水谷は「想像できないほどの皆さんが、相棒に触れていらっしゃる。感謝しかないですね」と感無量の面持ち。一方、満を持して、劇場版に初登場する4代目相棒・冠城亘役の反町は、「本当にありがとうございます。2度3度と足を運んでいただければ」と感謝を述べた。

国民的ドラ

年間ランクにこんな歌あんな曲 おっと「カラハラ」気をつけて

ふだん疎遠な親戚、知人、旧友と顔を合わせる機会が増える年末年始、流れでカラオケに繰り出すこともありそうではないか。マイクが回ってくるのに備えて、今年のはやりを仕入れておくのもよいかもしれない。参考になりそうなのが、カラオケ通信サービスのジョイサウンドから発表された「
早速、総合ランキングを見てみると、
1位「海の声」(浦島太郎〈桐谷健太〉)」、2位「糸」(中島みゆき)、3位「ひまわりの約束」(秦基


横山恋愛アカデミー WL-A170



×
ケアプロスト