【漢字トリビア】「滴」の成り立ち物語

投稿日:

「漢字」、一文字一文字には、先人たちのどんな想いが込められているのか。時空を超えて、その成り立ちを探るTOKYO FMの「感じて、漢字の世界」。今回の漢字は「滴(しずく)」、「水滴」の「滴」。「滴る」と読めば、夏の季語です。 「滴」という漢字は、さんずいと音をあらわす「啇(テキ)」という字を書きます。 「しんにょう」を加えれば「適当」の「適」になる字です。 これは植物の茎と果実とをつなげる「

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

Acid Black Cherry、10年間のライブの軌跡を収めた映像作品のジャケ写公開

Acid Black Cherryが3月22日に発売するLIVE DVD/Blu-ray『10th Anniversary Live History -BEST-』のジャケット写真と10周年ロゴが解禁となった。

DVD&Blu-ray『10th Anniversary Live History -BEST-』 (okmusic UP’s)
本作はソロデビュー10周年に先駆け

【東京メトロ銀座線】青山一丁目駅で車両発煙騒動!現地の様子と声がヤバい(画像)!「大きな爆発音→大量の煙が・・」

続きを読む

又兵衛の首、秀頼拝領の刀で=豊臣方書き付け新発見-岡山

後藤又兵衛の討ち死にした様子を記した書き付け=17日、岡山県庁 1614~15年の大坂の陣で活躍した豊臣方の武将で、「大坂城五人衆」として知られる後藤又兵衛の討ち死にの様子を記した書き付けが見つかったと岡山県立博物館が17日、発表した。又兵衛の配下だった金万平右衛門の子孫宅で発見され、負けた豊臣方の史料は貴重という。 同博物館によると、又兵衛は大坂夏の陣の道明寺の戦いで傷を負い、配下に首を討たせた

松本潤、大慌て!有村架純の涙拭うハンカチがない…

「嵐」の松本潤が10月16日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画「ナラタージュ」の大ヒット舞台挨拶に、共演の有村架純、行定勲監督とともに出席した。
 この日は、行定監督がキャスト2人に宛てた手紙がサプライズで披露された。司会の代読のもと、松本に贈られた手紙は「現場での君は心強い存在だったよ。いつだって場の空気をつかんで、作り手の思いを一番に考えて動いてくれる理解者だった」「君は本…

松坂桃李や菅田将暉が楽屋で“UNO” 参加した平祐奈「楽しかったなぁ~」

音楽グループ・GReeeeNの結成と代表曲『キセキ』の誕生秘話を描いた本作の舞台挨拶とあって、観客が『キセキ』を大合唱してキャストを迎えた。結衣役を演じる平祐奈がその日、『平祐奈オフィシャルブログ「祐奈でSKY!?」』で「あの空気感はとても温かくて緑のよぅにほんわか温かみのある空間でした」と大合唱を振り返った。彼女が映画デビューした2011年公開の映画『奇跡』(是枝裕和監督)で助監督をしていたのが

×
ケアプロスト