芸能人の謝罪会見 スピード重視、とりあえず騒がせたことを詫びるは正解か?

投稿日:2017年6月21日 更新日:

写真はイメージ、提供:アフロ  芸能界をはじめ有名人の不祥事が起きた場合に注目されるのが、当事者がどのように謝罪するのか。不祥事の度合いにもよるが、軽い不祥事の場合なら、誠意ある謝罪が逆にその芸能人の好感度を高めることもある。しかし謝罪の仕方が悪ければ、容赦なく世間から叩かれる。謝り方はとても大事だ、としか言いようがない。 元SPEED、今井恵理子参院議員、謝罪の鉄則には従ったものの……  

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

LINE、音楽レーベル「LINE RECORDS」設立

Kan Sano氏 LINEは3月8日、音楽レーベル「LINE RECORDS」設立した。 音楽を通じたコミュニケーションの更なる活性化、アーティストとユーザーの接点の拡大を目的として、レコード制作や楽曲管理などを行なう。第一弾として、Kan Sano氏がLINE呼出音(木琴)をリミックスした作品「MODERN LINE(Kan Sano LINE Remix)/Kan Sano」をLINE MU

DeToNatorが欧州で活動する『CS:GO』部門「DeToNator.EU」を新設

プロゲーミングチームDeToNatorは、新たにヨーロッパで活動する『Counter-Strike:Global Offensive』部門「DeToNator.EU」の新設を発表しました。DeToNator代表の江尻氏および、DeToNator.EUのチームキャプテンMartin Johansen氏は次のようにコメントしています。DeToNator代表 江尻氏のコメントこの度、DeToNatorは

広瀬すず “年の差恋愛”について問われ本音「逆にこの年齢だと…」

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)のメインキャストにバラエティ番組『王様のブランチ』(TBS系)がインタビューを行い9月9日放送した。まずは主人公の女子高生・島田響役を務める広瀬すずと響が思いを寄せる社会科教師・伊藤貢作役の生田斗真の2人に撮影時の心境について聞いている。
生田はセリフやシチュエーションに「恥ずかしくなっちゃう」こともあったと明かす。校外では彼女と

吉岡里帆、吉岡秀隆との“ダブル吉岡”共演に感激 秀隆は相談のお礼に照れまくり

会見に出席した吉岡里帆(左)と吉岡秀隆
 NHK BSプレミアムの山口発地域ドラマ「朗読屋」の試写会および会見が10日、東京都内で行われ、出演者の吉岡秀隆と吉岡里帆ほかが出席した。 NHK山口放送局の開局75周年を記念したドラマは、山口市や萩市の須佐を主な舞台に、“朗読屋”となった主人公マモル(吉岡秀隆)が、山口県が生んだ詩人・中原中也の詩を朗読する日々を通して、突然いなくなった妻の思いを知ってい

終了を発表 めちゃイケ6.6%


横山恋愛アカデミー WL-A170



×
ケアプロスト