「キングスマン」続編の公式Twitterが「人は見た目が100パーセント」 ファンからツッコミ続出

投稿日:

5月18日に日本での公開が発表された、「キングスマン」の続編となる映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」。これに伴い日本版の公式Twitterアカウント・@kingsmanjpが新たに立ち上げられたのですが、そのツイートの内容に「キングスマン」ファンから「担当者は第1作目をちゃんと見ているの?」とツッコミが寄せられています。 新たなTwitterアカウント「@kingsmanjp」  特に疑問

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

45歳のりピー、20年ぶり写真集で水着!「感謝しています」

女優、酒井法子(45)が、1日、写真集やDVDを収めたデビュー30周年記念ボックス「30th Anniversary BOX」(ワニブックス、2万1600円)を発売する。

木村多江、悪女役が私生活に影響 家族から「怖い」

連ドラ『ブラックリベンジ』で悪女を演じている木村多江 (C)ORICON NewS inc.

 女優の木村多江が15日、都内で読売テレビ・日本テレビ系で放送中の連続ドラマ『ブラックリベンジ』(毎週木曜 後11:59)の囲み取材に出席。復讐に身を捧げる“悪女”沙織を演じている木村は「最初のうちは家族に『怖い』って言われました。家で普通にしているつもりなのに、周りから沙織臭が漏れちゃったのかな」と首…

欅坂46「風に吹かれても」ミュージックビデオを読み解く

10月25日に発売される、欅坂46の5枚目のシングル『風に吹かれても』のMVが2日、公式YouTubeチャンネルで公開された。フル尺で観ても4分に満たないMVを4分で読み切れるか怪しい文量でレビューしてみるというのも変な話ではあるが、PVと呼ばれていた時代から変わり、MVもひとつの独立した映像作品としてある以上は、映画やドラマと同じ扱いをせずにはいられない。

 
まず前提として、欅坂46というグ

山田洋次監督 「日本と日本人は大きく変容してしまった」

一貫して「日本の家族」を描き続けてきた山田洋次監督 1961年に監督デビューして以来、山田洋次(85)は、一貫して「日本の家族」を描き続けてきた。
 監督作品85作目にあたる『家族はつらいよ2』(松竹系、5月27日公開)もまた、現代家族を描く喜劇だ。前作では、「熟年離婚」がテーマだったが、今回は「無縁社会」に焦点を当てる。
「何年も前から下流老人や無縁社会は大きな問題になっていたし、関心があった。

大森、篠田が下ネタ!浩介がツッコミ

俳優の大森南朋(45)、鈴木浩介(43)、桐谷健太(37)、女優の篠田麻里子(31)が9日、都内で行われた映画「ビジランテ」(入江悠監督)初日舞台あいさつに登場した。埼玉県深谷市を舞台に、闇に生きる3兄弟の生き様を描く。篠田は鈴木の妻役で、車中でのラブシーンも。「今年の仕事始めがあのシーンだった。クランクイン初日で、1月4日でした」と苦笑いで回想。入江監督によると意図的に序盤に撮影したといい、「“…

×
ケアプロスト