高橋ひとみ、キャリア28年で初の召使い役「貴族探偵」

投稿日:

高橋ひとみ、キャリア28年で人生初の召使い役!「貴族探偵」-(C)フジテレビもっと画像を見る枠として30周年を迎え、主演の相葉雅紀を始め武井咲、生瀬勝久、滝藤賢一、中山美穂、松重豊ら超豪華出演者で贈る月9ドラマ「貴族探偵」。本日6月19日(月)放送の第10話と6月26日(月)の最終話に、女優・高橋ひとみの出演が決定。自身初の召使い役に挑戦する。原作は、麻耶雄嵩による本格推理小説「貴族探偵」と続編の

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

北野武「家族のルーツを辿る番組」にもらい泣き続出

丁寧な取材が“神回”を生んだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです(『ファミリーヒストリー』番組公式サイトより) 著名人の家族の歴史をたどるドキュメント番組『ファミリーヒストリー』(NHK)の12月21日放送回に映画監督としても活躍する北野武(69歳、以下たけし)が登場。稀代の天才を生んだ母の愛に、多くの人が心を打たれたようだ。番組冒頭、「自分はほとんどルーツが分からない」というたけしの言葉

『けものフレンズ』監督降板、ヤオヨロズが発言 KADOKAWAと話し合いへ

TVアニメ『けものフレンズ』のたつき監督降板について、沈黙を貫いてきたアニメ制作会社・ヤオヨロズの取締役であり『けものフレンズ』のプロデューサーをつとめる福原慶匡さんが、10月3日(火)にTwitterで発言。
「ファンの皆様にお伝えする事が遅くなりまして大変申し訳ございませんでした」とファンにお詫びし、現在、カドカワの代表取締役社長・川上量生、及び代表取締役専務執行役員・井上伸一郎さんと協議して

能條愛未、映画の価値観。“乃木坂週刊映画”20回記念ダイジェスト!

乃木坂週刊映画は今回で記念すべき20回記念!(3期生お見立て会レポートを除く)
20回記念ということで、今回は今まで能條さんが語ってきた様々な映画の価値観について振り返るダイジェスト回。振り返ってみるとわかる能條さんの映画の価値観の素晴らしさ。それでは早速振り返って参ります。
前回までの記事
・乃木坂46 能條愛未、映画『ミュージアム』を語る
・乃木坂46 能條愛未、『セブン』を見る その2
・乃

新垣結衣&星野源が駆けつけた!「逃げ恥」が「エランドール賞」特別賞受賞

【新垣結衣・星野源/モデルプレス=2月2日】TBS系2016年10月期ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」制作チームが、日本映画テレビプロデューサー協会主催の「2017年 第41回エランドール賞」特別賞を受賞。2日、都内にて行われた授賞式のプレゼンターとして、同作に出演した新垣結衣と星野源が登壇した。(写真 : 新垣結衣&星野源が駆けつけた!「逃げ恥」制作チーム「エランドール賞」特別賞受賞 (C)モデ

『沈黙-サイレンス-』/〝信仰〟と〝映画愛〟で巨匠マーティン・スコセッシは完成する

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
ちょうど半世紀前に遠藤周作が発表した小説「沈黙」。のちに篠田正浩監督によって『沈黙 SILENCE』として映画化された同作が、マーティン・スコセッシの手によってハリウッドで再映画化されたのだ。
だが、これを〝リメイク映画〟という安易な括りにまとめ上げるのは気が引ける。何故なら、かつて神職者を志したマーティン・

×
ケアプロスト